イタリアのフウセンタケ属

ご注文は左下欄の「ご注文メールフォーム」 からお願いいたします。

“フウセンタケ属に興味を持つ方には必携のフウセンタケ属大図鑑!
Il_Genera_Cortinarius_in_Italia6.jpg
Consiglio, G. (2012)
「Il Genere Cortinarius in Italia 6」
(イタリアのフウセンタケ属第6集)

価格15,330円(税込み)、送料500円(レターパック)、納期1週間以内(在庫)

Il_Genera_Cortinarius_in_Italia5.jpg
Consiglio, Giovanni, Daniele Antonini & Massimo Antonini (2007)
「Il Genere Cortinarius in Italia parte 5」 
(イタリアのフウセンタケ属第5集)

価格 14,020円(税込み、送料別)。送料:80サイズゆうパック実費。 納期2週間(在庫)
イタリア語。16.7x24.0cm。53+200ページ。原色生態写真、胞子の走査電顕写真・光学顕微鏡図など多数。専用バインダーに綴じるルーズリーフ形式。43枚の亜属・節の中仕切り紙、およびバインダー1個付。
 2003年から始まった本書のシリーズも5年目を迎え第5集が出版された。これでイタリア産フウセンタケ属250種が解説されたことになる。年1回、年末に確実に出版されている。
 前半の53ページは、第1集からこの第5集までをカバーする種名索引、11ページ及ぶ参考文献リスト、亜属・節・亜節別の種のリスト、および節・亜節・種への検索表からなる。後半の200ページはCoritinarius argutusほか合計50種の種の解説で、1種につき4ページを使い、ラテン語の原記載、胞子の走査電顕写真、同光学顕微鏡図、子実体の鮮明な原色生態写真、傘の表面の構造の顕微鏡写真などをつけ、詳細に解説する。今回は、これらを綴じるバインダー1個に加え、厚紙で作った43枚の亜属・節の仕切り紙がつく。
Il_Genera_Cortinarius_in_Italia4.jpg
Consiglio, G., D. Antonini & M. Antonini (2006)
「Il Genere Cortinarius in Italia Parte quarta」
(イタリアのフウセンタケ属 第4集)

価格 14,120円(税込み、送料別) 納期2週間(在庫)
イタリア語。16.7x24.0cm。44+200ページ(ルーズリーフ式)。原色生態写真、胞子の走査電顕写真・光学顕微鏡図など多数。バインダー1個付き。
前半の44ページは、第1集からこの第4集までをカバーする索引や参考文献リスト、節・亜節の原記載とその解説からなる。後半の200ページはCoritinarius aleuriosmusほか合計50種の種の解説で、1種につき4ページを使い、ラテン語の原記載、胞子の走査電顕写真、同光学顕微鏡図、子実体の鮮明な原色生態写真などをつけ、詳細に解説する。
Il_Genere_Cortinarius_in_Italia3s.jpg
Consiglio, G., D. Antonini & M. Antonini (2005)
Il Generre Cortinarius in Italia Parte terza 
(イタリアのフウセンタケ属 第3集)

価格11,800円(税込み、送料別) 納期2週間 
イタリア語。16.7x24.0cm。44+200ページ(ルーズリーフ式)。原色生態写真、胞子の走査電顕写真・光学顕微鏡図など多数。バインダー1個付き。
この第3集は2部に分かれる。第1部は総論部分で、第1集から今回の第3集までの掲載種全部を網羅する索引、スウエーデンで刊行中のCortinarius Flora Photographicaおよびフランスで刊行中のAtlas des Cortinariusの二つのシリーズとの分類対比表、 参考文献リスト、さらに胞子の計測に必要な統計的処理方法の説明などからなる。第2部は各論部分で、合計50種がラテン語の原記載もつけ、1種に付き4ページを使い詳細に解説されている。文字による詳細な解説のほかに、1種に付き胞子の走査電顕写真1と光学顕微鏡図1、原色生態写真2がつく。
スウエーデンとフランスで先行中の二つのシリーズは正直なところ読んでも理解が難しいが、このシリーズは痒いところに手が届くように親切に書かれている。フウセンタケ属に興味を持たれている方には、まず本書をお勧めする。
Il_Genere_Cortinarius_in_Italia2s.jpg
Consiglio, G., D. Antonini & M. Antonini (2004)
Il Generre Cortinarius in Italia Parte second
(イタリアのフウセンタケ属 第2集)

価格:12,500円(税込み、送料別) 納期:2週間
イタリア語。17x24cm。96+200ページ(合計296ページ)(4ページ1組のバインダー綴じ込み用穴付きシート74組)。掲載種すべての原色生態写真、胞子の走査電顕写真・手書き顕微鏡図、および分布図付き。
第2部は50種を、第1部と同じように胞子の電子顕微鏡写真・顕微鏡図、原色生態写真ならびに分布図をつけ詳細解説する。必ずラテン語の原記載の引用があるのもうれしい。その種が、先行のフウセンタケ属3大モノグラフ:Die Gattung Phlegmacium、Cortinarius Flora Photographica、Atlas des Cortinariresではどう扱われているか、の解説があることも、フウセンタケ好きにとっては大変ありがたい。
Il_Genere_Cortinarius_in_Italia1s.jpg
Consiglio, G., D. Antonini & M. Antonini (2003)
Il genere Cortinarius in Italia Parte primo
(イタリアのフウセンタケ属 第1集)

A.M.B. Fondazione Centro Studi Micologici
価格: 14,000円(税込み、送料別)(バインダー付) 納期:2週間
イタリア語。17x24cm。バインダー綴じ(第1巻はバインダー付き)。64+200ページ。図版多数。
ヨーロッパのフウセンタケ属モノグラフは、すでに北欧から「Cortinarius Fora Photographica(フウセンタケ属フローラ写真図鑑)」が、フランスからは「Atlas des Cortinaires(フウセンタケ属アトラス)」が刊行中である。本シリーズは、後発だが前2書を越える素晴らしい内容になっている。
本シリーズの最大の特徴は解説が詳細なことである。1種に4ページを使い、マクロ原色写真2葉、胞子の走査電顕写真・白黒図、およびイタリア国内分布図など豊富な図版と共に詳細に解説する。新種記載時のラテン語の原記載もある。走査電顕写真やラテン語原記載は前2書にはなかったもので大変参考になる。Sistematica(分類)の章では前2書の上位分類概念の違いを比較表にしてあるのも親切。さらに二次代謝物について章を設け、重篤な腎障害を起こすフウセンタケ類特有の猛毒物質オレラニンやコルティナリン、その他化合物について36ページにわたり、含有種・中毒症状ほかを詳細に解説する。
既刊の二つのフウセンタケ属モノグラフをお持ちの方にも本シリーズを大いにお勧めする。
2013年10月8日からの訪問者数
プロフィール

佐野書店 佐野悦三

最近の記事
ブログ内検索
カテゴリー
月別アーカイブ
リンク
RSSフィード