くろぼ菌類(Smut Fungi)文献

くろぼ菌最新文献!
IllusratedGeneraRustFungi_4th.jpg
Vánky, Kálmán (2013)
「 Illustrated Genera of Smut Fungi, Third Edition 」
( くろぼ菌属図譜、第3版 )

APS Press(米国植物病理学会出版部)
8%税込み23,930円*、送料360円、納期1週間(在庫1冊、在庫切れの場合6-8週間)
*出版元が使用する日本までの国際宅急便の価格が高く、その結果上記価格になりす。

英語、21.5x28.0cm、288ページ、光学顕微鏡写真・走査電顕写真・線画合計118、ソフトカバー
最新の系統分類に基づく104属(うち102属は担子菌、2属は子嚢菌)を検索表、豊富な図版、記載文で解説する。
くろぼ菌類に関心のある方に必携の最新文献。

こちらはお取り寄せ。
21世紀の菌学発展に大きな貢献をしたと賞されるくろぼ菌研究の重要文献。
Smut_Fugi_of_The_World.jpg
Vánky, Kálmán (2012)
「Smut Fungi of the World」 (世界のくろぼ菌類)

APS Press(米国植物病理学会出版部)
8%税込み概算82,900円*+送料650円(ただし東北、北海道・沖縄は別途)
納期6-8週間
*入荷時のUS$レートにより変わることがあります。
英語、21.3x27.5㎝、480ページ、線画650、顕微鏡写真2800、ハードカバー 、重さ4.5㎏もある重くて大きい本。
「Vánky (2012)はくろぼ菌類を2亜門4綱8目26科(もち病菌類は除く)に再編し、「Smut Fungi of the World」(本書) として世界的モノグラフを完成させた。その後、科や属の取り扱いについて若干の変更はあったものの、このモノグラフには、多くの図版とともに93属1650種の詳細な記載があり、種の同定はもとより、宿主や分布などを知る上で欠かせないものである。また、このモノグラフでは、系統解析などの結果を基に、多くの種でその分類学的位置が変更になったことに伴い、属名や種名の変更が行われている。なお、このモノグラフは、彼自身が世界各地から収集した多数の標本を用いた研究成果がその基になっていて、彼の地道な努力には敬意を表する。」 (柿嶌眞(2016) くろぼ菌類の分類の現状ー特に日本産くろぼ菌類の分類学的取扱いについて。日本菌学会会報第57巻第2号2016年11月99-119から引用)
2013年10月8日からの訪問者数
プロフィール

佐野書店 佐野悦三

最近の記事
ブログ内検索
カテゴリー
月別アーカイブ
リンク
RSSフィード