2008年9月文献案内

紙版を店主の佐野も会員の菌類懇話会の機関紙 「菌懇会通信」に載せています。
ご注文方法:CATEGORIES「ご注文方法など」-「注文・支払い・納期など」を参照願います。
価格は為替レートの変更により変わることがあります。
Agaricales_of_NewZealand1.jpg
1.“新紹介”
Horak, E. (2008) 
「Agaricales of New Zealand 1. Pluteaceae-Entolomataceae, The Fungi of New Zealand Vol. 5」 (ニュージーランドの菌類第5巻.ニュージーランドのハラタケ目その1.ウラベニカサ科・イッポンシメジ科)

Fungal Diversity Press 
“ウラベニガサ属10種、イッポンシメジ属28種、合計38種を新種記載!これら2属に興味ある方必携”
価格11,860円(税込み、送料別) 納期 2週間(在庫)
英語。18.9x26.1cm。22+3305ページ、うち原色図版8ページ。ハードカバー。
 ニュージーランドの菌類を網羅しようという意欲的なThe Fungi of New Zealand(ニュージーランドの菌類)シリ-ズの5冊目。ニュージーランド産のウラベニガサ科2属と、イッポンシメジ科6属を、線画の外形図・顕微鏡図に加え、8ページにわたる原色写真を付け詳細に記載する。
ウラベニガサ科では、ウラベニガサ属15種、フクロタケ属3種を詳細に記載する。そのうちウラベニガサ属10種が新種である。イッポンシメジ科では、6属90種を詳細に記載する。そのうち、ヒカゲウラベニタケ属Clitopilusの2種は未記載種(未命名)。イッポンシメジ属Entolomaの28種が新種。ムツノウラベニタケ属Rhodocybeの1種が新種。Rhichoniellaのひとつが新品種である。
ニュージーランドの菌類シリ-ズ既刊
1-2.「Introduction to Fungi of New Zealand. The Fungi of New Zealand Vol. 1」(ニュージーランドの菌類第1巻.ニュージーランドの菌類概論 ) 価格11,860円 在庫。
1-3.「Myxomycetes of New Zealand. The Fungi of New Zealand Vol. 3」 (ニュージーランドの菌類第3巻.ニュージーランドの変形菌) 価格8,700円  在庫。
1-4.「Fungi on Trees and Shrubs in New Zealand. The Fungi of New Zealand Vol. 4」(ニュージーランドの菌類第4巻.ニュージーランドの高木と低木の菌類) 価格 11,860円 在庫。
1-5.「Smut Fungi of New Zealand. The Fungi of New Zealand Vol. 2」(ニュージーランドの菌類第2巻.ニュージーランドのクロボ菌類) (在庫なし、お取り寄せ) (未紹介)

Boletes_from_Belize_.jpg
2.“新紹介”
Ortiz-Santana, B., D.Jean lodge, T.J. Baroni & E.E.Both (2007)
「Boletes from Belize and the Dominican Republic」
(ベリーズとドミニカ共和国のイグチ類)
Fungal Diversity Vol. 27 (2), October 2007   
 “イグチ類の新種記載が18種に達する!イグチ好きの方は必携!”
価格7,420円(税込み、送料別) 納期 2週間(在庫) 
英語。17.0x25.0cm。172ページ、うち原色図版10ページ。顕微鏡図本文中に多数。ペーパーバック。
 ベリーズは中米、ユカタン半島東部、東はカリブ海に面し、北はメキシコ、西はグアマテラと国境を接する面積22千km2の小国で、国土の大半は熱帯雨林に覆われている。ドミニカ共和国はカリブ海の西インド諸島の大アンチル諸島で二番目に大きいイスパニョーラ島にあり、島の面積の三分の二、48千km2を占め、隣はハイチである。島の中央を中央山脈が走り、カリブ諸国の最高峰ピコ・ドゥアルテ(3,087m)がそびえる。気候は概ね湿潤な熱帯気候で、低地と山脈の北部と東部は雨が多く湿潤林が広がる。中央部、南部・西部は雨が少なく乾燥林が広がる。海抜850メートルを越える高地は針葉樹林となっている。
 本書は、このような環境の両国に産するイグチ類のモノグラフである。ベリーズでは456標本を検討し、14属58種を認めた。そのうち14種は新種である。ドミニカ共和国では222標本を検討し、7属14種を認めた。うち4種は新種である。その中の1新種、Reitboletus vinaceipesは両国に分布することがわかった。

原色冬虫夏草図鑑2 原色冬虫夏草図鑑3 原色冬虫夏草図鑑1
3.“2008年3月文献案内で紹介”
日本冬虫夏草の会発足20周年記念、
日本冬虫夏草の会編(2000) 「清水大典冬虫夏草原図複製」
  日本冬虫夏草の会
特別価格35,000円(税込み、送料別)(一般販売価格50,000円)
送料:ゆうパック100サイズ(兵庫県からの発送)
A4判。原色複製画310枚+発刊の辞と目録11ページ。桐箱入り。600組限定作成。番号入り。
家の光協会「冬虫夏草図鑑」1997ほかの著者で知られる冬虫夏草研究家、清水大典氏の冬虫夏草図の複製画310枚を桐箱に収める。妖しく神秘的な冬虫夏草を、写真を越える正確で細密な描写、はなやかな色彩で描く。学術図鑑の価値に加え、美術品複製としての価値もある。
2013年10月8日からの訪問者数
プロフィール

佐野書店 佐野悦三

最近の記事
ブログ内検索
カテゴリー
月別アーカイブ
リンク
RSSフィード