FC2ブログ

宮沢賢治「銀河鉄道の夜」ほか

2021年2月4日の日経新聞夕刊「読書日記」欄に、声優斉藤壮馬さんが「ディープな世界観に胸打たれた」と題し宮沢賢治の「銀河鉄道の夜」について書かれていました。斉藤さんは、宮沢賢治の作品、なかでも「銀河鉄道の夜」にとりわけ思い入れが深いそうです。というのも斉藤さんが高校生の時、この物語を朗読して「全国高等学校総合文化祭」で賞をもらったからです。選んだわずか1ページ弱をここだと心に決め、数え切れないほど練習を重ねたそうです。

[ ミキハウスの宮沢賢治絵本] は、宮沢賢治の文章に個性的な作家の絵や版画を重ね合わせた、大人も楽しめる絵本です。つくばのきのこ展向けに用意したものです。
価格は税込み定価の3%引きになっています。送料サービス。補充はありません
ご注文はこちらから:「ご注文メールフォーム」

宮沢銀河鉄道の夜1 宮沢銀河鉄道の夜2
宮沢賢治作・金井一郎絵「銀河鉄道の夜」 2017年初版第2刷、mikihoHOUSE、税込2,450円売れ切れました

「夜だかは、どこまでも、どこまでも、まっすぐに空へのぼって行きました。」
「自分のからだがいま燐の火のような青い美しい光になって、しずかに燃えているのを見ました。すぐとなりは、カシオペア座でした。」
宮沢よだかの星1 宮沢よだかの星2
宮沢賢治作・ささめやゆき絵「よだかの星」 2008年初版第1刷、mikihoHOUSE、税込1,600円売れ切れました

宮沢注文の多い料理店1 
宮沢賢治原作・スズキコージ絵「注文の多い料理店」 2008年初版第1刷、mikihoHOUSE、税込1,600円在庫1冊

宮沢セロ弾きのゴーシュ1
宮沢賢治作・さとうあや絵「セロ弾きのゴーシュ」 2015年初版第14刷、mikihoHOUSE、税込1,600円在庫1冊
2013年10月8日からの訪問者数
プロフィール

佐野書店 佐野悦三

最近の記事
ブログ内検索
カテゴリー
月別アーカイブ
リンク
RSSフィード