FC2ブログ

Fungal Biodiversity 2nd edition (菌類の多様性、第2版)

ご注文は「ご注文メールフォーム」 からお願いいたします。

最新情報を反映した第2版。
FungalBiodiversity2ndEd.jpg
Crous. P.W. , G.J.M. Verkley, J.Z. Groenewald & R.A. Samson (2019)
「Fungal Biodiversity 2nd edition」 (菌類の多様性、第2版

Westerdijk Laboratory Manual Series No. 1
10%税込15,650円、送料下記、納期1週間(在庫2冊)
送料(ゆうパック80サイズ)
(北陸・東海・近畿・中国・四国1100円、関東・信越・九州1200円、東北1310円、沖縄1630円、北海道1750円)

このWesterdijk Fungal Biodiversity Institute*1(ヴェステルダイク菌類多様性研究所:旧CBS-KNW Fungal Biodiversity Center)が毎年実施する「Course Food and Indoor Mycology」(食物と室内環境の菌学訓練コース*2)の包括的教科書としても開発・使用されてきた定評ある教科書の第2版が出版された。
初版は、糸状菌と酵母の分離・培養・分子および形態研究の技術に焦点を当てた教科書として高い評価を得ていた。この改訂版は、最新の知見をもとに増補改訂され150ページも増えた。
  *1: 多大な貢献をした研究所初代理事長、Johanna Westerdijk(1883-1961)を記念し
     2017年、名称変更した。彼女はオランダ最初の女性大学教授(ユトレヒト大学)。
  *2: 3日間コースとこれに2日の菌類同定コースが加わった5日間コースの二つがある。

改訂版概要(1):
A4サイズ、本文425ページの大冊。
割かれたページ数で本書の重点が分かる。ページ数の多い章を順にあげると、第12章 Reference taxa (関係する分類群)、第2章 The Fungal System (菌類の体系) 、第4章 Molecular and phylogenetic methods (分子系統学的手法)(41ページに及ぶ参考文献リストを除く)。
136ページと最も多い第12章は、主要菌類を種レベルで取り上げ、顕微鏡写真・図を多用し解説する。次に多い第2章は、最新の系統分類体系に基づき、ライフサイクル図、顕微鏡写真/図などを多用し、全菌類を分類群(Order、必要に応じ科・属)毎に125ページを使い解説する。第4章は、系統分類体系のもとになる遺伝子分析と系統樹作成手法を30ページを使い解説する。

章立:
第1章 Introduction (序論) 1-2 page
第2章 The Fungal System (菌類の体系) 3-127 page (125 pages)
第3章 General methods (一般的手法) 128-141 page,
第4章 Molecular and phylogenetic methods (分子系統学的手法) 142-171 pages (30 pages)
第5章 Nomenclature (命名法) 172-175 pages
第6章 Ecological groups of fungi (生態的菌類グループ) 176-190 page (15 pages)
第7章 Applied mycology (応用菌類学) 191-199 page
第8章 Glossary and descriptive terms (用語解説と記載用語) 200-207 page
第9章 Mycological media (菌類の培地) 208-212 page
第10章 References (参考文献) 213-253 page (41 pages)
第11章 Arrangement of the major fungal taxa (主要菌類群の配列) 255 page
第12章 Reference taxa (関係する分類群) 256-391 page (136 pages)
Index (索引)

抜粋画像による本書の概要: http://sanoshoten.blog13.fc2.com/blog-entry-1603.html


関連書:
「Food and Indoor Fungi – 2nd edition」(食品と室内の菌類、第2版)
「CBS Biodiversity Series 9 The Genera of Hyphomycetes(不完全菌の属)」
2013年10月8日からの訪問者数
プロフィール

佐野書店 佐野悦三

最近の記事
ブログ内検索
カテゴリー
月別アーカイブ
リンク
RSSフィード