『きのこのほん』

“佐野書店での販売は終了しました” 
きのこのほん
保坂健太郎(国立科学博物館)監修、鈴木安一郎(女子美術大学講師)写真
『きのこのほん』 2010年10月、ピエ・ブックス

参考価格2310円(税込み)、“佐野書店での販売は終了しました”
15.0x20.5cm。191ページ。ほとんど全て原色写真ページ。ペーパーッバック、カバー付。
 撮影されたきのこの名前と短文、「きのこの不思議」と題する4ページにわたる保坂先生のきのこの解説、さらに巻末の「きのこに魅せられて」と題する4ページにわたる保坂先生と鈴木先生との対談をのぞいては、すべて原色写真ページの美しいきのこ写真集だ。
 富士山の麓、御殿場にお住まいの鈴木先生は、富士山の森、特にその原始林に生えるきのこに魅せられ、美大の先生らしく構図や色彩、それにフォルムに配慮しながらきのこ写真を撮り続けられている。
 本書は、東西南北で違った表情を持っている富士山で出会ったきのこの写真を、その4つの斜面別に配列し、あたかも鈴木先生と同じように、その場で見ているような気分になれるような本として仕上げられている。
 きのこ写真家として名高い伊沢さんや大作さんのきのこ写真とはまた違った良さのあるきのこ写真である。
2013年10月8日からの訪問者数
プロフィール

佐野書店 佐野悦三

最近の記事
ブログ内検索
カテゴリー
月別アーカイブ
リンク
RSSフィード