「タイの菌類多様性」

在庫切れ。追加入手はありません。
Thai_Fungal_Diversity.jpg ThaiFungalDiversity3.jpg
        第22章 Fungi on arthropods, crustaceans and fish
        (節足動物生菌、甲殻類生菌および魚類生菌)の最初の227ページ
        233ページには冬虫夏草属など昆虫寄生菌                 
Jones, E.B.G., M. Tantichareon & K.D.Hyde(Eds.) (2004)
「Thai Fungal Diversity」 (タイの菌類多様性)
 
BIOTEC (National Center for Genetic Engineering and Biotechnology)
(タイ国立遺伝子工学バイオテクノロジセンター) 
参考8%税込10,800円、送料510円、在庫切れ。追加入手はありません
英語。21.6x30.5cm。11+281ページ。原色写真・顕微鏡写真あり。ハードカバー。
 タイに産する大型菌類や微小菌類を分類群別や生態別など多方面から解説する。タイの菌類を知りたい方には必携の文献。英語で手紙を出すとタイ語で返事が返ってくるなどコミュニケーションに手間取り、入手には大変時間がかかった。

 目次は次の通り:
1.Introduction. 2. Introduction to Thai fungal diversity(タイの菌類多様性概説). 3. Basidiomycetes(担子菌). 4. Chromista(クロミスタ門)(中桐昭先生が共著者の一人). 5. Coelomycetes(分生子果不完全菌). 6. Xylariaceae(キシラリア科). 7. Lichens(地衣類). 8. Yeasts(酵母)(中瀬崇先生が著者). 9. Freshwater fungi(清水生菌). 10. Marine fungi(海生菌). 11. Coprophilous fungi(糞生菌). 12. Seed Fungi(種子菌). 13. Soil fungi(土壌菌). 14. Terrestrial lignicolous fungi.(陸生リグニン分解菌) 15. Fungi on leaf liter(落葉リター菌). 16. Fungi on Musa (Banana)(バナナ生菌). 17. Palm fungi(パームヤシ生菌). 18. fungi on Zingiberaceae (Ginger)(ショウガ科生菌). 19. Endophytes(内生菌). 20. Plant pathogens(植物病原菌). 21. Dermatophytes and pythiosis(皮膚糸状菌およびピシウム感染症). 22. Fungi on arthropods, crustaceans and fish(節足動物生菌、甲殻類生菌および魚類生菌). 23. Edible mushrooms.(食用きのこ) 24. Culture collection. 25. Epilogue.

中国テングタケ科図誌

在庫切れ。当分入荷はありません。
日本を含めアジアのテングタケ科を知るためには必携の文献。
Atlas_Chinese_Spes_Amanitaceae.jpg Atlas_Chinese_Spes_Amanitaceae23.jpg Atlas_Chinese_Spes_Amanitaceae22.jpg Atlas_Chinese_Spes_Amanitaceae24.jpg
Yang Zhu-Liang (2015)
「中国鹅膏科真菌图志」(Atlas of the Chinese Species of Amanitaceae)
(中国テングタケ科図誌)
、科学出版社
参考8%税込9,240円、送料360円、
在庫切れ。当分入荷はありません。
中国語、A4、7+213ページ、原色生態写真多数、ハードカバー
中国に分布するテングタケ科130種を、検索表と原色生態写真をつけ詳細に解説する。マクロ・ミクロの特徴や分布、食毒の別なども明記。特に種の解説では、類似種との相違点を特記する。
本郷先生が新種記載された種はもちろんのこと、小田貴先生が新種記載された種もたくさん載っている。
日本を含めアジアのテングタケ科を知るためには必携の文献。

2015年9月25~27日の日本菌学会埼玉フォーレでも、同年10月3・4日の西日本交流会でも、テングタケ科同定の最重要文献として本書が大活躍していました。本書を活用していただき佐野書店として大変うれしく思いました。

中国真菌史第27巻、Amanitaceae (テングタケ科)は絶版。
Amanitaceae(テングタケ科)文献:
(1)Neville, P. & S. Poumarat (2004)「Fungi Europaei Vol. 9 Amanitae. Amanita, Limacella & Torrendia」
(2)Geoffrey Kibby (2012)「The Genus Amanita in Great Britain」(英国のテングタケ属)

中国熱帯真菌

在庫切れ。当分入荷はありません。
本書は、出版後すぐに、きのこの著名な先生方からご注文を受けました。本書の学術的価値の高さがうかがえます。
中国熱帯真菌 中国熱帯真菌2 中国熱帯真菌3
Wu Xingliang Dai Yucheng Li Taihui & Yang Zhuliang etc. (2011)
「中国熱帯真菌、Fungi of Tropical China 」

科学出版社
参考8%税込 17,250円、送料510円、
在庫切れ。当分入荷はありません。
中国語、ラテン語学名つき、21.5x28.0cm、8+548ページ、原色写真多数、ハードカバー、ブックカバー付
中国熱帯地方の子のう菌41分類群、担子菌454分類群、合計495分類群を原色写真を付し解説する。
 掲載種ではAmanitaテングタケ属38分類群、Ganodermaマンネンタケ属31分類群、イグチの仲間29分類群などが目立つ。
 硬いきのこがご専門の先生も購入されたようにGanodermaマンネンタケ属以外の硬いきのこも数多く載っている。
 その他Termitomycesオオシロアリタケ属5分類群、Lactariusチチタケ属10分類群、Russulaベニタケ属16分類群など。Rmariaホウキタケ属は掲載は5種だが、中国で新種記載された種が3種を占める。

中国真菌志 第43巻 Paecilomyces, Isaria and Taifangflania

新紹介!
冬虫夏草に関心のある方にもお勧め。
中国真菌志第43巻
Liang Zongqi (2012)
「中国真菌志 第43卷拟青霉属棒束孢属戴氏霉属」
(Flora Fungorum Sinicorum Vol. 43 Paecilomyces, Isaria and Taifangflania)
(中国真菌史第43巻、マユダマタケ属、クモタケ属、およびタイファングフラニア属)

8%税込4,890円、送料360円、納期1週間(在庫4冊
中国語、19.2x26.5cm、前書17ページ+本文154ページ+原色図版4ページ、本文中に顕微鏡図、ハードカバー
総論は66ページを使い、分子系統分類を含む分類史、生物学・生理学的特徴、研究方法、生物活性物質に着目した経済的重要性、および人工培養などを解説する。
各論は65ページを使い、拟青霉属=Paecilomyces=マユダマタケ属24種(うち有性世代がCordyceps=ノムシタケ属のもの3種)、その近縁属2属2種、棒束孢属=Isaria=クモタケ属10種(うち有性世代がCordyceps=ノムシタケ属のもの3種)、霉属=Taifangflania=タイファングフラニア属8種、などを検索表をつけ、詳細に解説する。
(和名は勝本謙(2010)「日本産菌類集覧」による)

東アジアの東端に位置する日本の菌類を知るには、東アジアの大部分を占め、気候的にも砂漠やステップの乾燥気候から高温多湿の亜熱帯気候、さらには冷涼な冷帯気候まで多様性に富む中国に産する菌類を知ることが必要です。
中国に分布する菌類を知って見ませんか?

佐野書店がご紹介した中国真菌史:(在庫・価格はお問合せください)
(出版部数が少ないので、絶版になることが多い)
第49巻、球盖菇科(1)、Vol .49 Strophariaceae (1)
第48巻、火丝菌科、Vol. 48 Pyronemataceae
第47巻、叢赤殻科生赤殻科 Vol. 47 Nectriaceae et Bionectriaceae
第45巻、侧耳-香菇型真菌、Vol. 45 Pleurotoid-Lentinoid Fungi
第44巻、牛肝菌科(2)、Vol. 44 Boletaceae (II) (イグチ科2)
第43巻、卷拟青霉属棒束孢属戴氏霉属、Vol. 43 Paecilomyces, Isaria and Taifangflania
第42巻、革菌科(1)、Vol. 42 Corticiaceae S.L.(I)
第36巻、地星科 鳥巣菌科 (Geastraceae Nidulariaceae) ( ヒメツチグリ科、およびチャダイゴケ科)
第34巻、擬茎点霉属 (Phomopsis)(ホモプシス属;果菜の病原菌)
第32巻、冬虫夏草属 在庫切れ
第29卷、Hymenochaetaceae (タバコウロコタケ科)
第28巻、虫嚢菌目 (Laboulbeniales)(ラブルーベニア目)
第27巻、Amanitaceae (テングタケ科) 絶版
第23巻、Sclerodermatales, Tulostomatales, Phallales (ニセショウロ目、ケシボウズタケ目、スッポンタケ目) 在庫切れ
第22卷、牛肝菌科(1) (Boletaceae 1)(イグチ科1)
第21巻、晶杯菌科肉杯菌科肉盤菌科 (Hyaloscyphaceae, Sarcoscyphaceae et Sarcosomataceae)
       (ヒナノチャワンタケ科、ベニチャワンタケ科、およびクロチャワンタケ科 )
第 8巻、Sclerotiniaceae et Geoglossaceae (キンカクキン科およびヒメテングノメシガイ科)
第 2巻、Termellales & Dacrymycetales (シロキクラゲ目およびアカキクラゲ目)
粘菌巻2、Physarales & Stemonitales
粘菌巻1、Ceratiomyxales, Echinosteliales, Liceales & Trichiales

タイの無脊椎動物病原菌

予告:入荷時期未定(4月頃?)。現在、出版元と交渉中です。
Inverteb_Path_Fungi_of_Thailand.jpg
「Invertebrate-Pathogenic Fungi of Thailand」
( タイの無脊椎動物病原菌)(2010)

National Center for Genetic Engineering and Biotecnology
価格・納期など未定

Atlas_of_Invert-Path_Fungi_Thailand_3.jpg
「Atlas of Invertebrate-Pathogenic Fungi of Thailand Vol. 3」 
(タイの無脊椎動物病原菌図譜 第3巻)(2010)

価格・納期など未定
(このシリーズの第1巻・第2巻は、2009年にご紹介しました。現在絶版)

冬虫夏草菌的生物学研究

売れました
“新紹介”
冬虫夏草菌的生物学研究
Zhang Yongjie(2012)
「冬虫夏草菌的生物学研究」(冬虫夏草の生物学)
山西大学建校10周年学術文庫、科学出版社
売れました、参考8%税込価格 5,230円、送料220円
中国語、17.0x23.8cm、目次ほか6ページ+本文114ページ+7原色図版ページ、ペーパーバック
DNA分析を駆使した冬虫夏草研究の最先端を解説。ただし中国語。文献情報充実。
目次(文責佐野、誤理解・誤訳ご容赦):
1 冬虫夏草概説
2 冬虫夏草菌株の分離培養
3 冬虫夏草DNAの特定部分取出し、塩基配列、アミノ酸配列とその機能解析
4 冬虫夏草の交配型と塩基配列 
5 DNA分析を利用した冬虫夏草の地理的分化研究
6 DNA分析を利用した冬虫夏草生息環境研究 

クイーンズランド州(オーストラリア)の材上生菌類概論

売れました。
2008年以来何度か紹介
An_Intr_to_Ffungi_on_Wood_in_Queenslamd.jpg
Hood, Ian (2003)
「An Introduction to Fungi on Wood in Queensland」
(クイーンズランド州の材上生菌類概論)

School of Environmental Sciences and Natural Resources Management, University of New England (オーストラリア、ニューイングランド大学環境・天然資源管理学部)
売れました。参考8%税込価格8,560円、送料360円、
絶版書のようです
英語。14.6x20.6cm。388ページ。うち原色図版4ページ。白黒図本文中に多数。ペーパーバック。
 オーストラリア北東部、クイーンズランド州に分布する材上生菌類を解説する。変形菌(3種)、子のう菌、担子菌などの各群の代表的菌類約180種を顕微鏡図、外形図、参考文献を付し解説する。多孔菌類が約半分を占める。クイーンズランド州は南部の温帯から北部の熱帯にまで広がるので熱帯特産種も多く解説されている。著者はニュージーランド森林研究所の研究者。専門は樹病学や菌類生態学なので、解説もその分野に詳しい。

ニュージーランドのウラベニカサ・イッポンシメジ

在庫切れ中
Agaricales_of_NewZealand1.jpg
Horak, E. (2008) 
「Agaricales of New Zealand 1. Pluteaceae-Entolomataceae, The Fungi of New Zealand Vol. 5」 (ニュージーランドの菌類第5巻.ニュージーランドのハラタケ目その1.ウラベニカサ科・イッポンシメジ科)

Fungal Diversity Research Series 19、Fungal Diversity Press 
参考8%税込価格11,970円、送料510円、
在庫切れ中
英語。18.9x26.1cm。22+305ページ、うち原色図版8ページ。ハードカバー。
 ニュージーランドの菌類を網羅しようという意欲的なThe Fungi of New Zealand(ニュージーランドの菌類)シリ-ズの5冊目。ニュージーランド産のウラベニガサ科2属と、イッポンシメジ科6属を、線画の外形図・顕微鏡図に加え、8ページにわたる原色写真を付け詳細に記載する。
“ウラベニガサ属10種、イッポンシメジ属28種、合計38種を新種記載!これら2属に興味ある方必携”
ウラベニガサ科では、ウラベニガサ属15種、フクロタケ属3種を詳細に記載する。そのうちウラベニガサ属10種が新種である。イッポンシメジ科では、6属90種を詳細に記載する。そのうち、ヒカゲウラベニタケ属Clitopilusの2種は未記載種(未命名)。イッポンシメジ属Entolomaの28種が新種。ムツノウラベニタケ属Rhodocybeの1種が新種。Rhichoniellaのひとつが新品種。

Fungal Diversity Research Series 既刊

Mycobiota of Indonesia

Contr_Tow_A_Mycobaiota_of_Indonesia.jpg
Memoirs of The New York Botanical Garden Vol. 59
Samuels, G.J. & Collaborators (1999)
「Contributions Toward A Mycobiota of Indonesia: Hypocreales, Synnematous Hyphomycetes, Aphyllophorales Pharagmobasidiomycetes, and Myxomycetes」
 (インドネシアの菌類相論文集)
8%税込5,350円、送料164円(メール便)、納期1週間(在庫2冊
英語。17.5x25.5cm。78ページ。ペーパーバック。
サミュエル先生がインドネシアで採集した標本を、それぞれの菌類分類群の専門家が調査・記載する。なかでも子のう菌のHypocreales(肉座菌目)が充実。

The New York Botanical Garden (ニューヨーク市立植物園)菌類関係出版物:
(佐野書店の扱いのみ。在庫切れもございます。お取寄せもいたします)
Memoirs of The New York Botanical Garden
 ・Vol. 22. No. 1 Sclerotineaceae II Lambertella (キンカクキン科その2 チャイロミキンカクキン属)
 ・Vol. 24 North American Species of Psathyrella (北アメリカのナヨタケ属)
 ・Vol. 34 Taxonomy of Amauroderma (Basidiomycetes, Polyporaceae)(コマタケ属の分類)
 ・Vol. 48. Fungicolous, Lichenicolous, and Myxomycetticolous Species of Hypocreopsis, Nectpriopsis, Nectria, Peristomialis, and Trichonectria
 ・Vol. 49, Mycological Contributions Celebrating the 70th Birthday of Clark T. Rogerson (Rogerson先生70歳記念菌学論文集)
 ・Vol. 59, Contributions Toward A Mycobiota of Indonesia: Hypocreales, Synnematous Hyphomycetes, Aphyllophorales Pharagmobasidiomycetes, and Myxomycetes.(インドネシアの菌類相論文集)
 ・Vol. 66. Studies on Amanita (Amanitaceae) from Andean Colombia
           (コロンビア、アンデス山脈のテングタケ属研究)
 ・Vol. 89, Fungi in Forest Ecosystems: Systematics, Diversity and Ecology. (森林生態系における菌類:系統分類、多様性、および生態)
Flora Neotropica Monograph
 ・No. 3・4・5 Omphalinae, Phaeocollybia, Strobilomycetaceae
 ・No. 6 Tremellales (シロキクラゲ目)
 ・No. 6 Supplement, Tremellales-Supplement (シロキクラゲ目補遺)
 ・No. 16 Myxomycetes
 ・No. 17 Marasmieae (Basidiomycetes - Tricholomataceae) (ホウライタケ連(担子菌類 - キシメジ科))
 ・No. 32: Hydropus (Basidiomycetes – Tricholomataceae – Myceneae) (ニセアシナガタケ属、担子菌類―キシメジ科―タクヌギタケ亜連)
 ・No. 37 Sarcosomataceae (Pezizales, Sarcoscyphineae) 
        (クロチャワンタケ科 (チャワンタケ目、ベニチャワンタケ亜目)) 
 ・No. 86 Smut Fungi: Ustilaginomycetes P.P. and Microbo-Tryales, Basidiomycota
 ・No. 103 Foliicolous Lichenized Fungi (葉状地衣化菌類)
 ・No. 106 Stereum s.l. (広義のキウロコタケ属)
Mycologia Memoir
 ・No. 2 The Genus Clavulinopsis In North America
 ・No. 6. The Pyrenomycetous Fungi
 ・No. 8. The Genus Collybia (Agaricales) in the northeastern United States and adjacent Canada・
 ・No. 14, The non-stipitate stereoid fungi in the northeastern United States and adjacent Canada
 ・No 15. Cultural Studies and Identification of Wood-inhabiting Corticiaceae and Selected Hymenomycetes from North America.
 ・No. 16. World species of Monilinia (fungi) Their ecology, biosystematics and control
North American Flora 
(ほぼ絶版の古い出版物、ご希望の方はお早い注文を!)
 ・Vol. 9 Part 1, Polyporaceae (pars) (北米のフロラ第9巻第1部、多孔菌科(部分))
 ・Vol. 10 Part 5, Agariceae, Hypodendrum, and Corinarius
       (北米のフロラ第10巻第5部、スギタケ属、フウセンタケ属)

ニュージーランドの菌類概説

ニュージーランドの菌類を知るためには必携
The_Fungi_of_New_Zealand_1.jpg
McKenzie, Eric H.C. (Edit.) (2004)
Introduction to Fungi of New Zealnd. The Fungi of New Zealand Vol. 1 
(ニュージーランドの菌類第1巻 ニュージーランドの菌類概説) 
 
Fungal Biodivfersity Resarch Series 14、Fungal Diversity Press
輸送途中に水濡れにあったもの1冊8%税込特価7,260円、、送料510円、、納期1週間
紙、水濡れによる膨れあり。特価7,260円は正価の約半額。
本書も含め、Fungal Diversity Pressの出版物の新規入荷は当分ありません。

英語。18.0x26.3cm。20+498ページ+原色図版16ページ。ハードバック。
 ニュージーランドの菌類を概観する基本書。次の説明する7つの章からなる。第1章The Fungi of New Zealand–Introduction: 概論。ニュージーランド産菌類既知種は約7千4百種だそうだ。第2章 The History of Taxonomic Mycology in New Zealand:ロス船長の南極探検(1839-43)に始まるニュージーランドの菌類調査・研究の歴史を概説する。第3章 Maori Knowledge of Fungi: 原住民マオリ族の菌類の利用について詳述する。第4章 Keys to Genera of Agarics, Boletes, and Related Fungi in New Zealand: Egon Horak先生作成のニュージーランド産大型菌類の属までの検索表。第5章Bibliographic Checklist of Agarics, Boletes, and Related Fungi Recorded from New Zealand: 200ページにわたるニュージーラン産大型菌類の目録。第6章 Bibliography of New Zealand Taxonomic Mycology: 文献目録。第7章 Checklist of New Zealand “Fungi” : 変形菌や卵菌類なども含む広義のニュージーランド産のすべての菌類のリスト。
 原色図版には珍しい地下性菌の写真も載る。子のう菌の地下性菌ではTuber属1種のほか、Paurocotylis属、Labyrinthpmyces属、Dinglea属の珍菌の写真が載る。担子菌の地下性菌では、まだ柄が残るCortinarius (Thaxterogaster)属2種、Notholepiota属、Macowanites属、 Weraroa 属や、柄がなくなったGallacea属、Phallobata属, Hysterangium 属, Stephanospora属, Claustula属, Gymnomyces属などの珍菌の写真が載る。

Fungal Diversity Research Series 既刊
2013年10月8日からの訪問者数
プロフィール

佐野書店 佐野悦三

最近の記事
ブログ内検索
カテゴリー
月別アーカイブ
リンク
RSSフィード