菌類のふしぎ 

“在庫切れ”
“最近の菌類分類体系の大幅改変について知ることが出来る!豊富な図版を見るだけでも楽しい!”
菌類のふしぎ
国立科学博物館編 (2008)
「菌類のふしぎ 形とはたらきの驚異の多様性」

国立科学博物館叢書9、東海大学出版会
価格 2,940円(税込み)  “在庫切れ”
18x26cm。216ページ。原色写真・図版多数。ハードカバー。
 菌類としてのきのこに関心のある方、広く菌類に関心のあるかた、さらに生物の進化に興味のある方、多くの方々にお勧め。ぜひ一度読んでいただきたい。図版が豊富で見るだけでも楽しい。
 身近な存在でありながらあまり知られていない菌類の広大な世界を概観できるだけでなく、「Dictionary of the Fungi, 10th Edition(第10版)」(2008年9月出版、CABI )で代表される最近の菌類分類体系の大幅な改変も把握できるコンパクトながら濃密な内容になっている。
 たとえば、多くのきのこが含まれる担子菌では、「新しい担子菌の分類は、高次なレベルでは塗り替えられた印象は少ないが、(今まで)重視された形態的特徴の多くは重要でないことが判明し、換骨奪胎して再編されたため、その内容は別物に近い。」(本書111ページ)とまでいわれるほど分類体系が大きく改変された。このような大幅改変について日本語で解説した本はまだ少ない。本書はそうした情報を日本語で提供する貴重な文献になっている。執筆者は21人に及ぶ各分類群の日本の第一線研究者。
2013年10月8日からの訪問者数
プロフィール

佐野書店 佐野悦三

最近の記事
ブログ内検索
カテゴリー
月別アーカイブ
リンク
RSSフィード