古代世界の菌類

Fungi_in_The_Ancient_World.jpg
Dugan, Frank Matthews (2008)
「Fungi in The Ancient World How Mushrooms, Mildews, Molds, and Yeast Shaped the Early Civilizations of Europe, the Mediterranean, and the Near East」
(古代世界の菌類)   
、APS Press(米国植物病理学会出版部)
本体9,390円+税、送料82円(メール便)、納期1週間内(在庫1冊
英語。15.3x22.7cm。140ページ。白黒図18。ペーパーバック。
 菌類は、大昔から良い意味でも悪い意味でも人類にとり重要な役割を果たしてきた。本書は、パン作りや酒造り、菌食、毒きのこや菌類毒、薬や火口としての使用、植物の病原菌としての菌類、など14のテーマを設け、古代世界の人間と菌類とのかかわりを解説する。お堅い米国植物病理学会の出版物らしく、読み物であるにもかかわらず、参考文献リストは完璧。索引もある。文章が主で、図や写真が少ないので、読み通すには忍耐を要するが、菌類の民俗や菌類全般に広く興味を持っている方にお勧め。
2013年10月8日からの訪問者数
プロフィール

佐野書店 佐野悦三

最近の記事
ブログ内検索
カテゴリー
月別アーカイブ
リンク
RSSフィード