スペインとヨーロッパの菌類

販売終了しました
Hongos_de_Espana_y_de_Europa.jpg
Gerhardt, E., J. Vila & Dr. X. Llimona (2000)
Hongos de Espana y de Europa, Manual de Identification
(スペインとヨーロッパの菌類、同定の手引き)

販売終了しました
スペイン語。12.5x21.5cm。955ページ。原色写真・顕微鏡図多数。ハードバック。
スペインを中心にヨーロッパに分布する子のう菌から担子菌まで980種を約1千にのぼる原色写真と600の顕微鏡図をつけて解説する。1ページに1種を解説しているので説明は丁寧。食・毒の別を「食、食だが要注意、不食、毒、致死性毒」などに分け記号を使い区別する。「同定の手引き」と題するだけあって、種の特徴の解説に加え、Confusionesと名付けた項目を設け、類似種との違いを親切に解説する。属の概念も丁寧に解説する。掲載種数を一部の属でみると、Pluteus属はP. olivaceusなど8種、Ramaria属はR. fagetorum, R. largentiiなど9種、Russula属はR. rhodopodaなど25種、Lactarius属は35種、子のう菌のHelvella属はH. pezizoidesなど10種などが解説されている。子のう菌および担子菌の地下生菌などにも珍しいものが載っている。地上性の腹菌類もLycoperdon mammaeforme, L. molle, L. foetidum, L. piriforme,Clathrus archeri, C. ciariusなど日本では余り知られていない種が充実している。

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

-

管理人の承認後に表示されます
2013年10月8日からの訪問者数
プロフィール

佐野書店 佐野悦三

最近の記事
ブログ内検索
カテゴリー
月別アーカイブ
リンク
RSSフィード