FC2ブログ

イボセイヨウショウロの分類を再検討した論文


森林総合研究所九州支所の木下晃彦さんがイボセイヨウショウロの分類を再検討した論文を発表しました。
トリュフにご興味のある方は是非ご覧願います。(どなたでもご覧いただけます。)

URL: http://journals.plos.org/plosone/article?id=10.1371/journal.pone.0193745

論文は英語で書かれているので、大意を木下さんご自身の日本語での説明を引用します。

ー以下引用ー

イボセイヨウショウロとされた日本の黒トリュフは、Tuber indicum の学名があてられ、1種と思われてきました。しかし2011年の私たちのDNA解析の結果、遺伝的に2つの系統があることがわかっていました。

この論文では、これら2つの系統と中国(T. indicum, T. himalayense)、台湾(T. formosanum)の標本の間で、形態、分子系統比較を行い、2種を明らかにし、1種を新種(Tuber longispinosum)、もう1種をTuber himalayense(日本新産)としました。

吉見先生によって命名されたイボセイヨウショウロの和名は、T. longispinosumの特徴と一致したため、こちらにあて、T. himalayenseには、アジア広汎な地域に分布することから、アジアクロセイヨウショウロという和名つけました。

特徴としては、T. longispinosumは他の近縁種(T. indicum, T. himalayense, T. formosanum)に比べ胞子の棘が長く、その基部も細いことが最大の特徴です。また交配型遺伝子を含むどの遺伝子で比較しても他の種とは明らかに異なることが分りました。

一方、T. indicumやT. himalayenseは、胞子上の装飾に「棘」と「網目」の両方有する個体が見られます。日本のT. himalayenseも同様で、この種は遺伝的にも、中国産、台湾のT. formosanumとは区別できませんでした。
詳しくは論文を見ていただければお分り頂けるかと思いますが、疑問点などございましたらご連絡いただければお答えいたします。

また、5月の菌学会でも発表予定ですので、機会がございましたら聴きに来ていただければ大変嬉しいです。

ー引用終わりー

なお、木下さんは「今後も、Tuberの標本など採取されることがあり、同定を必要とされるようでしたらご一報いただければ幸いです。」と標本の提供を希望されています。
2013年10月8日からの訪問者数
プロフィール

佐野書店 佐野悦三

最近の記事
ブログ内検索
カテゴリー
月別アーカイブ
リンク
RSSフィード