ナラタケ属の種の研究

A_Nomenclatural_Study_of_Armillaria.jpg
Volk, Thomas J., & Harold H. Burdsall, Jr (1995)
A Nomenclatural Study of Armillaria and Armillariella species (Basidiomycotina, Tricholomataceae)
(ナラタケ属の種の命名法的研究)

Synopsis Fungourum 8
8%税込価格 3,870円、送料180円、納期 1週間(在庫2冊
英語。15.3x21.0cm。121ページ。図なし。ペーパーバック
 ナラタケ属(ArmillariaおよびArmillariella)は、属の概念に論議があり明確でなかったので、これまでに270以上の種や変種がナラタケ属として記載されてきた。著者たちはArmillaria mellea (Vahl:Fr.) Kummer(ナラタケ*)を属のタイプ種と認め、属の概念を明確にした。それを基に、今までナラタケ属とされてきた種のタイプ標本や記載を再検討した。その結果、今回再定義したナラタケ属として40種を認め、それ以外は他の属に入るものとした。本書は、検討した270余種・変種の種小名をアルファベット順に並べ、新しく容認した学名、元の学名などを詳細に記す。ナラタケ属を知るには必須の基本文献
2013年10月8日からの訪問者数
プロフィール

佐野書店 佐野悦三

最近の記事
ブログ内検索
カテゴリー
月別アーカイブ
リンク
RSSフィード