「菌類の知られざる世界」

長くブログを更新せず、申し訳ありませんでした。
更新再開にあたり、ベストセラーの新刊の期間限定記念セールをします。

記念セール!ただし4月24日(月)ご注文分まで。

日本菌学会創立60周年を記念して出版!
菌類の知られざる世界
日本菌学会編(2017年)
「驚きの菌ワールド、菌類の知られざる世界」

東海大学出版部
記念価格税込み 2,050円 (8%税込み定価2,160円)、ただし4月24日(月)ご注文分まで
送料サービス、納期:1週間(在庫)
18x23.5㎝、86ページ?、原色写真多数、ペーパーバック
日本菌学会会員の多数の執筆陣。
図版中心。見開き2ページで多様な菌類からなる“驚きの世界”を興味深く解説!

記事執筆者とテーマは次の通り(ただし抜粋):
・「水と戯れる菌類:水生不完全菌類」(安藤勝彦)
・「黒い壁で陣地を守れ:偽菌核プレートの話」(大沢奈津子)
・「ワムシの捕食菌と寄生菌」(佐藤大樹)
・「ある時は線虫捕食菌、そしてまたある時は…」(中桐昭)
・「クワガタの便乗ダニ「クワガタナカセ」を泣かせる?菌」(升谷勇人・岡部貴美子)
・「糞に生える芸達者なカビ・ヒゲカビ」(宮嵜厚)
・「ウシグソヒトヨタケ柄細胞伸長時のセプチン繊維」(村口元)
・「植物と寄生するアーバスキュラー菌根菌」(坂本一憲)
・「大豆さび病菌の3食付きマンション」(佐藤豊三)
・「スエヒロタケが起こす病気」(芝原友幸・花房泰子)
・「きのこを食べて、きのこのマネをする植物」(末次健司)
・「モグラ類の便所から発生するきのこ」(吹春俊光)
・「外生菌根」(山田明義・遠藤直樹・小川和香奈)
・「日本を代表するカビ・コウジカビ」(細矢剛)
・「陸から海へ、進化途上の海のきのこ」(中桐昭)
・「他人のそら似」(波部健)
・「きのこも化石になる?」(保坂健太郎)
・「包み込まれて潜っていったトリュフ類」(保坂健太郎)
・「カビの胞子をスケッチする」(青木孝之)
・「水中を泳ぐカビ「ツボカビ」」(瀬戸健介)
・「世界のウドンコカビ」(高松進・Jamian Meeboon)
・「クロイボタケ:ビックリ箱から飛び出します」(田中和明)
・「変色するきのこ(イグチ科)」(種山裕一)
・「ドセイタカホコリDidymium saturnus:外より中がスゴい変形菌」(玉山光典)
・「コロニーもいろいろ、胞子を生む方法もいろいろ」(西村和子)
・「ヒゲとまつげを持つカビ シュードラクネラ Pseudolachnella」(橋本陽・田中和明)
・「サルノコシカケはなぜ硬い?」(服部力)
・「冬虫夏草類のミクロの形態(伴さやか)
・「微小菌の宝石 多様な色と形を持つアカツブタケの仲間」(廣岡裕吏)
・「担子菌類胞子のいろいろ」(吹春俊光・大作晃一)
・「細胞質をわける工夫:菌糸隔壁」(藤森祥平・瀬戸健介・山田宗樹)
・「光るきのこ「なぜ」」(保坂健太郎)
・「きのこの持つジグソーパズルジグソーパズル](星野保・池田幸子)
・「不正子嚢菌類の子嚢果、子嚢胞子」(矢口貴志)
・「水辺で戯れる菌類:半水生不完全菌不完全菌」(山口薫)
2013年10月8日からの訪問者数
プロフィール

佐野書店 佐野悦三

最近の記事
ブログ内検索
カテゴリー
月別アーカイブ
リンク
RSSフィード