FC2ブログ

予告:ニュージーランドの菌類第6巻、茶色の胞子の属

予告!新刊
Fungi_of_New_Zealand_Vol_6.jpg
Horak, Egon (2018)
「Fungi of New Zealand Vol. 6 Agaricales (Basidiomycota) of New Zealand. 2. Brown spored genera p.p.」
(ニュージーランドの菌類第6巻、ニュージーランドのハラタケ目2、茶色の胞子の属)

8%税込み12千円台、送料未定、納期未定
A4、英語、205ページ、原色写真・顕微鏡図多数、ペーパーバック
本書では、ニュージーランドに産する胞子が茶色の属のうち、Crepidotus, Flammulaster, Inocybe, Phaeocollybia, Phaeomarasmius, Pleuroflammula, Pyrrhoglossum, Simocybe, Tubaria and Tympanellaの合計10属が詳細に解説される。
Crepidotusは26種が、Flammulasterは3種が、Inocybeは43種が、Phaeocollybia は8種が、Phaeomarasmius は1種が、Pleuroflammulaは2種が、Pyrrhoglossumも2種が、Simocybe は7種が、 Tubariaは15種が、Tympanellaは1種が解説される。新種記載も多数あるようだ。
2013年10月8日からの訪問者数
プロフィール

佐野書店 佐野悦三

最近の記事
ブログ内検索
カテゴリー
月別アーカイブ
リンク
RSSフィード