FC2ブログ

齋藤雅典(編著)「菌根の世界」

新刊!
たくさんの方々からご注文をいただき感謝いたします。
ご注文は「ご注文メールフォーム」 からお願いいたします。
菌根の世界1
齋藤雅典(編著)(2020/9)
「菌根の世界 菌と植物のきってもきれない関係」

佐野書店販価税込2,560円(定価2,640円)、送料無料、納期1週間(在庫)
四六判、246頁+カラー口絵8頁、ハードカバー

多様な菌根の世界について総合的に解説する初めての日本語の書籍が出版された!
陸上植物の約八割が菌根菌と共生関係を結んでいるといわれる。本書は、様々な菌根を対象に研究を進めてきた研究者の方々が、それぞれの専門領域を中心に、最新の研究成果も取り込み、分かりやすく解説しようと試みた意欲的な菌根入門書だ。
 陸上植物がいかに菌根菌に支えられているか!キノコや菌類に関心を持つ方だけではなく、植物に関心を抱く方々にもぜひ読んでいただきたい!

著者:
齋藤雅典(さいとう・まさのり)東北大学大学名誉教授。
小川 真(おがわ・まこと)大阪工業大学工学部客員教授
山田明義(やまだ・あきよし)信州大学農学部教授
松田陽介(まつだ・ようすけ)三重大学大学院生物資源学研究科教授
小長谷啓介(おばせ・けいすけ)森林総合研究所きのこ・森林微生物研究領域、主任研究員
辻田有紀(つじた・ゆき)佐賀大学農学部准教授
大和政秀(やまと・まさひで)千葉大学教育学部教授

目次:
[続きを読む] をクリック願います。
目次:

はじめに

序章 地球の緑を支える菌根共生─菌と根の奇跡の出会い―――齋藤雅典・小川 真
根の表面を覆う菌と根の内部に入りこむ菌
特定の植物と関係を結ぶ菌
緑の誕生
植物と菌が出会うとき
【コラム】菌根と共生─用語の使い方(齋藤雅典)

第1章 土の中の小さな宝石─アーバスキュラー菌根菌―――齋藤雅典
心を虜にする輝く胞子
アーバスキュラー菌根菌を観察する
分離し、同定し、分類する
分類体系の見直しにつながる発見
根が菌を呼び寄せる
アーバスキュラー菌根菌はどうやって植物と物質のやりとりをしているか
根組織から樹枝状体を取り出す
菌根共生を制御する遺伝子
農業利用への道
利用の難しさと可能性
荒廃地での植生の回復と菌根菌
【コラム】菌類の分類と同定(齋藤雅典)

第2章 外生菌根の生態とマツタケ―――山田明義
外生菌根菌に支えられる樹木たち
外生菌根を観察する
土壌から養分・水分を吸収するのは根ではない
実験で外生菌根共生を証明する─菌根合成
樹木の成長を左右する外生菌根
外生菌根とキノコ
外生菌根共生の進化─起源と将来
マツタケと菌根共生
国産マツタケの生産と森林環境
マツタケ─シロとその生態
マツタケの近縁種とその地理的な分布
いかにマツタケを増産するか
マツタケはわからないことだらけ
【コラム】わが国における外生菌根研究事情(山田明義)

第3章 外生菌根菌を通して海岸林の再生を考える―――松田陽介・小長谷啓介
海岸の植物が厳しい環境で生育できるわけ
海岸林に生育する植物と菌根菌
海岸に生えるキノコ
海岸クロマツ林を支える菌根菌
キノコ調査と根の観察からみる菌根菌の多様性
DNA解析を利用して菌根菌の多様性を研究する
海岸クロマツ林にはどのくらいの種類の菌根菌が生息しているのか?
菌根菌の多様性と樹木の成長
謎の「黒い粒」菌核─セノコッカム・ジェオフィラム
セノコッカムの知られざる生態
塩に耐える力─菌根菌、菌根の塩類ストレス
耐塩性の高い菌根菌を探せ
海岸林の再生に菌根菌を利用する

第4章 菌によりそうランの姿を追いかけて―――辻田有紀
はじまりは菌とともに
ネジバナの菌根菌をみてみよう
世にも奇妙なマヤランの虜に
DNAで正体を暴け
マヤランの種まき大作戦
ランの始まりを求めて屋久島へ
運命の分かれ道
世界最大! キノコを食べるラン

第5章 菌根共生の原点─コケ植物とシダ植物の菌根共生―――辻田有紀
コケ植物の菌根共生
タイ類で見つかった新たな共生系
シダ植物の胞子体における菌根共生
損する? 得する? 菌と植物のかけひき
光合成をする配偶体に菌根菌はいるの?

第6章 菌類を食べる植物─菌従属栄養植物の菌根共生―――大和政秀
菌根共生、菌従属栄養植物との出会い
菌従属栄養植物とは
コケ植物の菌従属栄養植物
シダ植物の菌従属栄養植物
ラン科植物キンランの菌根共生
神社林のタシロラン
巨大な無葉緑ランを支える菌根菌
菌からランへどのように栄養は移動するのか─同位体で探る
菌からランへの炭素・窒素の流れをみる
菌根菌にとっての菌従属栄養性のメリット
多様なツツジ科の菌根共生
モノトロポイド菌根
アーブトイド菌根─部分的菌従属栄養性
アーバスキュラー菌根を形成する菌従属栄養植物
希少植物の保全と菌根共生
【コラム】私が菌根研究者(マイコライゾロジスト)になったわけ

おわりに─菌根共生の進化を考える(小川真)
編集後記(齋藤雅典)
参考文献 
索引
2013年10月8日からの訪問者数
プロフィール

佐野書店 佐野悦三

最近の記事
ブログ内検索
カテゴリー
月別アーカイブ
リンク
RSSフィード