イグチ目の分子系統分類

“入荷”
Zur_molekularen_Systematic_der_Boletales.jpg
Margit Jarosch (2001)
Zur molekularen Systematik der Boletales: Coniophorineae, Paxillineae und Suillineae
(イグチ目の分子系統分類)

Bibliotheca Mycologica Band 191
価格 5,870円(税込み)、送料290円(メール便)、納期 1週間以内(小部数在庫)
(イグチの仲間に関心のある方には必携の文献)
独語。14.5x22.5cm。158ページ。ペーパーバック。
Rhizopogon(ショウロ属)やAlpovaなど地下生菌を含む198標本の遺伝子解析を行い、既に行われた形態学的研究、解剖学的研究、細胞内蛍光測定法や化学成分からの研究成果なども考慮に入れ、イグチ目の系統分類を明らかにした。
イグチ目は大きく5つの亜目に分けられることがわかり、さらに単系統ごとの分類群にするために多くの科や属の新設や変更が提案された。生息環境に適応した結果の他人の空似が存在することも明らかになった。本書はブレジンスキー教授を指導者にした一連のイグチ目の研究の最後の報告である。本書によりイグチ目の分類が進化の系統にそった分類群に整然と整理された。イグチ目分類の金字塔になる研究成果ではなかろうか。
2013年10月8日からの訪問者数
プロフィール

佐野書店 佐野悦三

最近の記事
ブログ内検索
カテゴリー
月別アーカイブ
リンク
RSSフィード