検証 キノコ新図鑑

きのこに関心のある方々に必携の図鑑!
検証キノコ新図鑑 
検証キノコ新図鑑2  検証キノコ新図鑑3  検証キノコ新図鑑4  
検証キノコ新図鑑5  検証キノコ新図鑑6  検証キノコ新図鑑7
城川四郎(著) ・神奈川キノコの会(編) (2017年5月28日)
「検証 キノコ新図鑑」

8%税込み定価 3,996円(3,700円+税)、送料サービス、納期1週間(在庫)

18.2x25.8㎝、10+250ページ、原色写真・顕微鏡写真・図多数、ペーパーバック、カバー付き
 本書は、神奈川キノコの会前会長の城川四郎氏が会報「くさびら」に連載した「今シーズン印象に残ったキノコたち」から221種を選び作成された。内訳は担子菌類198種、子嚢菌類23種。一般のきのこ図鑑には紹介されていない種や、問題があると著者が考えた種が中心。そのため和名には仮称や新称が多数。また学名がspで終わっているものも多い。
 解説文は、「肉眼形質」、「顕微鏡形質」、「分布・生態」、それに類似種との違いや著者の意見、参考にした文献番号を記した「メモ」などからなる。
 図版は、きのこ全体をとらえた標本写真、特徴とらえた部分写真、さらに著者手書きの各シスチジア・担子器・胞子・傘表皮などの顕微鏡図からなり、同定に非常に役立つ。
 多数の外国文献を含む参考文献は、番号を振られ巻末にリスト化されるとともに、種の解説のメモ欄にその番号が書かれ、参照が容易なるよう工夫されている。
 資料となった標本の多くは、「平塚市博物館」と「神奈川県立生命の星・地球博物館」に収蔵されており、検証が担保されている。
 現行のきのこ図版には載っていない種や、日本での未記載種が多く含まれており、きのこに関心のある方々には必携の図鑑 
2013年10月8日からの訪問者数
プロフィール

佐野書店 佐野悦三

最近の記事
ブログ内検索
カテゴリー
月別アーカイブ
リンク
RSSフィード