毒きのこ今昔

“在庫切れ”
“きのこ好きにはぜひ読んでいただきたい好著!”
(皆様に感謝!2004年の出版時紹介して以来たくさんのご注文をいただきました。いよいよ終了が近づきました)
dokukinokokonnjyaku.jpg
奥沢康正ほか編著 2004
「毒きのこ今昔 -中毒症例を中心にして-」

思文閣出版。B5 380ページ。ソフトバック。
参考定価4,935円(5%消費税込み)、販売終了
 きのこ本の虫、奥沢先生らしく、ありとあらゆる文献を渉猟され、古くは平安時代から、新しくはマスコミをにぎわせているスギヒラタケ中毒まで中毒症例をまとめられ具体的に解説されています。毒成分の解説や治療指針についてはお医者さんである奥沢先生ならではの観点で書かれています。ともすれば硬くなりがちな紙面を、どこかユーモラスで暖かな松下裕恵氏の挿絵が和らげています。日本菌学会関東支部のシンポジウムでも参加された研究者の皆さんから高く評価されました。
2013年10月8日からの訪問者数
プロフィール

佐野書店 佐野悦三

最近の記事
ブログ内検索
カテゴリー
月別アーカイブ
リンク
RSSフィード