FUNGI IN FOREST ECOSYSTEMS

Fungi_in_Forest_Ecosystems.jpg
Cripps, Cathy L. (編)(2004)
「FUNGI IN FOREST ECOSYSTEMS: SYSTEMATICS, DIVERSITY, AND ECOLOGY」
(森林生態系における菌類:系統分類、多様性、および生態)

Memoirs of The New York Botanical Garden Vol. 89
8%税込 11,810円、送料510円、納期1週間(在庫1冊
英語。18.5x26.0cm。363ページ。ハードカバー。
 本書は「Gasteromycetes: Morphological and Developmental Features」の著者で知られている米国の菌学者Orson K. Miller, Jr先生に捧げられた論文集。世界中の先生の弟子や同僚、ゆかりある研究者が28の論文を寄せる。系統分類学、多様性学、および生態学の3章立て。
系統分類学の章は論文が6本。北米南東部のテングタケ属マツカサモドキ節の互いによく似た11種を区別する目的の 検索表および写真付き詳細解説は大いに参考になる。Mycena, Boletes, Entoloma, 腹菌のScleroderma,木材腐朽菌などの新種記載や小笠原産Crepidotusの新変種記載などがある。
 生態学の章では、窒素量と菌根菌との関係の論文2本や、再緑化した鉱山跡の菌根菌の役割と多様性に関する論文、菌根菌の子実体の多様性と地下の菌根の多様性との関係の論文などが面白そう。変形菌では、S.L. Stephensonの「アパラチア山脈南部の亜高山帯針葉樹林の変形菌の分布と生態」と題する論文がある。 詳細
2013年10月8日からの訪問者数
プロフィール

佐野書店 佐野悦三

最近の記事
ブログ内検索
カテゴリー
月別アーカイブ
リンク
RSSフィード