The genus Mycena s.l.

2016年新刊
The_genus_Mmycena_sl.jpg
  表紙
The_genus_Mmycena_sl2.jpg The_genus_Mmycena_sl3.jpg 
左:クヌギタケ属と混同しやすい他の属との比較解説、右:検索表  
The_genus_Mmycena_sl4.jpg The_genus_Mmycena_sl5.jpg The_genus_Mmycena_sl6.jpg
新種 M. pasvikensis、新種 M. mucoroides、既知種 M. niveipes
Aronsen, Arne & Thomas Læssøe (2016/8)
「The genus Mycena s.l.」(広義のクヌギタケ属、北欧の菌類第5巻)
Fungi of Northern Europe Vol. 5

価格:8%税込み10,690円、送料510円(レターパック)、納期1週間(現在の在庫4冊
英語、17.0x23.5㎝、373ページ、原色写真・顕微鏡図多数、ハードカバー
北欧に産する広義のクヌギタケ属113種を、検索表、記載、原色写真、顕微鏡図などにより詳細に解説する。
本書で2新種が発表された。

他のクヌギタケ属専門書(在庫切れ含む)
Robich, G. (2016) 「Mycena d'Europa Vol. 2」 (ヨーロッパのクヌギタケ属第2巻)
Robich G. (2003) 「Mycena d’Europa」 (ヨーロッパのクヌギタケ属)
Grgurinovic, Cheryl A. (2003) 「The Genus Mycena in South-Eastern Australia」 (南西オーストラリアのクヌギタケ属 )

「Fungi of Northern Europe」(北欧の菌類)シリーズ既刊
URL: http://sanoshoten.blog13.fc2.com/blog-entry-1105.html 「北欧の菌類」を参照乞う。
Vol. 4 「The genus Tricholoma, Fungi of Northern Europe」 (第4巻 キシメジ属)
Vol. 3 「The genus Hebeloma」(第3巻 ワカフサタケ属)
Vol. 2 「The genus Lactarius」 (第2巻 チチタケ属)
Vol. 1 「The Genus Hygrocybe, 2nd revised edition」 (第1巻、アカヤマタケ属、改訂第2版)

ヨーロッパのベニタケ属図譜

“ベニタケ属の最新の大図鑑(2冊組)”

Monografia_illustrata_del_Genera_Russula1.jpg
Sarnari, Maruro(1998)
Monografia Illusrata del Genere Russula in Europa Tomo Primo
(ヨーロッパのベニタケ属図譜第1巻)

8%税込 19,840円、送料510円(沖縄・東北・北海道を除く)、 納期 1週間(小部数在庫)
イタリア語(但し、検索表は英語併記)。18.0x24.7cm。806ページ゙。ハードカバー
鮮明な原色写真・顕微鏡図多数。本書による新種発表あり。20世紀ヨーロッパのベニタケ属研究を総括するモノグラフ。

Monografia_illustrata_de_Genere_Russula_in_Europa2.jpg
Sarnari, Mauro (2005)
Monografia Illusrata del Genere Russula in Europa Tomo Secondo
(ヨーロッパのベニタケ属図譜第2巻)

8%税込価格 20,550円、送料510円(沖縄・東北・北海道を除く)、 納期 1週間(小部数在庫)
イタリア語(但し、検索表は英語併記)。18.0x24.7cm。740ページ+16原色図版。ハードカバー
第1巻・2巻合計1,568ページもの巨大なヨーロッパ産ベニタケ属図鑑。
第2巻では「フランス、パリ自然史博物館のBart Buyck先生がSarnari先生の提唱するベニタケ属分類体系は、最近の遺伝子分析による結果と矛盾しない」と前書きで解説している。さらに、Jacob Christian Schaeffer (1718-1790)(Russula Monographie 1993/1952の著者Julius Schafer :1882-1944とは別人)から始まるベニタケ属研究史が、研究者の肖像写真入りで29ページにわたり解説されている。

ベニタケ属文献:
『Les Russules d'Europe et d'Afrique du Nord』 (ヨーロッパと北アフリカのベニタケ属)
『The Genus Russula in Great Britain, with Synoptic Keys to Species』 (英国のベニタケ属)
『Tanzanian Mushrooms Edible, harmful and other fungi』 (タンザニアのきのこ 食用・毒・その他の菌類):ベニタケ属3種の新種記載あり。

Mycena d'Europa Vol. 2

在庫がなくなりましたが、
ご注文いただければ納期2か月ほどで取り寄せできます。ただし価格は為替レートにより変わります。

待望のMycenaクヌギタケ属の専門図鑑第2巻!
Mycena_dEUROPA_2.jpg Mycena_dEUROPA32.jpg Mycena_dEUROPA33.jpg
Mycena_dEUROPA34.jpg Mycena_dEUROPA35.jpg Mycena_dEUROPA36.jpg
Robich, G. (2016)
「Mycena d'Europa Vol. 2」 (ヨーロッパのクヌギタケ属第2巻)

参考8%税込み16,150円、送料650円(ただし東北950円、北海道・沖縄1,250円)、在庫切れ
イタリア語、検索表は英語・イタリア語併記、約800ページ、原色生態写真180、原色顕微鏡写真306、線画160.、ハードカバー
ヨーロッパ産クヌギタケ属165分類群を原色写真・顕微鏡図をつけ詳細に解説。うち、83分類群は本書により発表される新種
クヌギタケ属を知るためには必携の書!

第1巻はこちら:
Robich G. (2003) Mycena d’Europa (ヨーロッパのクヌギタケ属)

ヨーロッパのチャヒラタケ属

在庫1冊
Il_Genre_Crepidotus.jpg
Consiglio, Giovanni. & Ledo Setti (2009)
「Il Genere Crepidotus in Europa」
 (ヨーロッパのチャヒラタケ属)
  Associazione Micologica Bresadola
8%税込み11,330円(10,491円+税)、送料360円、納期1週間(在庫1冊
イタリア語・英語、二ヶ国語併記、18.0x24.8cm。344ページ、原色写真・線画多数、ハードカバー
 本書は、Albert Pilat (1903-1974) のモノグラフ*以来約60年ぶりのヨーロッパ産チャヒラタケ属のモノグラフだそうだ。はじめの三分の一を総論に宛て、チャヒラタケ属研究略史、ミクロの形態、生態、近隣属との関係、分類史、筆者らが採用する亜属・節・列など属以下のランクなどを解説する。残り三分の二は種の記載。
 まずヨーロッパ産チャヒラタケ属全種、19種・6変種への検索表があり、そのあとは種の解説。種ごとにタイプ標本の種類、所在・標本番号、ラテン語の原記載・そのイタリア語訳・英語訳、種小名の意味、筆者らが行ったタイプ標本観察結果の再記載、筆者らの認識する種の新記載、コメントなどが書かれている。
 それぞれに原色生態写真、胞子や縁シスチジアの顕微鏡写真、走査電顕写真、顕微鏡図などがつく。解説にイタリア語に加え、英語を併記することにより学術書として普遍化を期し、さらに鮮明な生態写真に加え微分干渉顕微鏡写真や走査電顕写真を多く使い、優れたチャヒラタケ属専門図鑑に仕上げている。
  *Albert Pilat (1948) Monographie des especes europeenes du genre Crepidotus Fries

ドイツのホウキタケ属

在庫切れ、当分の間入荷の予定はありません
“ホウキタケ属に関心を持つすべての方にお勧め“
Die_Gattung_Ramaria_in_Deutschland.jpg
Christian, Josef (2008)
「Die Gattung Ramaria in Deutschland」 (ドイツのホウキタケ属)

IHW-Verlag
参考8%税込価格15,790円(本体15038円+税)、送料360円、
在庫切れ、当分の間入荷の予定はありません
ドイツ語、検索表は同一内容の英語版あり。種の記載にも英語の要約あり。17.5x24.5cm。352ページ。原色写真、走査電顕写真、線画など合計354図版。ハードカバー。
  タイトルはドイツだがヨーロッパ産のホウキタケ属全種をカバーする。前半の総論部分で、まずホウキタケとして発表された全学名のリストを載せ、次に「ホウキタケ図譜の歴史」で1763年のSchafefer, J.C.の図譜から1932年のBresadola G.「Iconographica Mycologica」までの各図譜の図と記載文の復刻を載せ解説する。さらに本属のマクロ・ミクロの形質を原色写真、線画、顕微鏡図・写真を使い詳述する。「ホウキタケ属の系統分類」では、RamariaとGomphusとの関係、Gomphalaes・Phallales・ Geastrales, などとの関係を最近の研究成果を元に概説する。
 「属内の分類」で著者は(1)subgen. Ramaria, (2)subgen. Lentoramaria, (3)subgen. Asteroramariaの3亜属を提唱する。「種への検索表」は、いきなり種まで行きつく初心者向け検索表と、亜属、節への検索表を経由して種へ行きつく検索表の二つを準備する。これら二つの検索表には同一内容の英語版もつく。
 種の解説は、鮮明な原色生態写真2枚と走査電顕写真を元にしたと思われる細部まで鮮明な胞子図を付け詳述する。記載文には英語の短い要約もつく。種の相違の補強資料として胞子の大きさの分散表がある。44枚の胞子の走査電顕写真や12枚の菌糸束部分にあるミネラルの結晶写真もある。検討した膨大な標本リストをみると“よくもこれだけの標本を調べた”と感心する。なお、本書で2新種、1新変種が発表された。

ホウキタケ属文献:
『Les Ramaria Europeennes』 (ヨーロッパのホウキタケ属)
『Intoroduzione allo studio del genera Ramaria in Europa』 Fungi Non Delineati Pars 16 、(ヨーロッパ産ホウキタケ属研究序説, Fungi Non Delineati 第16巻)
『Die Gattung Ramaria in Deutschland』 (ドイツのホウキタケ属)
『Ramaria of the Pacific Northwestern United States』(米国北西部太平洋側のホウキタケ属)
『A Monograph of Clavaria and Allied Genera』 (シロソウメンタケ属およびその関連属モノグラフ)
『Supplement to “A Monograph of Clavaria and Allied Genera”』 (シロソウメンタケ属およびその関連属モノグラフ 続編)

イタリア菌類写真図鑑

第1巻第2巻が在庫切れになりました。
私たちはあまり知らないが、イタリアはきのこ研究の先進国で、たくさんのきのこ図鑑が出版されている。
その中でも優れたきのこ図鑑を紹介する。


第1巻から第3巻までの全3巻で1500種を、原色生態写真・胞子の顕微鏡図をつけて解説する。
第3巻には、全体を通した属・種への検索表が付く。
Funghi_d_Italia_Vol_3.jpg
Consiglio, Giovanni & Carlo Papett (2009)
「Atlante fotografico dei Funghi d'Italina Vol. 3」
(イタリア菌類写真図鑑 第3巻)
 A.M.B. Centro Studi Micologici
8%税込6530円、送料8%税込510円、納期1週間(在庫2冊
イタリア語、15x19cm、732ページ、原色写真多数、胞子図などの線画多数、ハードカバー
この第3巻が全3巻を有機的につないでいる。すなわち初めの232ページが、新分類による属への検索表、および属から種への検索表になっており、種名(学名)には、第1巻から第3巻までの掲載ページが書かれている。
残り500ページは、大型菌類500種を原色生態写真、顕微鏡図をつけ1種1ページを使った解説となっている。

Atlante_fotografico_dei_Funghi_Italia2.jpg
Consiglio, Giovanni & Carlo Papett (2001)
「Atlante fotografico dei Funghi d'Italina Vol. 2」
(イタリア菌類写真図鑑 第2巻)
 A.M.B. Centro Studi Micologici
参考8%税込7,830円、送料8%税込510円、在庫切れ
イタリア語、15x19cm、640ページ、きのこの原色生態写真500、胞子図など線画500、ハードカバー
第2巻ではフウセンタケ属など約500種を原色写真・胞子図付きで解説する。類似のきのことの相違をNOTEで解説している。第1巻と第2巻合計で1千種を解説する。なお、第1巻では子のう菌・担子菌から変形菌まで500種を原色写真・胞子図付きで解説する。

Atlante_fotografico_de_Funghi_Iitalia1.jpg
Papetti, C., G. Consiglio & G. Simonini (2000)
「Atlante fotografico dei Funghi d'Italina Vol. 1」
(イタリア菌類写真図鑑第1巻)
 A.M.B. Centro Studi Micologici
参考8%税込7,840円、送料8%税込510円、在庫切れ
イタリア語、15x19cm、630ページ、原色写真多数、胞子図などの線画多数、ハードカバー
第1巻では子のう菌・担子菌から変形菌まで500種を原色写真・胞子図付きで解説する。類似のキノコとの相違をNOTEで解説しているので第1巻だけでも1000種以上の識別が可能という。

子のう菌編はこちら

テーマ : オススメの本の紹介
ジャンル : 本・雑誌

アセタケ属研究第3報

2014年新刊!
Fungi_non_delineati_73_74.jpg
Ferrari, Eriminio, Ditte Bandini & Fabrizio Boccardo (2014)
「Inocybe (Fr,) Fr. Terzo contributo」 (アセタケ属研究、第3報)

Fungi Non Delimeati Pars 73-74
8%税込5,120円(本体4,741円+税)、送料360円、納期1週間(在庫4冊
イタリア語、17.0x24.0cm,188ページ、うち原色写真59ページ、ペーパーバック
著者たちが継続的に出しているアセタケ属研究の第3報。
本書では、Inosperma亜属6分類群、Inocybe亜属25分類群およびClypeus亜属14分類群、合計45分類群を解説する。詳細な解説文に加え、胞子やシスティジアの顕微鏡図、きのこの原色生態写真、胞子やシスティジアのカラー光学顕微鏡写真をつける。本書で新種Inocybe plumbianaが新種発表された。
Inocybe(アセタケ属)文献:
・Ferrari, Eriminio(2010)「Inocybe da zone litorali a zone alpine」(イタリアの高山帯から海辺のアセタケ属) 、Fungi Non Delimeati 54-55
・E.-R., Fernando & A. C. Moreno (2009) 「Especies nuevas e interesante del genero Inocybe (1)」(アセタケ属の新種および興味深い種 その1) 、Fungi Non Delineati Pars 47
Ferrari, Eriminio(2006)「Inocybe alpine e subalpine」(高山帯・亜高山帯のアセタケ属)、Fungi Non Delimeati 34-35-36
・小林孝人 (2002)「The taxonomic studies of the genus Inocybe」(アセタケ属の分類学的研究)
・Stangl J. (English ed. 2011) 「The Genus Inocybe in Bavaria」(英訳版、取寄せ検討中)

イタリアの糞生菌

Fungi_Fimicoli_Italici.jpg
Doveri, Francesco (2004)
「Fungi Fimicoli Italici」(イタリアの糞生菌)

Associazione Micologica Bresadola(ブレサドラ菌学会)、イタリア
8%税込価格25,750円、8%税込送料510円(ただし東北800円、北海道沖縄1,300円)、納期1週間(在庫1冊
英語・イタリア語完全併記。17.5x24.5cm。1,104ページ。ハードバック。顕微鏡図・原色写真多数。
 これはすごい!うんこ菌(糞生菌)だけで1千ページを超える本をつくるなんて!
 本書は主に草食動物のうんこに発生するうんこ菌290種(担子菌類90種・子のう菌類200種)を多数の顕微鏡図と生態写真とをつけ詳細解説する。担子菌ではヒトヨタケ属31種、コガサタケ属13種ほか合計16属を数える。子のう菌ではうんこ菌としておなじみの核菌類、盤菌類、小房しのう菌類など。種の解説には必ずラテン語の原記載の引用があり親切。
 著者は1951年生まれの内科医。30年以上糞生菌の研究を続け、多くの論文があるアマチュア研究者。日本にも生プロと肩を並べるアマチュア研究者が何人もいると思う。

他のうんこ菌(糞生菌)文献
(1)Bell, Ann (2005)、「An illustrated guide to the coprophilous Ascomycetes of Australia」(オーストラリアの糞生子のう菌図説)、CBS Biodiversity Series 3
(2)Seifert, K., B. Kendrick & G. Murase (1983)、「A Key to Hyphomycetes on Dung」(糞生の不完全菌の検索)、Univversity of Waterloo Biology Sereies No. 27

Funga Nordica

ご注文は左下欄の 「ご注文メールフォーム」 からお願いいたします。

最新の分類にもとづき3千種以上を解説する話題の増補改訂新版!「北欧の菌類第2版」
Funga_Nordica_2nd_edition.jpg
Knudsen, Henning & Jan Vesterholt (Edits.) (2012)
「Funga Nordica; Agaricoid, boletpid, clavarioid, cyphelloid and gasteroid genera, 2nd edition」 
(北欧の菌類、第2版)

Nordsvamp(北欧菌学会)
8%税込価格14,900円、送料510円、ただし東北800円、北海道・沖縄1300円、納期 1週間(在庫3組
英語、17.6x24.6cm、2分冊合計1083ページ、白黒顕微鏡図あり、ハードカバー

2008年出版の初版から大幅に改訂・増補された第2版が出版された。965ページの初版より118ページ増の1083ページとなり、使い勝手を考え2分冊となった。掲載種数も2675種から、56科278属に及ぶ3千種以上と大幅に増えている。高次分類は最新の分類に従い変更されている。
本書には原色図・原色写真はないが、代わりに確かな原色図・原色写真を収める文献名を参照用に載せる。

British Fungus Flora

出版元Royal Botanic Garden Edinburghの在庫も下の3点だけ
British_Fungus_Flora_1.jpg
British Fungus Flora Part 1
Watling, R. & A.E. Hills assisted by E. Turnbull (2005)
Boletes and Their Allies Revised and enlarged edition. 
(英国の菌類フロラ第1集 イグチ類とその仲間 改訂・拡大版) 

Royal Botanic Garden Edinburgh
8%税込価格2,740円、送料164円(メール便)、 納期1週間(在庫1冊)
英語。15.6x24.5cm。203ページ。線画多数。ソフトバック。カラーチャート付き。
1970年の第1版を全面的に改訂・充実させた。英国産イグチ類19属91種を詳細に解説する。発生環境の解説が詳細で親切。検索表も充実。巻首には本書の採用するイグチ類の最新の分類体系が表にされている。巻末にはホスト植物別の発生種一覧表があり、採集や同定の手がかりになる。最新の情報や体系に基づくイグチの世界を知ることが出来る。お勧めの一冊

British_Fungus_Flora_8.jpg
British Fungus Flora Part 8
Watling, R. & E. Turnbull (1998)
Cantharellaceae, Gomphaceae and xeruloid and amyloid-spored members of Tricholomataceae (excl. Mycena)

在庫切れ中

British_Fungus_Flora_9.jpg
British Fungus Flora Part 9
Rayner, R.W. assited by R. Watling & E. Turnbull (2005)
Russulaceae: Lactarius
(英国の菌類フロラ第9集 ベニタケ科:チチタケ属)

王立エジンバラ植物園  
在庫切れ中
英語。15.6x24.5cm。203ページ。線画多数。ソフトバック。カラーチャート付き。
英国産チチタケ属を6節に分け、66種・変種を詳細解説する。類似種との違いに説明を割く。検索表も充実。付録のカラーチャートは、他のきのこの記載にも利用できる。ただ、図は線画しかなく、類似種の多いチチタケ属には原色図版がほしい。

ColourIdentificationChart1.jpg  ColourIdentificationChart2.jpg
British Fungus Flora Colour Identification Chart
(英国の菌類フロラ 色彩同定用カラーチャート)

Royal Botanic Garden Edinburgh
在庫切れ中
British Fungus Flora(英国の菌類フロラ)用に作られたもの。印刷ではなく退色しにくい顔料使用の84色のカラーチャート。現在入手可能な菌類用のオーソライズされたカラーチャートとしては、 唯一のものではなかろうか。
2013年10月8日からの訪問者数
プロフィール

佐野書店 佐野悦三

最近の記事
ブログ内検索
カテゴリー
月別アーカイブ
リンク
RSSフィード