きのこ類の担子胞子の変異

Variation_of_basidiospores.jpg
Parmasto, Erast & Ilimi Parmasto (1987)
Variation of basidiospores in the Hymenomycetes and its significance to their taxonomy
(きのこ類の担子胞子の変異と、その変異の有する分類に対する重要性)

Bibliotheca Mycologica 115
参考価格 本体8063円+税、送料別、在庫切れ中
英語。14 x 22cm。168ページ。ソウフトバック。
きのこの分類において胞子の大きさや形は分類上の重要な特徴(形質)である。胞子の大小でのみ種が分けられている場合も多い。著者は、多くの種類のきのこの胞子を調査し、成長過程の違いによる変異、環境の違いによる変異、同一個体での変異、同一種での変異、遺伝子型の違いによる変異などを調査・検討し、従来の胞子の変異に関する常識には正しくないものがあることを指摘し、より正確な分類のための合理的な胞子の記載を提言している。胞子を記載する方や、胞子に関心のある方にお勧め。
2013年10月8日からの訪問者数
プロフィール

佐野書店 佐野悦三

最近の記事
ブログ内検索
カテゴリー
月別アーカイブ
リンク
RSSフィード