ユーカリ属に発生する担子菌

FUNGI NON DELINEATI (不明確な菌類)シリーズ
(2004年9月文献案内で紹介)
Fungi_Non_Delineati_27.jpg
FUNGI NON DELINEATI Vol. 27
Lggo-Alvarez, M. & M.L. Castro (2004)
「Macrobasidiomicetos asociados a Eucalyptus en la Peninsula Iberica 」
(第27巻 イベリア半島のユーカリ属に発生する大形担子菌)

参考価格 2.540円(税込み)、送料160円(メール便)、在庫切れ中(2012年7月17日)
スペイン語。17x24cm。84ページ。ペーパーバック。原色写真・走査電顕写真23。本文中に顕微鏡図多数。
 新種記載1種:Tricholoma eucalypticum var. alboflavescens、他に新組み合わせ1種。
 多くがオーストラリア固有種であるユーカリ属は、木材や燃料用として、また公園樹として世界の各地に植栽されている。本書はイベリア半島に植栽されたユーカリ樹に発生する大形担子菌類の調査報告。多くが菌根菌である。Descomyces, Hydnagium, Hysterangium, Chondrogasterなどの地下性菌もある。日本でも各地にあるユーカリ樹を調査してみればどうだろうか。
2013年10月8日からの訪問者数
プロフィール

佐野書店 佐野悦三

最近の記事
ブログ内検索
カテゴリー
月別アーカイブ
リンク
RSSフィード