キノコ・カビの研究史 

ご注文は「ご注文メールフォーム」からお願いします。
“奇妙な形と生態に惹かれた人々!有史以来の人と菌類の関わりがこの一冊に”
“菌類関係者必読の基本書の一つ!”
きのこカビの研究史
G・C・エインズワース/小川 眞 訳(2010)
『キノコ・カビの研究史 人が菌類を知るまで』

京都大学学術出版会
8%税込定価4,320円(税別定価4000円)、送料サービス、納期約1週 (在庫1冊
14.6x21.4cm。408ページ。
 本書は、版を重ねている G.C. Ainsworth 『Introduction to the History of Mycology』(菌類学の歴史概説)、Cambridge University Press の日本語訳だ。 
「我が国では大勢の先人たちの努力にもかかわらず、未同定種の多さからだけでも、菌学はまだ「未科学」の状態にあるといわざるを得ない。これから研究を志す若い世代に、この領域にはまだ無数の課題と無限の可能性が残されれていることを伝えたいと願って、ー略ー本書の翻訳を試みた。」(訳者あとがきから)
2013年10月8日からの訪問者数
プロフィール

佐野書店 佐野悦三

最近の記事
ブログ内検索
カテゴリー
月別アーカイブ
リンク
RSSフィード