ハラタケ類の遺伝学と育種

“第1回国際マッシュルームサイエンスセミナーの論文集”
Genetics_and_Breeding_of_Agarics.jpg
van Griensven, l.J.L.D. (1991)
「Genetics and breeding of Agarics」
Proceeding of the First International Seminar on Mushroom Science
(「ハラタケ類の遺伝学と育種」第1回国際マッシュルームサイエンスセミナー論文集)

Center for Agricultural Publishing and Documentation (Pudoc), Wageninge, Netherlands
8%税込 7,550円、送料360円、納期 1週間以内(在庫)
英語。17.7x24.6cm。7+161ページ本文中に白黒写真・表・図。ハードカバー。
1991年5月オランダ、ホルストで開催された第1回国際マッシュルームサイエンスセミナーの論文集。栽培キノコとしてはもっともポピュラーなAgaricus bisporus ツクリタケ、いわゆるマッシュルームの遺伝学と育種がテーマ。世界各地からマッシュルームやAgaricusハラタケ属のゲノム研究者や栽培研究者が集まり、研究成果を発表し、意見交換を行った。
 本書の内容:まず会場となったオランダマッシュルーム研究センターFritsche女史の基調講演に続き、オランダを代表する大型菌類分類学者のC. Bas先生のハラタケ属の解説を含むハラタケ属やツクリタケのゲノム研究10論文、病気のコントロールと遺伝学分野6論文、育種分野5論文など。
 出版は古いが、今後の入手は難しい、貴重な参考文献。
2013年10月8日からの訪問者数
プロフィール

佐野書店 佐野悦三

最近の記事
ブログ内検索
カテゴリー
月別アーカイブ
リンク
RSSフィード