The Genus Lentinus

申し訳ありません。ご案内してすぐに在庫切れになりました。
The_Genus_Lentinus.jpg
Pegler, David N.(1983)
「The Genus Lentinus A World Monograph」
(世界のマツオウジ属研究)

参考8%税込み 6,560円、送料180円、納期 1週間(在庫切れ
英語。15.5x23.4cm。281ページ。ソフトバック。線画による外形図・顕微鏡図多数。
今関・本郷(1987)原色日本新菌類図鑑(1)によるとLentinus(マツオウジ属)の解釈には有力ないくつかの解釈があり、その一つが本書で展開されているPeglerの解釈だそうだ。原色日本新菌類図鑑はSingerの解釈をとる。他にCornerの解釈、Redhead & Ginnsの解釈などがある。
 さて、日本でマツオウジという名で呼ばれているきのこには、つばが固着性でずっとあるマツオウジと、つばのないマツオウジの2型が存在することが知られている。
 外国ではどうなっているのだろうか?本書ではつばはどう説明され、描かれているのであろうか?興味深い。
2013年10月8日からの訪問者数
プロフィール

佐野書店 佐野悦三

最近の記事
ブログ内検索
カテゴリー
月別アーカイブ
リンク
RSSフィード