カルロ・ヴィタディーニ、トリュフ研究と発表

“売れました”
14年前出版の本なので追加入手はできません

Carlo_VIttandinibs.jpg Monographia_Tuberacearum2.jpg Monographia_Tuberacearum.jpg

Carlo_Vittadini2.jpg Carlo_Vittadini4JPG.jpg Carlo_Vittadini3.jpg
(出版してから14年もたつので上の写真からわかるように原色図版の白い部分にシミがみられます)
Carlo Vittadini 200 Anni di Micologia I Tartufi fra Ricerca e Divulgazione
(菌類学のカルロ・ヴィタディーニ生誕200年、そのトリュフ研究と発表)(2001)

8%税込7,900円、送料510円、売れました
地下生菌や腹菌類、また菌類研究史に興味を持つ方には絶対のお薦め。
イタリア語。21.5x30.5cm。263ページ。原色ページ多数。ハードバック。
 地下生菌に興味を持つ方でカルロ・ヴィタディーニ(1800-65)の名前を知らない人はいない。彼は1831年、地下生菌の本格的モノグラフMonographia Tuberacearumを世に送り出し、Tuber melanosporum, T. borchii, T. aestivum ほか多くのトリュフを含む地下生菌の名付け親となった。1842年には腹菌類のモノグラフMonographia Lycoperdineorumを出版し、ホコリタケ属の新種をいくつも発表した。さらに、地上生のきのこの図鑑を何冊も出版し、新種も発表している。
 本書は、ヴィタディーニ生誕200年を記念し、彼ゆかりのパヴィア県とロンバルディーア州政府、およびロンバルディーア菌学連盟とブレサドーラ菌学会の4者が共同して出版した出版物。内容は彼の菌類研究の解説と代表的出版物の部分的復刻からなる。
Monographia Tuberacearum(1831)とMonographia Lycoperdineorum(1842)はその精緻な図版が復刻され、図版の解説の部分は新しく今の活字で印刷されている。Descrizione dei funghi mangerecci piu comuni dell’ Italia(1835)は美麗な図版やその解説を含む全編が復刻されている。 
2013年10月8日からの訪問者数
プロフィール

佐野書店 佐野悦三

最近の記事
ブログ内検索
カテゴリー
月別アーカイブ
リンク
RSSフィード