2011年4月文献案内

2011年4月文献案内

MilkMushrooms_of_NorthAmerica.jpg
1.“新刊”
Bessette, Alan E., David B. Harris & Arleen R. Bessete (2009)
「Milk Mushrooms of North America. A field Identification Guide to the Genus Lactarius」
(北米のチチタケ類。チチタケ属フィールド同定ガイド)
, Syracuse University Press
価格10,570円、納期1週間以内(小部数在庫)。
英語、18.5x26.08+204ページ、うち原色写真86ページ、ハードカバー。
 北米に産する150種・変種を越えるチチタケ属を250以上の原色写真、検索表をつけ詳細に解説する。顕微鏡図はないが文章で顕微鏡的形質も解説する。検索表は、分布する種に違いがあるらしく北米東部用と西部用の二つに分ける。美しい紫色のLactarius indigoルリハツタケは、var indigoとvar diminutivusの2変種を載せ、それぞれの変種に色の濃淡やかさの縞模様の異なる3つの子実体の原色写真を載せ同一変種であっても変異に幅のあることを示す。チチタケ属関連属菌として地下生のZelleromyces 2種、地下生および半地下生のArcangeliella 3種、多孔菌によく似たBondaezewia 1種を解説する。チチタケ属に寄生するHypomyces 1種、Asterophora 1種も解説する。
北米には250以上の種・変種・品種が産することが報告されているそうだ。本書はその6割を収載する専門図鑑であり、この分類群に興味をお持ちの方には必携の文献。

Fungus_Flora_of_Tropical_AfricaVol2.jpg
2.“新刊”
Fungus Flora of Tropical Africa Vol. 2,
Verbeken, Annemieke & Ruben Walleyn (2010)
「Monograph of Lactarius in Tropical Africa」
(熱帯アフリカ産チチタケ属モノグラフ)

National Botanic Garden of Belgium 
価格 9,290円、納期1週間以内(在庫)。
英語、A4版、161ページ+原色図版54ページ。本文中に顕微鏡図多数。ペーパーバック。
 熱帯アフリカに産するチチタケ属17節96種2変種を検索表、原色図版、顕微鏡図をつけ詳細に解説する。最初にチチタケ属の同定に必要な形質を詳しく説明し、その後、98分類群を詳細に記載する。
 最近のベニタケ科の分子系統解析の示すところ(Buyck et al. 2008*)によれば、チチタケ属が多系であることが分かった。さらに、北米に産するチチタケ属の一種、Lactarius furcatusとベニタケ属の日本にも産するRussula ochricompactaウスゲツチイロタケ、およびR. zonariaの3種が同一クレードに入ることが分かり、これら3種を含む新属Murtifurcaが提案された。このようにチチタケ属とベニタケ属とを分ける境界があいまいになってきた。
 *Buyck B., Hofstetter V., Eberhardt U., Verbelkn A. & Kauf F. (2008) Walking the thin line between Russula and Lactarius: the dilemma of Russula subsect. Ocriocompactae. Fungual Diversity 28: 15-40.

Fungus Flora of Tropical Africaの既刊
2-1.Fungus Flora of Tropical Africa Vol. 1
Antonin, Vladimir (2007)
「Monograph of Marasmius, Gloiocephala, Palaeocephala and Setulipes in Toropical Africa」(熱帯アフリカ産ホウライタケ属、グロイロケファーラ属、パラエオケファーラ属およびセテュリペス属)
 
価格 9,290円、納期1週間以内(在庫1冊)。
英語、A4版、本文177ページ+原色図版19ページ。本文中に顕微鏡図。ペーパーバック。
 2009年10月文献案内で紹介。Marasmiusホウライタケ属102種・変種、Gloiocephalaグロイロケファーラ属7種、Palaeocephalaパラエオケファーラ属1種、Setulipesセテュリペス属7種を、検索表、原色図、顕微鏡図をつけ詳細に記載する。

入手可能な他のチチタケ属の文献
2-2. Fungi Europaei Vol. 7,
Basso, M.T. (1999)
「Lactarius Pers.」(ヨーロッパの菌類第7巻、チチタケ属)
、Mykoflora
価格14,400円、納期1週間以内(小部数在庫) 
 ヨーロッパ産チチタケ属全種を多数の原色写真、顕微鏡図、検索表をつけ詳細に解説するお勧めの専門図鑑。

2-3.Fungi of Northern Europe Vol. 2,
Heilmann-Clausen, J., A. Verbeken & J. Vesterholt (1998)
「The genus Lactarius」 (北欧の菌類第2巻 チチタケ属)
、 SVAMPETRYK 
価格7,340円、納期1週間以内(小部数在庫) 
 北欧産チチタケ属を原色写真、顕微鏡図を付け解説する。

2-4.“古書” Hesler, L.R. & A.H.Smith (1979)
「North American Species of Lactarius」(北米のチチタケ属の種)

University of Michigan Press
価格28,000円、納期1週間以内(在庫1冊)

SynopsisFungorum28.jpg
3.“新刊”
Ryvarden, Leif (2011)
「Stereoid fungi of America」 (アメリカのウロコタケ型の菌類) 
Synopsis Fungorum 28
,
FungiFlora, Oslo, Norway。
価格7,080円、納期1週間(在庫)。
英語、14.7x20.5cm。206ページ。顕微鏡図多数。ペーパーバック。
 アメリカ大陸に産するウロコタケ型の菌類35属105種を記載する。うち1種は新種。2種に新組み合わせを提案。65種には白黒顕微鏡図をつける。
 Stereumキウロコタケ属は近年の遺伝子分析により多系であることがわかった。進化の系統にしたがって分類するという考え方にも基づけば当然、属を分割しなければならない。しかし、Ryvarden先生はそうは考えない。進化の系統にしたがったアカデミックな分類と実用的な分類の二つがあってもいいと考える。本書はこのような考え方にもとづき書かれた。

MycologicalMemoirs14.jpg
4.“新紹介” 
Mycological Memoir No. 14.
Chamuris, George P. (1988) 
「The non-stipitate steroid fungi in the northeastern United States and adjacent Canada」 
(米国北東部および隣接カナダの無柄のウロコタケ型の菌類)
, J. Cramer
価格 7,040円(税込み)、送料350円(レターパック350) 納期1週間以内(在庫)。
英語。15.0x23.4cm。247ページ。本文中に顕微鏡図、白黒外形写真、分布図。ハードカバー。
 カナダ側を含む北米北東部の無柄のウロコタケ型の菌類を、検索表、白黒外形写真、顕微鏡図、分布図を付け詳細に記載する。番号3のRyvarden先生の最新の著書「Stereoid fungi of America」 (アメリカのウロコタケ型の菌類) Synopsis Fungorum 28にも参考文献としてあげる。

5.Mycotaxon Vol. 113 July - September 2010
価格 7,720円、送料350円(レターパック350)、納期1週間以内(小部数在庫)。
英語。15.2x22.9cm。6+526ページ。ペーパーバック。
 毎回、新種記載など分類関係の報文満載。この巻の佐野の注目は以下。
 Two Oudemansiella species with echinulate basidiospores from South America with O. macracantha lectotypified, pp.119-127. Phaeocollybia purpurea (Cortinariaceae), a new species from Wuyishan, China., pp 423-430. Tylopilus oradivensis sp. nov.: a newly described member of the Tylopilus balloui complex from Coata Rica. pp475-483.
なお 本巻のBook Reviews and Noticesには竹橋誠司ほか著(2010)「北海道産ハラタケ類の分類学的研究」の大変好意的な書評が載っている。竹橋さん、やりましたね!
備考:Mycotaxonは2011年発行分から全面的に電子版に移行する。
2013年10月8日からの訪問者数
プロフィール

佐野書店 佐野悦三

最近の記事
ブログ内検索
カテゴリー
月別アーカイブ
リンク
RSSフィード