北米、カワムラジンガサタケ属

Phaeocollybia_of_Pacific_Northwest.jpg
Norvell, Lorelei L. & Ronald L. Exeter (2009)
「Phaeocollybia of Pacific Northwest North America」
(北米北西部太平洋側のカワムラジンガサタケ属) 

アメリカ内務省国土管理局サレム地域局
本体11,170円+税、送料レターパック、納期 1週間(在庫2冊)
英語。21.6x29.9cm。227ページ。微分干渉顕微鏡写真、顕微鏡図、原色標本写真多数。ペーパーバック。
カワムラジンガサタケ属Phaeocollybia
 カワムラジンガサタケ属Phaeocollybiaをご存知だろうか。今関六也・本郷次雄(1987)原色日本新菌類図鑑(保育社)では、フウセンタケ科に属すが被膜を欠き、モリノカレバタケ型子実体、通常いちじるしい偽根を有し、胞子はいぼ状~点状の突起におおわれ、胞子盤を欠くという特徴を持つ、とある。なかでも非常に長い偽根が特徴となっている。同書には、日本には2種が知られ、さらに2・3種は産すると思われる、とある。池田良幸(2005)北陸のきのこ図鑑(橋本確文堂)にはカワムラジンガサタケP. cf lugubris(P. festivaは傘表面がゼラチン化しないが本種は傘表面がゼラチン化するので学名変更)と、未記載種タカネナメニセムクエタケ(仮称)の2種を載せる。このように日本ではカワムラジンガサタケ属はほとんど知られていない。
本書の内容
 米国の北西部太平洋側、カリフォルニア州、アイダホ州、ワシントン州、オレゴン州、さらにカナダのブリティッシュコロンビア州などの諸州に分布するカワムラジンガサタケ属25種を、検索表、原色生態写真、胞子や組織の微分干渉顕微鏡写真などを付け詳細に解説する。既知の全種のリストと分布、成長と生態、近縁属との関係、種内の無根の系統樹、主要な分類形質の解説など、最新の情報を網羅する。
日本のカワムラジンガサタケ属はもっと多い
本書によればカワムラジンガサタケ属Phaeocollybiaはアフリカ大陸を除く世界に79種(疑問種1種含む)が知られ、インドを含むアジアでは9種産することが知られている。日本には前述のように2・3種しか見つかっていない。探せばもっとたくさんの種が見つかるのではなかろうか。

米国北西部太平洋側のホウキタケ属

Ramaria_of_Pachofic_Northwestern.jpg


Exeter, Ronald L., Lorelei Norvell & Efren Cazares (2006)
Ramaria of the Pacific Northwestern United States
(米国北西部太平洋側のホウキタケ属)

8%税込価格5,490円、送料360円、納期 1週間(在庫3冊
アメリカ内務省国土管理局サレム地域局 
英語。21.6x29.9cm。157ページ。原色写真多数。ペーパーバック。
“ホウキタケ属に興味のある方に必携”


 米国の北西部太平洋側、カリフォルニア州、アイダホ州、ワシントン州、オレゴン州などの諸州に分布するホウキタケ属85種・変種・品種を多数の原色写真・検索表を付け詳細に解説する。遺伝子分析に基づく系統関係もGiachini, A.J. (2004) Systematics, phylogeny, and ecology of Gomphus sensu lato [PHD Dissertation]までの最新の情報を考慮する。本書により新種Ramaria rasilisporoidesが記載された。
 付録に、①)赤色のホウキタケの形質比較表、②柄の上部に黄色の帯があるLaeticolora亜属の形質比較表、③クランプのないLaeticolora亜属対、クランプのあるLaeticolora亜属とRamaria亜属の形質比較表。④Marr & Stuntz (1973)のLaeticolra亜属と、⑤Ramaria亜属の種への検索表、⑥Ronald H. Petersen & Catherine Scates (1988)の春のLaeticolra亜属の種への検索表など、同定に役立つ資料が満載だ。

ホウキタケ属文献:
『Les Ramaria Europeennes』 (ヨーロッパのホウキタケ属)
『Intoroduzione allo studio del genera Ramaria in Europa』 Fungi Non Delineati Pars 16 、(ヨーロッパ産ホウキタケ属研究序説, Fungi Non Delineati 第16巻)
『Die Gattung Ramaria in Deutschland』 (ドイツのホウキタケ属)
『Ramaria of the Pacific Northwestern United States』(米国北西部太平洋側のホウキタケ属)
『A Monograph of Clavaria and Allied Genera』 (シロソウメンタケ属およびその関連属モノグラフ)
『Supplement to “A Monograph of Clavaria and Allied Genera”』 (シロソウメンタケ属およびその関連属モノグラフ 続編)

The Agarics of Sao Paolo

在庫が1冊しかありませんが、ご案内します。(以前にもご案内しました)
The_Agarics_of_Sao_Paolo.jpg
Pegler, D.N. (1997)
The Agarics of Sao Paolo
(ブラジル、サンパウロ州のハラタケ類)

Royal Botanic Gardens Kew
8%税込 5,740円、送料215円(ゆうメール)、納期 1週間(在庫1冊
英語。24.5x15.5cm。70ページ。ソフトバック。
ブラジル、サンパウロ州のハラタケ類94属を検索表形式で記載する。
アガリクス・ブラゼイ(Agaricus blazei)は載っているかな?(答え:載っていません)

Hydropusニセアシナガタケ属

FloraNeoptropica32.jpg
Flora Neotropica Monograph Number 32
Singer, Rolf (1982)
「Hydropus (Basidiomycetes-Tricholomataceae-Myceneae)」
(ニセアシナガタケ属、担子菌類―キシメジ科―タクヌギタケ亜連)

The New York Botanical Garden 
8%税込4,920円、送料164円(メール便)、納期1週間(在庫1冊
英語。18.0x25.5cm。153ページ。巻末25ページに顕微鏡図と外形図(ただし線画)。ペーパーバック。
 中米・南米にわたる新熱帯区に産するHydropus(ニセアシナガタケ属)89種・変種を詳述する。うち新種記載は38、新変種記載は13、新組合せは4に達する。日本の本郷図鑑には3種、池田「北陸のきのこ図鑑」にはspを含め3種しかない。本書でさがせば多数の日本新産種が見つかる可能性がある。
2015年1月20日現在のAmazon.jpの価格は新品16,360円+送料257円

Omphalinaeヒダサカヅキタケ亜連

FloraNeotropica3__4_5.jpg
Flora Neotoropica Monograph No. 3・4・5
Singer, Rolf 1970 (Reprint.1986)
「Omphalinae (Clitocybeae - Tricholomataceae)」 (ヒダサカヅキタケ亜連(カヤタケ連 - キシメジ科))
「Phaeocollybia (Cortinariaceae Basidiomycetes)」(カワムラジンガサタケ属(フウセンタケ科担子菌綱))
「Storobilomycetaceae (Basidiomycetes)」(オニイグチ科(担子菌綱))

The New York Botanical Garden
8%税込4,860円、送料164円(メール便)、納期1週間(在庫2冊
英語。17.5x25.5cm。84+13+34ページ。ペーパーバック。本文中に線画。
新熱帯区植物誌の第3巻、第4巻、第5巻の三つを1冊にまとめて出版された。著者はいずれもSinger先生。第3巻はカヤタケ科ヒダサカヅキタケ亜連11属62種を記載。第4巻はカワムラジンガサタケ属4種を記載。第5巻はオニイグチ科4属13種を記載。新種記載もある。これらの分類群に興味を持つ方は必携。
2015年1月20日現在のAmazon.jpの価格、新品7373円+送料257円

アイダホ州と西北太平洋岸のきのこ第1巻、盤菌類

販売終了しました。
Mushrooms_of_Idaho_Vol1_Disco.jpg
Tulutki E.D. (1979)
「Mushrooms of Idaho and The Pacific Northwest Vol. 1. Discomycetes」
 (アイダホ州と西北太平洋岸のきのこ 第1巻、盤菌類)
 
University of Idaho Press (アイダホ大学出版部)
参考8%税込価格1,700円、送料300円、販売終了しました
英語。13.5x21.0cm。133ページ。 本文中に白黒写真。ペーパーバック
チャワンタケの仲間やアミガサタケ、ピンタケがなど含まれる盤菌類合計116種を解説する。
綱から目、目から科、科から種へのそれぞれの検索表を完備する。きのこの写真はコストを抑えるためか白黒である。顕微鏡写真はないが顕微鏡的形質のやや詳しい説明がある。
きのこの名前は、英語の通称名が先、学名があとで、一見入門書風だが、内容は大変しっかりしている。地下生菌では、Geopora cooperi, Hydnotrya cerebriformis, Elaphomyes granulatusおよび半地下生のチャワンタケSarcosphaera crassaの4種が載っている。著者はアイダホ大学名誉準教授。 

Mushrooms of North America in Color

売れました
Mushrooms_of_North_America_in_Color.jpg
Alan E. Bessete, Orson K. Miller, Jr., Arlee R. Bessete & Hipe H. Miller (1995)
「Mushrooms of North America in Color A Field Guide Companion to Seldom-Illustrated Fungi]
(ほとんど紹介されたことのない珍しいきのこの原色北米菌類図鑑)

Syracuse University Press (シラキュース大学出版部)
参考価格8%税込2,420円、送料300円、売れました。追加入手はありません。
英語。13x21.5cm。172ページ。74原色写真。ハードバック。
本図鑑で初めて図示紹介されることになる珍しいきのこを原色写真とともに解説。
Amanita armillaiiformis, Amanita wellsii, Boletus pulverulentus, Boletus roxanae, Suillus albivelatus, Cortinarius mutabilis, Inocybe pudica, Hygrophorus marzuolus, Laccaria amethystina, Ramaria stuntzii, Pluteus petasatus, Leucopholiota decorasa, Mycena pelianthina, Tricholoma pullum, Lactarius alachuanus var. alachuanus, Bovista radicata, Gyromita sphaerospora, Wynnea americanaなど74種・品種を、1種につき2ページを使い詳細解説。

シロキクラゲ目

1971年出版のオリジナルと1980年出版のSupplementとをセットでお求めなることをお勧めします。
Tremellales.jpg
Lowy, Bernard (1971)
「Tremellales」(シロキクラゲ目)
Flora Neotoropica Monograph No. 6.

The New York Botanical Garden
在庫切れ中
英語。18.0x25.5cm。153ページ。ペーパーバック。顕微鏡図多数。分布図・白黒生態写真あり。 
「新熱帯区植物誌第6巻」として出版された本書は、新大陸熱帯地方に分布する異型担子菌綱シロキクラゲ目のモノグラフ。8科40属148種を詳細記載する。

Lowy, Bernard (1980)
「Tremellales-Supplement」(シロキクラゲ目補遺)
Flora Neotoropica Monograph No. 6 Supplement

The New York Botanical Garden
在庫切れ中
英語。18.0x25.5cm。18ページ。ペーパーバック。
1971年のオリジナル出版以降発見された新種の記載と改訂された検索表を載せる。オリジナル以降採集された標本により広がった分布を記載する。

テーマ : オススメの本の紹介
ジャンル : 本・雑誌

Stereum s.l.

Flora_Neotropica_106_Sterum s.l.
Flora Neotoropica Monograph No. 106
Welden, Arthur. L. (2010)
Stereum s.l. (広義のキウロコタケ属)

The New York Botanical Garden Press
在庫切れ中
英語、17.8x25.3cm、79ページ、線画・分布図、ペーパーバック
 Stereum キウロコタケ属は、Russulales ベニタケ目Stereaceaeキウロコタケ科に属する木材腐朽菌。世界に広く分布し27種を数える(Dictionary of The Fungi 10th Edition)。
 本書は、アメリカ大陸新熱帯区に産する広義のStereum キウロコタケ属の仲間、13属63種を検索表・分布図・線画を付け詳細に記載する。うち新組合せは7。

他のStereum文献:
(1)Ryvarden, Leif (2011) 「Stereoid fungi of America」 (アメリカのウロコタケ型の菌類), Synopsis Fungorum 28
(2)Chamuris, George P. (1988) 「The non-stipitate steroid fungi in the northeastern United States and adjacent Canada」 (米国北東部および隣接カナダの無柄のウロコタケ型の菌類), Mycological Memoir No. 14.

Marasmieaeホウライタケ連

Marasmieae.jpg
Singer, Rolf (1976)
Marasmieae (Basidiomycetes - Tricholomataceae)
(ホウライタケ連《担子菌類 - キシメジ科》)

Flora Neotoropica Monograph No. 17. The New York Botanical Garden Press.
在庫切れ中
英語。17.5x25.5cm。348ページ。ペーパーバック。
Oudemansiellinae(ツエタケ亜連)を除く、アメリカ大陸熱帯地方に産するホウライタケ連12属322種を詳細記載する。新種記載も多くある。巻末には13ページにわたり、お世辞にもうまいとはいえない、Singer氏が描く掲載種の線画がある。最終ページはSinger氏の肖像写真と経歴に当てられている。本書はユネスコの援助を得て「新熱帯区植物誌第17巻」として出版された。
2013年10月8日からの訪問者数
プロフィール

佐野書店 佐野悦三

最近の記事
ブログ内検索
カテゴリー
月別アーカイブ
リンク
RSSフィード