新熱帯区の多孔菌類

Synopsis_Fungorum_19.jpg
Lyvarden, L. (2004)
Neotropical Polypores Part 1 (新熱帯区の多孔菌類 第1部)

Synopsis Fungorum 19
8%税込 6,080円、送料別360円、納期 1週間(在庫2冊
(硬質菌に興味を持つ方は必携)
英語。15x22cm。229ページ。ペーパーバック。白黒図多数。
本書は、Lyvarden先生たちの著者「North American Polypores」(北アメリカの多孔菌類)1986・87(絶版), 「European Polypores」(ヨーロッパの多孔菌類)1993・94, 「East Asian Polypores」(東アジアの多孔菌類)2000・01に続く多孔菌類のモノグラフ。
新熱帯区、地理的にはメキシコ南部からアルゼンチン北部までに分布する多孔菌類を記載する。
本書では、Ganodermataceae(マンネンタケ科)およびHymenochaetaceae(タバコウロコタケ科)を記載する。新熱帯区は、多孔菌類や木材腐朽菌に富み、未記載種も多いようで、Amauroderma(コマタケ属)2新種、Ganoderma(マンネンタケ属)3新種, Phellinus(キコブタケ属)4新種、合計9新種が記載され、3新組合せが提案されている。

Synopsis Fungorumシリーズを含むFungiFlora社出版物(佐野書店原則在庫):
http://sanoshoten.blog13.fc2.com/blog-entry-1007.html
2013年10月8日からの訪問者数
プロフィール

佐野書店 佐野悦三

最近の記事
ブログ内検索
カテゴリー
月別アーカイブ
リンク
RSSフィード