福島の現実

 佐野書店は、ブログをご覧になる皆様がいろんなご意見をお持ちと思うので、政治がらみのことについては、極力触れないようにし、きのこ文献のことだけを書いています。
 しかし、“これだけは言わねば、書かねば”と思うことが出てきます。それは福島第一原子力発電所事故のことです。
 マスコミが事故について報道することが大変少なくなりました。しかし、今なお、わたしたちは、目を向けねばと思います。
ー以下引用ー
○福島の小児甲状腺がん:
NHK福島放送局、福島県のニュース 
甲状腺検査2巡目の結果報告
 「2015年11月30日 NHK福島原発事故をうけて県が進めている甲状腺検査について専門医などで作る会議は2巡目の検査で新たに39人にがんやがんの疑いが見つかったことを明らかにしました。これについて専門医らは「放射線の影響とは考えにくい」とする見解を改めて示しました。」
-引用終わり―
 上記について、ブログ“逝きし世の面影”2015年12月7日に作者:宗純さんが解説を書かれています。
 ブログ:逝きし世の面影
2013年10月8日からの訪問者数
プロフィール

佐野書店 佐野悦三

最近の記事
ブログ内検索
カテゴリー
月別アーカイブ
リンク
RSSフィード