小アンティル諸島のハラタケ類フロラ

“絶版書!”
Agaric_Flora_of_the_Lesser_Antilles.jpg
Pegler, David N. (1983)
「Agaric Flora of the Lesser Antilles」 (小アンティル諸島のハラタケ類フロラ)
kew Bulletin Additional Series 9

Her Majesty's Stationary Office
価格 29,450円(税込み)、送料500円(レターパック500)、納期1週間以内(在庫1冊)
英語。15.6x24.6cm。。668ページ、うち129ページ分の線画。別に27ページの原色図版。ペーパバック。
 小アンティル諸島the Lesser Antillesは、カリブ海の東端から東南端にかけて分布する島々からなり、西インド諸島・アンティル諸島の一部をなす。島々は北緯10度から20度にかけて分布し、多くは火山島で熱帯性の気候である。低地にはサトウキビ畑やバナナ畑が広がるが、山地には豊かな自然が残っている。諸島の真ん中に位置するドミニカ島は「カリブ海の植物園」とも呼ばれ、島南部には世界遺産に指定されたモゥーン・トワ・ピトン国立公園がある。
 本書は、この小アンティル諸島に分布するハラタケ類18科106属457種を検索表、白黒外形図・顕微鏡図、巻末の原色写真を付し、詳細に解説する。
 本書で1新属Inopilusが提案され、70新種が記載された。また39新組合せが提案された。ハラタケ類の新種記載が70に及ぶ重要文献。
2013年10月8日からの訪問者数
プロフィール

佐野書店 佐野悦三

最近の記事
ブログ内検索
カテゴリー
月別アーカイブ
リンク
RSSフィード