北米の子嚢菌きのこ

在庫切れ
北米産子嚢菌きのこの初めての専門図鑑
Ascomycete_Fungi_of_Noert_America.jpg Ascomycete_Fungi_of_Noert_America2.jpg Ascomycete_Fungi_of_Noert_America4.jpg Ascomycete_Fungi_of_Noert_America5.jpg
(左から、表紙、Gyromitra melaleucoides/G. montana, Tuber shearii,T. canaliculatum/T. gibbosum )
Beug, Michael W., Alan E. Bessette, Arleen R. Bessette (2014)
「Ascomycete Fungi of North America」 (北米の子嚢菌きのこ)

University of Texas Press
参考8%税込価格 11,410円、送料ゆうぱっく、在庫切れ
英語、488ページ、原色写真多数、ハードカバー
 北米産子嚢菌きのこの初めての専門図鑑。米国およびカナダに産する子嚢菌きのこ600種以上を843枚の原色写真を使って詳細に解説する。その大部分は本書により原色写真で初めて紹介されるきのこだ。種の同定に便利な検索表も付く。
 Chorioactis geaster(キリノミタケ)にも1ページを割く。冬虫夏草の仲間(Akathomyces, Elaphocordyceps, Ophiocordyceps)は10種を原色写真付きで解説。
地下生菌も充実しており、地下生菌好きの方にも大いにおすすめ
目次:
1 Introduction: Ascomycota
2 Key to Included Ascomycetes
3 Hypogenous Ascomycetes*(地下生子嚢菌)
4 Pezizomycetes
5 Sordariomycetes
6 Leotiomycetes
7 Eurotiomycetes
8 Geoglossaceae
9 Neolectomycetes
10 Orbiliomycetes
11 Dothideomycetes
12 Taphrinomycotina
Gloosary
References
Photo credit
Index to common names
Index to scientific names
 *地下生菌は、Balsamia 2種、Choiromyces 1種、Elaphmyces 3種、Genabea 1種、Genea3種、Geopora 2種、Gilkeya 1種、Hydnobolites 1種、Hydnotrya 3種、Imaia 1種、 Leucangium 1種、Pachyphloeus2種、Tuber5種、合計13属26種を原色写真をつけ詳細に解説。

タラマンカ山脈のきのこ

申し訳ありません。在庫切れです。
Common_Mushrooms_of_the_Talamannca_Mountains.jpg
Halling, R.E.. & G.M. Mueller (2005)
Common Mushrooms of the Talamanca Mountains, Costa Rica.
(コスタリカ、タラマンカ山脈の一般的なきのこ)

Memoirs of the New York Botanical Garden Vol. 90
参考8%税込み4,620円、送料180円、在庫切れ
(テングタケ属やイグチの仲間に興味を持つ方には必携)
英語。27x23.5cm。195ページ。原色図多数。スパイラルバウンド。
タラマンカ山脈は中米、コスタリカ中部にある長さ300kmにわたる山脈である。3千メートル級の山々があり、標高2000メートルまでは熱帯雨林、2000メートルから3000メートルはコナラ属が優先する冷涼多湿な熱帯山地林になっている。
本書は、この熱帯山地林に産する菌根菌を中心に10科101種を美麗な原色写真とともに詳細に解説する。掲載種数は少ないが、検索表もあり、本格的な図鑑の体裁になっている。
菌根菌は67種に及び、イグチの仲間(26種)やテングタケ属(8種)、キツネタケ属(6種)が多い。common (一般的・普通の)と題されているが、Amanita conara, A. costaricensis, A. talamancae, Leccinum monticola, L. neotropicalis, L. talamancaeなど、多くは特産種である。一方、Xerula hispidaなど、特産種として発表されたが、後に東アジアにも分布することがわかった種も載っている。

アンデス山脈のテングタケ属

売れました
Studies_on_Amanita.jpg
Tullos,R.E., Ovrebo, C.L. & Hallimg, R.E. (1992)
「Studies on Amanita (Amanitaceae) from Andean Colombia 」
(コロンビア、アンデス山脈のテングタケ属研究)

Memoirs of The New York Botanical Garden Vol. 66.
参考8%税込み4,620円、送料180円、在庫切れ
英語。17x25.5cm。46ページ、そのうち白黒写真4ページ。本文中線画多数。 ペーパーバック。
 中米コロンビアのアンデス山脈地域に産するテングタケ属11種・2変種を詳細記載する。そのうち9種・2変種は本書により新種記載された。テングタケ属研究には必携。

北米のキシメジ属

在庫切れになりました
Tricholomas_of_North_America.jpg Tricholomas_of_North_America4.jpg Tricholomas_of_North_America2.jpg Tricholomas_of_North_America3.jpg
(写真左から:表紙、Tricholoma transmutans, T. equestre;日本のキシメジに相当, T. myomyces;ハマシメジ)
Bessette, Alan E.., Arleen R. Bessette, William C. Roody & Steven A. Trudell (2013)
「Tricholomas of North America: A Mushroom Field Guide」
(北米のキシメジ属:きのこフィールドガイド)
、University of Texas Press
参考8%税込 3,950円、送料170円(クリックポスト)、在庫切れ

英語、17.9x25.4cm、8+200ページ、原色写真多数、ソフトカバー
米国では初めてのキシメジ属専門図鑑。出版時の最新の情報をもとに、米国とカナダに産する40種を超えるキシメジ属を、170を超える原色写真をつけ、詳細に解説する。
T. matsutakeマツタケ:
T. matsutakeマツタケは北米には産しないといわれており、種の解説にはない。が、日本では高級食用きのこのため、色の白いアメリカ版まつたけT. magnivelareにも法外な値段がつくそうだ。また、T. caligatumは、米国産では食評価が大変おいしいから食不適まで大きく分かれているので、複数種が含まれている可能性があり、非常においしいと評価されるロッキー山脈南部産T. caligatumの中には本物のT. matsutakeマツタケもあるのではないか、と書かれている。
T. equestre 日本のキシメジに相当:
T. equestre(T. flavovirensはsynonym)いわゆるキシメジは、米国でも古くから優れた食菌とされてきた。しかし、2001年フランスの致命的食中毒が報告され、ポーランドでも同様事態が発生した。米国産の本種では食中毒が発生したことはないが、食用にしないよう著者たちは勧告している。種の解説では、分子遺伝学的に複数種が含まれている可能性を示唆する。

他のキシメジ属文献:
(1) 「The genus Tricholoma, Fungi of Northern Europe Vol. 4」、(キシメジ属、北欧の菌類第4巻)、2013
(2) 「Funga Nordica; Agaricoid, boletpid, clavarioid, cyphelloid and gasteroid genera, 2nd edition」 (北欧の菌類、第2版)、2012
(3) 「The Genus Tricholoma in Britain」(英国のキシメジ属)、2012
(4) 「Fungi Europaei Vol. 3 Tricholoma (Fr.) Staude」 (ヨーロッパの菌類第3巻 キシメジ属)、2003
(5) 「Fugi of Switzerland Vol. 3 Boletes and agarics 1st part」 (スイス菌類図鑑第3巻 イグチ類・ハラタケ類第1部)、1991
(6) 「Flora Agaricina Danica」 (デンマークの菌類フロラ)、1935-40

The Agarics of Sao Paolo

在庫が1冊しかありませんが、ご案内します。(以前にもご案内しました)
The_Agarics_of_Sao_Paolo.jpg
Pegler, D.N. (1997)
The Agarics of Sao Paolo
(ブラジル、サンパウロ州のハラタケ類)

Royal Botanic Gardens Kew
8%税込 5,740円、送料215円(ゆうメール)、納期 1週間(在庫1冊
英語。24.5x15.5cm。70ページ。ソフトバック。
ブラジル、サンパウロ州のハラタケ類94属を検索表形式で記載する。
アガリクス・ブラゼイ(Agaricus blazei)は載っているかな?(答え:載っていません)

Hydropusニセアシナガタケ属

FloraNeoptropica32.jpg
Flora Neotropica Monograph Number 32
Singer, Rolf (1982)
「Hydropus (Basidiomycetes-Tricholomataceae-Myceneae)」
(ニセアシナガタケ属、担子菌類―キシメジ科―タクヌギタケ亜連)

The New York Botanical Garden 
8%税込4,920円、送料164円(メール便)、納期1週間(在庫1冊
英語。18.0x25.5cm。153ページ。巻末25ページに顕微鏡図と外形図(ただし線画)。ペーパーバック。
 中米・南米にわたる新熱帯区に産するHydropus(ニセアシナガタケ属)89種・変種を詳述する。うち新種記載は38、新変種記載は13、新組合せは4に達する。日本の本郷図鑑には3種、池田「北陸のきのこ図鑑」にはspを含め3種しかない。本書でさがせば多数の日本新産種が見つかる可能性がある。
2015年1月20日現在のAmazon.jpの価格は新品16,360円+送料257円

Omphalinaeヒダサカヅキタケ亜連

FloraNeotropica3__4_5.jpg
Flora Neotoropica Monograph No. 3・4・5
Singer, Rolf 1970 (Reprint.1986)
「Omphalinae (Clitocybeae - Tricholomataceae)」 (ヒダサカヅキタケ亜連(カヤタケ連 - キシメジ科))
「Phaeocollybia (Cortinariaceae Basidiomycetes)」(カワムラジンガサタケ属(フウセンタケ科担子菌綱))
「Storobilomycetaceae (Basidiomycetes)」(オニイグチ科(担子菌綱))

The New York Botanical Garden
8%税込4,860円、送料164円(メール便)、納期1週間(在庫2冊
英語。17.5x25.5cm。84+13+34ページ。ペーパーバック。本文中に線画。
新熱帯区植物誌の第3巻、第4巻、第5巻の三つを1冊にまとめて出版された。著者はいずれもSinger先生。第3巻はカヤタケ科ヒダサカヅキタケ亜連11属62種を記載。第4巻はカワムラジンガサタケ属4種を記載。第5巻はオニイグチ科4属13種を記載。新種記載もある。これらの分類群に興味を持つ方は必携。
2015年1月20日現在のAmazon.jpの価格、新品7373円+送料257円

アイダホ州と西北太平洋岸のきのこ第1巻、盤菌類

販売終了しました。
Mushrooms_of_Idaho_Vol1_Disco.jpg
Tulutki E.D. (1979)
「Mushrooms of Idaho and The Pacific Northwest Vol. 1. Discomycetes」
 (アイダホ州と西北太平洋岸のきのこ 第1巻、盤菌類)
 
University of Idaho Press (アイダホ大学出版部)
参考8%税込価格1,700円、送料300円、販売終了しました
英語。13.5x21.0cm。133ページ。 本文中に白黒写真。ペーパーバック
チャワンタケの仲間やアミガサタケ、ピンタケがなど含まれる盤菌類合計116種を解説する。
綱から目、目から科、科から種へのそれぞれの検索表を完備する。きのこの写真はコストを抑えるためか白黒である。顕微鏡写真はないが顕微鏡的形質のやや詳しい説明がある。
きのこの名前は、英語の通称名が先、学名があとで、一見入門書風だが、内容は大変しっかりしている。地下生菌では、Geopora cooperi, Hydnotrya cerebriformis, Elaphomyes granulatusおよび半地下生のチャワンタケSarcosphaera crassaの4種が載っている。著者はアイダホ大学名誉準教授。 

Mushrooms of North America in Color

売れました
Mushrooms_of_North_America_in_Color.jpg
Alan E. Bessete, Orson K. Miller, Jr., Arlee R. Bessete & Hipe H. Miller (1995)
「Mushrooms of North America in Color A Field Guide Companion to Seldom-Illustrated Fungi]
(ほとんど紹介されたことのない珍しいきのこの原色北米菌類図鑑)

Syracuse University Press (シラキュース大学出版部)
参考価格8%税込2,420円、送料300円、売れました。追加入手はありません。
英語。13x21.5cm。172ページ。74原色写真。ハードバック。
本図鑑で初めて図示紹介されることになる珍しいきのこを原色写真とともに解説。
Amanita armillaiiformis, Amanita wellsii, Boletus pulverulentus, Boletus roxanae, Suillus albivelatus, Cortinarius mutabilis, Inocybe pudica, Hygrophorus marzuolus, Laccaria amethystina, Ramaria stuntzii, Pluteus petasatus, Leucopholiota decorasa, Mycena pelianthina, Tricholoma pullum, Lactarius alachuanus var. alachuanus, Bovista radicata, Gyromita sphaerospora, Wynnea americanaなど74種・品種を、1種につき2ページを使い詳細解説。

シロキクラゲ目

1971年出版のオリジナルと1980年出版のSupplementとをセットでお求めなることをお勧めします。
Tremellales.jpg
Lowy, Bernard (1971)
「Tremellales」(シロキクラゲ目)
Flora Neotoropica Monograph No. 6.

The New York Botanical Garden
在庫切れ中
英語。18.0x25.5cm。153ページ。ペーパーバック。顕微鏡図多数。分布図・白黒生態写真あり。 
「新熱帯区植物誌第6巻」として出版された本書は、新大陸熱帯地方に分布する異型担子菌綱シロキクラゲ目のモノグラフ。8科40属148種を詳細記載する。

Lowy, Bernard (1980)
「Tremellales-Supplement」(シロキクラゲ目補遺)
Flora Neotoropica Monograph No. 6 Supplement

The New York Botanical Garden
在庫切れ中
英語。18.0x25.5cm。18ページ。ペーパーバック。
1971年のオリジナル出版以降発見された新種の記載と改訂された検索表を載せる。オリジナル以降採集された標本により広がった分布を記載する。

テーマ : オススメの本の紹介
ジャンル : 本・雑誌

2013年10月8日からの訪問者数
プロフィール

佐野書店 佐野悦三

最近の記事
ブログ内検索
カテゴリー
月別アーカイブ
リンク
RSSフィード