塩津孝博(2015年11月)「熊本県で観察されたきのこ」

紹介!
本書の入手については編者の塩津さんにお問合せ願います。
熊本で観察されたきのこ
塩津孝博編(2015)「熊本県で観察されたきのこ」
A4、214ページ、ペーパーバック
本書の入手については編者の塩津さんにお問合せ願います。

 「九州のきのこ」で美しいきのこ写真を提供された塩津孝博さんが、熊本県で採集・観察されたきのこの記録・報告とをまとめた「熊本県で観察されたきのこ」を2015年11月、出版された。
 1974年から2013年までの40年間に採集や観察されたきのこのデータを分類順にリスト化したものだ。データは、本郷図鑑の分類を採用し、分類順に和名、学名、採取年月日、採取場所・または熊本博物館登録番号の順に並ぶ。確実に同定された種だけを含むものではないと前記に注記されているが、合計1215種もの多くの種が載る。
 大変な労作で、熊本産きのこを知るための最重要文献だ。
2013年10月8日からの訪問者数
プロフィール

佐野書店 佐野悦三

最近の記事
ブログ内検索
カテゴリー
月別アーカイブ
リンク
RSSフィード