ブルガリアの食用キノコ・毒キノコ

“売れました” (2011年3月24日)
“古書。新本を2002年4月文献案内で一度紹介”
Mushrooms_of_Bulgaria.jpg
Vanev, Fakirova & Jordanov(1998)
「The edible and poisonous mushrooms of Bulgaria 」
(ブルガリアの食用きのこ・毒きのこ)

ロシア語、学名付き、17x24.5cm。320ページ、177原色図、ハードカバー
参考価格 7,300円(税込み)、送料350円(レターパック350)、“売れました”  
 ブルガリアに産する食用のきのこと毒きのこ合計177種が原色図とともに解説されている。すばらしい図版で有名な「Fungi of Southern Australia」(絶版)に体裁が似て、見開きの2ページを使い、右ページ゙にはきのこの原色水彩画を、左ページには解説文をロアシア語で載せる。1ページの下2/3を原色図版にあて、上1/3を解説に当てている部分もある。特徴をきちんと捕らえている原色図は、印刷技術のせいもあって緻密さでは前述書には若干及ばない。図版が中心で学名もあるのでロシア語の解説は読めなくともそれほど苦にならない。簡単に入手できそうもない図鑑なので1冊お持ちになってはどだろうか。
2013年10月8日からの訪問者数
プロフィール

佐野書店 佐野悦三

最近の記事
ブログ内検索
カテゴリー
月別アーカイブ
リンク
RSSフィード