Pilzkompendium (菌類概説)

高価だが、故本郷先生が推薦された、特徴をよく捉えた手書き原色図のお勧めの図鑑
全5巻(10冊)で大型菌類3千種以上を図示・解説しようという意欲的なきのこ図鑑シリーズ

Pilzkompendium_Band2.jpg Pilzkompendium_Band2b.jpg Pilzkompendium_Band2c.jpg Pilzkompendium_Band2d.jpg
Ludwig, Erhard (2007)
「Pilzkompendium. Band 2: Agaricus, Allopsalliota, Conocybe, Coprinus, Entoloma, Laycrymaria, Pholiotina, Pluteus und Psathyrella」 (菌類概説第2巻:ハラタケ属、アロプサリオタ属、コガサタケ属、ヒトヨタケ属、イッポンシメジ属、ラクリマリア属、ホリオティナ属、ウラベニガサ属、およびナヨタケ属)
  Teilband 1: Atlas (第1分冊:図譜の部)
 25x35cm。220ページ。204原色図版。ハードカバー。
  Teilband 2: Text (第2分冊:解説の部)  ドイツ語。18x25cm。700ページ。ハードカバー。
価格*:図譜の部と解説の部2冊1組 5%税込43,150円、8%税込44,380円
送料(沖縄・東北・北海道を除く)5%税込500円、8%税込510円、
納期約5週間(在庫2組
 5巻(10冊)で大型菌類3千種以上を図示・解説しようという意欲的なきのこ図鑑シリーズの第2巻。類似のきのこ図鑑シリーズのFungi of Switzerland(スイス菌類図鑑)の図版が原色写真であるのに対し、本シリーズは手書き原色図を使用する。
 
  Pilzkompendium_Band1_Beschrebungen.jpg  Pilzkompendium_Band1_Abbildungen.jpg Pilzkompendium_picture.jpg
Ludwig, Erhard (2001)
Pilzkompendium Bamd 1 Beschreiburgen, Abbildungen
(菌類概説、第1巻、記載の部,および図版の部)

IHW-Verlag
ドイツ語(但し、Note・各属およびそれぞれの種に英語の解説あり)。
記載の部:18.0x24.5cm。26+758ページ。ハードバック。線画による胞子図・シスチヂア図多数。
図版の部:24.5x34.5cm。190ページ。ハードバック。すべて原色図版。
価格*:記載の部と図版の部の2冊で1セット、5%税込32,480円、8%税込35,080円
*備考:価格はずいぶん前の価格、これから輸入する分は円安のためかなり高くなります。
納期 1週間(在庫1組
 2001年秋、故本郷次雄先生が千葉菌類談話会の採集会のために千葉に来られた。当時佐倉市に住んでいた店主の佐野も参加し有志で歓迎会を催した。その時、2001年新刊のきのこ文献が話題になった。先生が大いに推薦されたのが本書である。今は懐かしい思い出となった。
 本書はハラタケ目、イグチ目、タコウキンン目など大型菌類を網羅しようとする意欲的なシリーズの第1巻。本巻ではAgrocybe(フミヅキタケ属)、Armillaria(ナラタケ属)などからXeromphalina(ヒメカバイロタケ属)、Xerula(クセルラ属)までハラタケ目の89属を記載する。
 本郷先生が推薦されるだけあって記載もしっかりして信頼できる(ただし、英語は一部分で大部分はドイツ語)。
 図版の部は24.5x34.5cmの大判で190ページに及ぶ原色図版は、特徴をよく捉えた緻密な原色画を高い印刷技術で再現している。値段は高いが、お勧めの図鑑。
2013年10月8日からの訪問者数
プロフィール

佐野書店 佐野悦三

最近の記事
ブログ内検索
カテゴリー
月別アーカイブ
リンク
RSSフィード