山渓カラー名鑑 増補改訂新版 日本のきのこ

ついに佐野書店もお取扱を始めました。
本書の15ページにも書いてありますが、きのこは、肉眼による絵合わせだけでは正確な同定が出来ません。
くれぐれもご留意願います。

山渓カラー名鑑日本のきのこ
「山渓カラー名鑑 増補改訂新版 日本のきのこ」(2017年第3刷)、山と渓谷社
佐野書店価格(8%税込)8,380円送料サービス、納期1週間(在庫5冊
(定価8,640円)
20.7x19.7cm、639ページ、全ページカラー印刷、ペーパーバック、カバー付き
2011年出版のオリジナル版を、2017年改訂版出版時の最新情報で改定。
日本で見られるきのこ961種を収録。
肉眼による絵合わせで大体の種類を調べるには最適の図鑑。

Cytology and Plectology of the Hymenomycetes

入荷!
“基本書中の基本書”
Cytrogy_and_Plectrogy_of_the_Hymenomycetes_revised.jpg
Clémençon, Heinz (2012)
with the assistance of: Valerie Emmett; Ernest E. Emmett
「Cytology and Plectology of the Hymenomycetes, 2nd revised edition」
(菌じん類の細胞学・組織学、改訂第2版)

8%税込み16,540円、送料360円、納期1週間(在庫4冊
英語、14x23cm、520ページ、顕微鏡図・顕微鏡写真、その他図版など636図・12表、ペーパーバック
初版から大幅に内容を充実させた第2版。初版に比べ約2割、100ページも増えた。菌組織のミクロの形態や種類、その形成過程などを、代表的分類群と関連付け、豊富な図入りで解説。大形菌類研究に関係する方々必携の書。参考文献リストも充実。
目次:
1 Basic concepts (基礎概念)
2 The Hyphae of the Hymenomycetes (菌じん類の菌糸)
3 The Mycelium and its Organs(菌糸体とその器官)
4 Mitospores of the Hymenomycetes(菌じん類の分生子)
5 Basidia and Basidiospores(担子器と担子胞子)
6 Cystidia, Pseudocystidia and Hyphidia(シスチジア、偽シスチジア、菌子状シスチジア)
7 Pigment Topography (色素の局所解剖学)
8 Bulbils, Sclerotia and Pseudosclerotia (小型菌核、菌核、偽菌核)
9 Basidiomes(担子器果)
10 Carpogenesis(果器形成)
11 Associations of Hymenomycetes with Other Organisms(菌じん類と他の生物との共生)
Bibliography (参考文献)
Subject Index (項目索引)
Taxonomic Index (分類名索引)

Clémençon先生のもう一つのベストセラー:
Clemencon, Heinz (2009)「Methods for Working with Macrofungi」(大型菌類研究法)(絶版)

本書を理解するに必要な英語=日本語の専門用語辞典はこちら
      日本菌学会編(2014)「新菌学用語集」

日本語ではこちらがお勧め: 「図解きのこ鑑別法」 

新刊!「変形菌入門」このはNo. 13

2018年1月30日新刊!
変形菌入門このは13
川上新一(解説)、新井文彦・高野丈(写真)(2018/1)
「観察から識別まですべてがわかる! 変形菌入門」
 「このは」 No. 13
出版記念価格(2月末日まで)税込み1,850円 (定価1,944円)、送料サービス、納期1週間(在庫)
18.2x25.7㎝、87ページ、全ページカラー印刷、ブックカバー付き
「変形菌のいろは」、「変形菌観察の事始め」、「変形菌図鑑120」、「もっと変形菌を楽しむ」の章からなる。
変形菌について知りたいかた方、ある程度は知っている方、さらに最新の情報を得たい方にもおすすめ。
今回のご注文には特別付録としてポストカード4枚が付いています。
変形菌入門ポストカード

和歌山が生んだ奇人、南方熊楠が熱心に採集した粘菌とも呼ばれる変形菌。
昭和天皇もこの奇妙な生き物を大いに愛し、熊楠に会うために、わざわざ軍艦を紀州田辺湾に停泊させ、熊楠と会ったエピソードは有名。

変形菌のベストセラー
 〇増井真那(2017/11)「世界は変形菌でいっぱいだ」

熱心な変形菌愛好家すべてが使っている最新最大の変形菌図鑑
 〇Poulain, Michel, Marianne Meyer & Jean Bozonnet (2011)「Les Myxomycetes」(変形菌)

最近の変形菌文献:
 〇ジャスパー・シャープ/ティム・グラバム、川上新一(監修)(2017/12)「粘菌 知性のはじまりとそのサイエンス」(近日紹介
 〇川上新一著、佐藤岳彦(写真)(2017/8)「変形菌 Graphic voyage」

変形菌文献を探す:
カテゴリー「変形菌・粘菌」をクリック願います。

2月3日(土)は、菌類懇話会の講座、於:かわさき宙と緑の科学館

2月3日(土)、菌類懇話会の講座が、神奈川県川崎市の「かわさき宙と緑の科学館」でひらかれます。

佐野は演者の一人として「(仮)外国の素晴らしいきのこ図鑑」と題し、19世紀末から20世紀初頭にかけて出版された、図が大変美しく、しかも学術的にも重要なきのこ図鑑について、実物を持参してお話しします。

めったに目にすることない図鑑を間近に見ることが出来る貴重な機会です。ぜひご参加ください。



菌類懇話会講座:「きのこ図鑑ができるまで」
日時:2月3日(土)13時~16時半
場所: 「かわさき宙と緑の科学館」 2F 学習室、(神奈川県川崎市、生田緑地内)
アクセス:小田急線「向ヶ丘遊園」駅南口から徒歩約15分。 
費用:入場無料、ただしプラネタリウムは有料。
演者:
 1 井澤健輔 (山と渓谷社、編集者)
 2 境野圭吾 (文一総合出版、編集者)
 3 中島淳史(「しっかり見わけ観察を楽しむきのこ図鑑」著者
 4 大作晃一(きのこ写真家)
 5 佐野悦三

会場では、1月末出版の 「観察から識別まですべてがわかる! 変形菌入門」 このは No. 13、川上新一(解説)、新井文彦・高野丈(写真)の出版記念特価販売も行われます。

トリュフの栽培、歴史、伝承、および科学

在庫がなくなりました。
“トリュフや地下性菌に興味のある方、また菌根性きのこ栽培に関心のある方にお勧め!”
Taming_the_Truffle.jpg
Hall, I.R., G. T. Brown & A.Zambonelli (2007)
「Taming The Truffle、 The History, Lore, and Science of the Ultimate Mushroom」
(トリュフの栽培、歴史、伝承、および科学) 
 
参考8%税込4,890円、送料180円、在庫切れ
英語。15.8x23.53cm。304ページ。本文中に原色写真。ハードカバー、カバー付。
 ヨーロッパではトリュフは食用きのこの中でも特に珍重される。ペリゴ-ド黒トリュフ(Perigord black truffle: Tuber melanosporum)やイタリア白トリュフ(Italian white truffle: T. magnatum)と呼ばれるブランドのトリュフは、日本人にとってのマツタケよりもはるかに貴重で高価なようだ。イタリア白トリュフが、赤ん坊の頭ほどある巨大なものであったが、「たった1個が高級乗用車1台の価格で取引された」とテレビ放映されたのを見たことがある。
 このように高価なトリュフであるから栽培の試みが熱心に続けられ、今ではフランス、イタリア、スペインなどのほか、ニュージーランド、オーストラリア、米国などでも、根に菌根を作らせた樹木を植栽する方法で行われている。しかし、菌根菌であるトリュフ菌に子実体を作らせることは大変難しく、本書によれば、フランスでは20年以上にわたり毎年40万本以上のトリュフ菌付き樹木が植栽されたにもかかわらず、多くのトリュフ園は栽培に成功せず、トリュフの生産量は顕著には増えていないそうだ。
 日本でもバイオ会社がマツタケの子実体原基の形成に成功し、きのこへの成長にあと一歩だと報道されたことがあった。本書にはマツタケやトリュフのような菌根性きのこのホスト植物なしの栽培研究について皮肉混じりに書かれた項目がある。世界最初にそれに成功したというカリフォルニアトリュフ会社は1991年倒産したそうだ。マツタケについての2001年の日本の研究発表にも皮肉交じりにコメントされており、読んでみると面白い。  
 本書には栽培以外にも、トリュフの人とのかかわりの歴史、生態、種の同定法などが解説され興味深い。特に“現地写真付き自生環境の解説”は日本の野生トリュフ採集に熱心な方々にも大変参考になるに違いない。  

Inocybe alpine e subalpine.

Fungi_Non_Delineati_34-35-36.jpg
FERRARI, Erminio (2006)
「Inocybe alpine e subalpine. Il Genere Inocybe (Fr.) Fr. Nel Nord Italia e Paesi Limitrofi」 
(高山帯と亜高帯のアセタケ属。北イタリアと近隣国のアセタケ属)
 
Fungi Non Delineati Pars 34-35-36 
8%税込価格 12,710円、送料510円、納期1週間(在庫2冊)
イタリア語。17.1x14.0cm。319ページ+原色写真138ページ。顕微鏡図多数。ペーパーバック。
 本書の最大の特徴は138ページにも及ぶ原色写真である。定評のある小林孝人(2002)*は白黒図だけであったが、本書は大判で鮮明な多数の原色写真が種の判別を大いに助けてくれる。もちろん本文中に胞子や各種シスチジアの顕微鏡図を載せ、種の同定には万全を期す。本書は北イタリアからアルプス山脈にかけての高山帯と亜高山帯に分布するアセタケ属を詳細に解説する。記載文に続くOsservazioni(検討)の項目が、イタリア語ではあるが、詳細で大変充実している。本書で新変種1、新品種3が記載された。アセタケ属を知るためには必携の1冊。
*小林孝人(2002)「The taxonomic studies of the genus Inocybe」(アセタケ属の分類学的研究) Nova Hedwigia Beihefte, Beiheft 124 価格 15,730円(税込み、送料別) 納期 1週間以内(在庫)

高山に発生するきのこ文献:
「Funghi alpini delle zone alpine superiori e inferiori. Alpine Fungi from the upper and lower Alpine zones」
(アルプス上部高山帯および下部高山帯の菌類) 

その他アセタケ属文献

日本菌学会第58回大会講演要旨集

日本菌学会第58回大会講演要旨集
古書
「日本菌学会第58回大会講演要旨集」
8%税込540円、送料180円、納期1週間(在庫1冊
状態:並

日本菌学会第57回大会講演要旨集


日本菌学会第57回大会講演要旨集
古書
「日本菌学会第57回大会講演要旨集」
8%税込540円、送料180円、納期1週間(在庫1冊)
書込みあり、状態:並

日本菌学会第55回大会講演要旨集

日本菌学会第55回大会講演要旨集
古書
「日本菌学会第55回大会講演要旨集」
8%税込540円、送料180円、納期1週間(在庫1冊
状態:良

日本菌学会第48回大会講演要旨集

日本菌学会第48回大会講演要旨集
古書
「日本菌学会第48回大会講演要旨集」
8%税込540円、送料180円、納期1週間(在庫1冊
書込みあり、状態:並
2013年10月8日からの訪問者数
プロフィール

佐野書店 佐野悦三

最近の記事
ブログ内検索
カテゴリー
月別アーカイブ
リンク
RSSフィード