北欧の菌類

「第3巻 ワカフサタケ属」の在庫が1冊になりました。

北欧のきのこを属ごとに網羅的に解説しようとする、意欲的な専門図鑑シリーズ。
デンマーク菌学会が出版する。これまでに第5巻まで出版された。すべて英語で書かれる。


The_genus_Mmycena_sl.jpg
  表紙
The_genus_Mmycena_sl2.jpg The_genus_Mmycena_sl3.jpg 
左:クヌギタケ属と混同しやすい他の属との比較解説、右:検索表  
The_genus_Mmycena_sl4.jpg The_genus_Mmycena_sl5.jpg The_genus_Mmycena_sl6.jpg
新種 M. pasvikensis、新種 M. mucoroides、既知種 M. niveipes
Fungi of Northern Europe Vol. 5
Aronsen, Arne & Thomas Læssøe (2016/8)
「The genus Mycena s.l」 (北欧の菌類第5巻、広義のクヌギタケ属)

価格:8%税込み10,690円、送料510円(レターパック)、納期1週間(現在の在庫4冊
英語、17.0x23.5㎝、373ページ、原色写真・顕微鏡図多数、ハードカバー
北欧に産する広義のクヌギタケ属113種を、検索表、記載、原色写真、顕微鏡図などにより詳細に解説する。
本書で2新種が発表された。

The_genus_Tricholoma_Fugi_of_N_Europr_4.jpg
Fungi of Northern Europe Vol. 4
Christensen, Morten & Jacob Heilmann (2013)
「The genus Tricholoma」 (キシメジ属、北欧の菌類第4巻)

8%税込価格9,360円、送料360円(レターパック)、納期1週間(在庫2冊
英語、17.1x23.0cm、228ページ、原色生態写真多数、分布図、胞子の線画多数、ハードカバー
本書は、著者たちの全ヨーロッパを対象にした20年以上にわたるフィールドワークと博物館保管標本の検討結果の総まとめ。形態形質に加え、分子系統情報も加え、ヨーロッパ産キシメジ属分類の底本とすべく出版された。本書により、1種の新組合せと、15種の新しいタイプ標本(neotype, epitypeなど)が提案された。
キシメジ属に関心のある方には必携の書。
マツタケ(Tricoloma matsutake)は、T. caligatum に近い独立種とされ、T. caligatumを含む類似種との区別について詳しく説明さていている。

The_Genus_Hebeloma.jpg
Fungi of Nothern Europe Vol. 3
Vesterholt, Jan (2005)
「The genus Hebeloma」(北欧の菌類第3巻 ワカフサタケ属)

8%税込7,020円、送料360円(レターパック)、納期1週間(在庫1冊)
英語。16.5x23.7cm。146ページ。原色写真多数。顕微鏡図多数。ソフトバック。
北ヨーロッパに産するワカフサタケ属全種、合計47種を、検索表をつけ、美しい原色写真と顕微鏡図つきで詳細解説する。ただHebeloma domardianumは採集例が一度しかなく手書き図である。
ナガエノスギタケ=H. radicosumも載っている。その記載の元になった標本と写真はデンマーク産である。解説には、窒素化合物の存在、たとえばハタネズミ(vole)の巣の中などを好むと書いてある。

the_Genus_Lactariuss.jpg
在庫切れ中
Fungi of Northern Europe Vol. 2
Heilmann-Clausen, J., A. Verbeken & J. Vesterholt (1998)
「The genus Lactarius」 (北欧の菌類第2巻 チチタケ属)


Fungi_of_Nothern_Europe_1_Hygrocybe.jpg
Fungi of Northern Europe Vol. 1
Boertmann, D. (2010)
「The Genus Hygrocybe, 2nd revised edition」
(北欧の菌類第1巻、アカヤマタケ属、改訂第2版)

8%税込み9,380円、送料360円、納期1週間(在庫4冊
英語、17.0x2.6cm、200ページ、原色写真多数、ハードカバー
1995年出版の初版以降集まった多くの新知見を反映すべく、この改訂第2版が出版された。
北ヨーロッパに分布するアカヤマタケ属62種を原色写真・顕微鏡図および分布図をつけ詳細に解説する。
検索表・記載文・分布図が新しくされ、さらに原色写真も差替えられた。
本書で1種の新組合せが発表された。また初版で命名法上無効な形で発表された3新組合せが、この改訂第2版で有効な形式で発表された。

Fungi of the Hebrides

在庫1冊
Fungi_of_Hebrides.jpg
Dennis, R.W.G. (1986)
「Fungi of the Hebrides」 (ヘブリデス諸島の菌類)

Kew Publishing
8%税込み 6,560円、送料180円、納期1週間(在庫1冊)
英語、15.5x24.4cm、383ページ。ペパーバック。
著者の30年以上にわたるヘブリデス諸島の菌類調査の成果をまとめた同諸島産菌類リスト。担子菌、子のう菌、卵菌、変形菌、不完全菌など合計2905種におよぶ。そのうち507種は不完全菌。

Funghi alpini

ヨーロッパアルプスに産する高山きのこを解説。子のう菌や地下生菌もある。
Funghi_alpini.jpg
Jamoni, Pier Giovannni, (2008)
「Funghi alpini delle zone alpine superiori e inferiori. Alpine Fungi from the upper and lower Alpine zones」
(アルプス上部高山帯および下部高山帯の菌類) 

Associazione Micologica Bresadola 
8%税込み23,480円、送料510円、納期1週間(在庫2冊)。
イタリア語、英語の二ヶ国語完全併記。27.7x24.8cm。544ページ。原色図版・白黒図版本文中に多数。ハードカバー。
 高山植物図鑑は珍しくないが、“高山きのこ図鑑”は世界でも初めてではなかろうか(南極や北極の極地のきのこも加えた薄い図鑑はある)。
 本書は著者J.P.Giovanni氏の20年以上にわたるヨーロッパアルプス山脈高山帯のきのこ調査の成果を図鑑にして出版したものだ。雪線末端の上部高山帯、高山植物の咲き乱れる下部高山帯に発生する子のう菌・担子菌のきのこを美しい原色写真や顕微鏡図をつけ解説する。主な解説種は、Cortinarius フウセンタケ属C. alpicolaなど27種(含む変・品種)、Entolmaイッポンシメジ属E. alpicola など23種(含む変・品種)、Inocybeアセタケ属18種(含む変種)、Lactariusチチタケ属L. alpinusなど12種(含む変・品種)、Russulaベニタケ属R. alpignenseなど12種(含む変・品種)などが多い。一方、Amanitaテングタケ属はA. nivalisの1種のみ。子のう菌で多いのはPezziza8種、Helvella5種など。地下生菌Alpova1種、旧腹菌類Bovista3種も載る。

Collins Fungi Guide(コリンズ菌類ガイド)

最後の1冊が売れました。次回入荷未定。
“イギリスの自然史専門書店でベストセラーのようです”
Collins_Fungi_Guide1.jpg Collins_Fungi_Guide2.jpg Collins_Fungi_Guide3.jpg Collins_Fungi_Guide4.jpg Collins_Fungi_Guide5.jpg Collins_Fungi_Guide7.jpg Collins_Fungi_Guide8.jpg Collins_Fungi_Guide9.jpg 
Buczacki, Stefan (著), Chris Shields・ Denys W Ovenden(絵)(2012)
「Collins Fungi Guide: The Most Complete Field Guide to the Mushrooms and Toadstools of Britain & Ireland, Hardcover」
(コリンズ菌類ガイド:英国とアイルランドのもっとも完璧なきのこフィールドガイド、ハードカバー版)

Harper Collins
参考8%税込価格 8,480円、送料510円、
最後の1冊が売れました。次回入荷未定。
英語、640ページ、原色図・白黒図2000、ハードカバー
6点あるコリンズガイドシリーズの中でもベストセラーの1点。
イギリスだけでなく、ヨーロッパ全域、さらには広く温帯域にも産するきのこ2400種以上を、原色図をつけ解説する。
著者は、英国菌学会長もつとめた英国の著名な菌類研究者、園芸学者、自然史分野の研究者。またBBC放送ラジオ4の番組「Gardeners' Question Time」(園芸家の質問時間)の回答メンバー永くを続けている。

 コメント:入荷した本を見て、このコンパクトな図鑑に2400種を越えるきのこをよく詰め込んだと感心することしきり。原色図は、柄の描き方が単調なものがある。種ごとの描き分けを、もう少ししっかりしたらよかったのにとも思う。もっとも、2400種ものきのこを描き分けろという方が無理かとも思う。

The genus Mycena s.l.

2016年新刊
The_genus_Mmycena_sl.jpg
  表紙
The_genus_Mmycena_sl2.jpg The_genus_Mmycena_sl3.jpg 
左:クヌギタケ属と混同しやすい他の属との比較解説、右:検索表  
The_genus_Mmycena_sl4.jpg The_genus_Mmycena_sl5.jpg The_genus_Mmycena_sl6.jpg
新種 M. pasvikensis、新種 M. mucoroides、既知種 M. niveipes
Aronsen, Arne & Thomas Læssøe (2016/8)
「The genus Mycena s.l.」(広義のクヌギタケ属、北欧の菌類第5巻)
Fungi of Northern Europe Vol. 5

価格:8%税込み10,690円、送料510円(レターパック)、納期1週間(現在の在庫4冊
英語、17.0x23.5㎝、373ページ、原色写真・顕微鏡図多数、ハードカバー
北欧に産する広義のクヌギタケ属113種を、検索表、記載、原色写真、顕微鏡図などにより詳細に解説する。
本書で2新種が発表された。

他のクヌギタケ属専門書(在庫切れ含む)
Robich, G. (2016) 「Mycena d'Europa Vol. 2」 (ヨーロッパのクヌギタケ属第2巻)
Robich G. (2003) 「Mycena d’Europa」 (ヨーロッパのクヌギタケ属)
Grgurinovic, Cheryl A. (2003) 「The Genus Mycena in South-Eastern Australia」 (南西オーストラリアのクヌギタケ属 )

「Fungi of Northern Europe」(北欧の菌類)シリーズ既刊
URL: http://sanoshoten.blog13.fc2.com/blog-entry-1105.html 「北欧の菌類」を参照乞う。
Vol. 4 「The genus Tricholoma, Fungi of Northern Europe」 (第4巻 キシメジ属)
Vol. 3 「The genus Hebeloma」(第3巻 ワカフサタケ属)
Vol. 2 「The genus Lactarius」 (第2巻 チチタケ属)
Vol. 1 「The Genus Hygrocybe, 2nd revised edition」 (第1巻、アカヤマタケ属、改訂第2版)

ヨーロッパのベニタケ属図譜

“ベニタケ属の最新の大図鑑(2冊組)”

Monografia_illustrata_del_Genera_Russula1.jpg
Sarnari, Maruro(1998)
Monografia Illusrata del Genere Russula in Europa Tomo Primo
(ヨーロッパのベニタケ属図譜第1巻)

8%税込 19,840円、送料510円(沖縄・東北・北海道を除く)、 納期 1週間(小部数在庫)
イタリア語(但し、検索表は英語併記)。18.0x24.7cm。806ページ゙。ハードカバー
鮮明な原色写真・顕微鏡図多数。本書による新種発表あり。20世紀ヨーロッパのベニタケ属研究を総括するモノグラフ。

Monografia_illustrata_de_Genere_Russula_in_Europa2.jpg
Sarnari, Mauro (2005)
Monografia Illusrata del Genere Russula in Europa Tomo Secondo
(ヨーロッパのベニタケ属図譜第2巻)

8%税込価格 20,550円、送料510円(沖縄・東北・北海道を除く)、 納期 1週間(小部数在庫)
イタリア語(但し、検索表は英語併記)。18.0x24.7cm。740ページ+16原色図版。ハードカバー
第1巻・2巻合計1,568ページもの巨大なヨーロッパ産ベニタケ属図鑑。
第2巻では「フランス、パリ自然史博物館のBart Buyck先生がSarnari先生の提唱するベニタケ属分類体系は、最近の遺伝子分析による結果と矛盾しない」と前書きで解説している。さらに、Jacob Christian Schaeffer (1718-1790)(Russula Monographie 1993/1952の著者Julius Schafer :1882-1944とは別人)から始まるベニタケ属研究史が、研究者の肖像写真入りで29ページにわたり解説されている。

ベニタケ属文献:
『Les Russules d'Europe et d'Afrique du Nord』 (ヨーロッパと北アフリカのベニタケ属)
『The Genus Russula in Great Britain, with Synoptic Keys to Species』 (英国のベニタケ属)
『Tanzanian Mushrooms Edible, harmful and other fungi』 (タンザニアのきのこ 食用・毒・その他の菌類):ベニタケ属3種の新種記載あり。

Mycena d'Europa Vol. 2

在庫がなくなりましたが、
ご注文いただければ納期2か月ほどで取り寄せできます。ただし価格は為替レートにより変わります。

待望のMycenaクヌギタケ属の専門図鑑第2巻!
Mycena_dEUROPA_2.jpg Mycena_dEUROPA32.jpg Mycena_dEUROPA33.jpg
Mycena_dEUROPA34.jpg Mycena_dEUROPA35.jpg Mycena_dEUROPA36.jpg
Robich, G. (2016)
「Mycena d'Europa Vol. 2」 (ヨーロッパのクヌギタケ属第2巻)

参考8%税込み16,150円、送料650円(ただし東北950円、北海道・沖縄1,250円)、在庫切れ
イタリア語、検索表は英語・イタリア語併記、約800ページ、原色生態写真180、原色顕微鏡写真306、線画160.、ハードカバー
ヨーロッパ産クヌギタケ属165分類群を原色写真・顕微鏡図をつけ詳細に解説。うち、83分類群は本書により発表される新種
クヌギタケ属を知るためには必携の書!

第1巻はこちら:
Robich G. (2003) Mycena d’Europa (ヨーロッパのクヌギタケ属)

ヨーロッパのチャヒラタケ属

在庫1冊
Il_Genre_Crepidotus.jpg
Consiglio, Giovanni. & Ledo Setti (2009)
「Il Genere Crepidotus in Europa」
 (ヨーロッパのチャヒラタケ属)
  Associazione Micologica Bresadola
8%税込み11,330円(10,491円+税)、送料360円、納期1週間(在庫1冊
イタリア語・英語、二ヶ国語併記、18.0x24.8cm。344ページ、原色写真・線画多数、ハードカバー
 本書は、Albert Pilat (1903-1974) のモノグラフ*以来約60年ぶりのヨーロッパ産チャヒラタケ属のモノグラフだそうだ。はじめの三分の一を総論に宛て、チャヒラタケ属研究略史、ミクロの形態、生態、近隣属との関係、分類史、筆者らが採用する亜属・節・列など属以下のランクなどを解説する。残り三分の二は種の記載。
 まずヨーロッパ産チャヒラタケ属全種、19種・6変種への検索表があり、そのあとは種の解説。種ごとにタイプ標本の種類、所在・標本番号、ラテン語の原記載・そのイタリア語訳・英語訳、種小名の意味、筆者らが行ったタイプ標本観察結果の再記載、筆者らの認識する種の新記載、コメントなどが書かれている。
 それぞれに原色生態写真、胞子や縁シスチジアの顕微鏡写真、走査電顕写真、顕微鏡図などがつく。解説にイタリア語に加え、英語を併記することにより学術書として普遍化を期し、さらに鮮明な生態写真に加え微分干渉顕微鏡写真や走査電顕写真を多く使い、優れたチャヒラタケ属専門図鑑に仕上げている。
  *Albert Pilat (1948) Monographie des especes europeenes du genre Crepidotus Fries

ドイツのホウキタケ属

在庫切れ、当分の間入荷の予定はありません
“ホウキタケ属に関心を持つすべての方にお勧め“
Die_Gattung_Ramaria_in_Deutschland.jpg
Christian, Josef (2008)
「Die Gattung Ramaria in Deutschland」 (ドイツのホウキタケ属)

IHW-Verlag
参考8%税込価格15,790円(本体15038円+税)、送料360円、
在庫切れ、当分の間入荷の予定はありません
ドイツ語、検索表は同一内容の英語版あり。種の記載にも英語の要約あり。17.5x24.5cm。352ページ。原色写真、走査電顕写真、線画など合計354図版。ハードカバー。
  タイトルはドイツだがヨーロッパ産のホウキタケ属全種をカバーする。前半の総論部分で、まずホウキタケとして発表された全学名のリストを載せ、次に「ホウキタケ図譜の歴史」で1763年のSchafefer, J.C.の図譜から1932年のBresadola G.「Iconographica Mycologica」までの各図譜の図と記載文の復刻を載せ解説する。さらに本属のマクロ・ミクロの形質を原色写真、線画、顕微鏡図・写真を使い詳述する。「ホウキタケ属の系統分類」では、RamariaとGomphusとの関係、Gomphalaes・Phallales・ Geastrales, などとの関係を最近の研究成果を元に概説する。
 「属内の分類」で著者は(1)subgen. Ramaria, (2)subgen. Lentoramaria, (3)subgen. Asteroramariaの3亜属を提唱する。「種への検索表」は、いきなり種まで行きつく初心者向け検索表と、亜属、節への検索表を経由して種へ行きつく検索表の二つを準備する。これら二つの検索表には同一内容の英語版もつく。
 種の解説は、鮮明な原色生態写真2枚と走査電顕写真を元にしたと思われる細部まで鮮明な胞子図を付け詳述する。記載文には英語の短い要約もつく。種の相違の補強資料として胞子の大きさの分散表がある。44枚の胞子の走査電顕写真や12枚の菌糸束部分にあるミネラルの結晶写真もある。検討した膨大な標本リストをみると“よくもこれだけの標本を調べた”と感心する。なお、本書で2新種、1新変種が発表された。

ホウキタケ属文献:
『Les Ramaria Europeennes』 (ヨーロッパのホウキタケ属)
『Intoroduzione allo studio del genera Ramaria in Europa』 Fungi Non Delineati Pars 16 、(ヨーロッパ産ホウキタケ属研究序説, Fungi Non Delineati 第16巻)
『Die Gattung Ramaria in Deutschland』 (ドイツのホウキタケ属)
『Ramaria of the Pacific Northwestern United States』(米国北西部太平洋側のホウキタケ属)
『A Monograph of Clavaria and Allied Genera』 (シロソウメンタケ属およびその関連属モノグラフ)
『Supplement to “A Monograph of Clavaria and Allied Genera”』 (シロソウメンタケ属およびその関連属モノグラフ 続編)

イタリア菌類写真図鑑

第1巻第2巻が在庫切れになりました。
私たちはあまり知らないが、イタリアはきのこ研究の先進国で、たくさんのきのこ図鑑が出版されている。
その中でも優れたきのこ図鑑を紹介する。


第1巻から第3巻までの全3巻で1500種を、原色生態写真・胞子の顕微鏡図をつけて解説する。
第3巻には、全体を通した属・種への検索表が付く。
Funghi_d_Italia_Vol_3.jpg
Consiglio, Giovanni & Carlo Papett (2009)
「Atlante fotografico dei Funghi d'Italina Vol. 3」
(イタリア菌類写真図鑑 第3巻)
 A.M.B. Centro Studi Micologici
8%税込6530円、送料8%税込510円、納期1週間(在庫2冊
イタリア語、15x19cm、732ページ、原色写真多数、胞子図などの線画多数、ハードカバー
この第3巻が全3巻を有機的につないでいる。すなわち初めの232ページが、新分類による属への検索表、および属から種への検索表になっており、種名(学名)には、第1巻から第3巻までの掲載ページが書かれている。
残り500ページは、大型菌類500種を原色生態写真、顕微鏡図をつけ1種1ページを使った解説となっている。

Atlante_fotografico_dei_Funghi_Italia2.jpg
Consiglio, Giovanni & Carlo Papett (2001)
「Atlante fotografico dei Funghi d'Italina Vol. 2」
(イタリア菌類写真図鑑 第2巻)
 A.M.B. Centro Studi Micologici
参考8%税込7,830円、送料8%税込510円、在庫切れ
イタリア語、15x19cm、640ページ、きのこの原色生態写真500、胞子図など線画500、ハードカバー
第2巻ではフウセンタケ属など約500種を原色写真・胞子図付きで解説する。類似のきのことの相違をNOTEで解説している。第1巻と第2巻合計で1千種を解説する。なお、第1巻では子のう菌・担子菌から変形菌まで500種を原色写真・胞子図付きで解説する。

Atlante_fotografico_de_Funghi_Iitalia1.jpg
Papetti, C., G. Consiglio & G. Simonini (2000)
「Atlante fotografico dei Funghi d'Italina Vol. 1」
(イタリア菌類写真図鑑第1巻)
 A.M.B. Centro Studi Micologici
参考8%税込7,840円、送料8%税込510円、在庫切れ
イタリア語、15x19cm、630ページ、原色写真多数、胞子図などの線画多数、ハードカバー
第1巻では子のう菌・担子菌から変形菌まで500種を原色写真・胞子図付きで解説する。類似のキノコとの相違をNOTEで解説しているので第1巻だけでも1000種以上の識別が可能という。

子のう菌編はこちら

テーマ : オススメの本の紹介
ジャンル : 本・雑誌

2013年10月8日からの訪問者数
プロフィール

佐野書店 佐野悦三

最近の記事
ブログ内検索
カテゴリー
月別アーカイブ
リンク
RSSフィード