The Amanitaceae of India

“在庫切れ” 
“古書。2002年11月の紙の文献案内で一度紹介”
 テングタケ属に興味を持つ方には必携の文献と思います。
The_Amanitaceae_of_India.jpg
Ashok Kumar, R.P. Bhatt & T.N. Lakhanpa (1990)
「The Amanitaceae of India」 (インドのテングタケ科)

Bishen Singh mahegra Pal Singh. Dehara Dun, India.
“在庫切れ” 
英語。16.8x25.4cm。10+160ページ。白黒図版18。ハードカバー。
 インド産Amanitaテングタケ属25種・変種(うち8種はインド産標本で新種記載された種)をモノクロの外形図・顕微鏡図と共に詳細解説する。
 主要記載種:A. alboccosa*, A. berkleyi*, A. bharatensis*, A. caesarea, A. ceciliae, A. emilii, A. eriophora, A. flavoconia, A. fritillaria, A. fulva, A. fulvaurantia*, A. gemmata, A. indica*, A. muscaria var. flavivolvata, A. muscaria var. muscaria, A. orsonii*, A. pantherina, A. pantharina var. velatipes, A. rubescens, A. sampajensis*, A. simlensis*, A. vaginata, A. verna, A. volvata, A. watlingi* 。
2013年10月8日からの訪問者数
プロフィール

佐野書店 佐野悦三

最近の記事
ブログ内検索
カテゴリー
月別アーカイブ
リンク
RSSフィード