FC2ブログ

英語版、バイエルン地方のアセタケ属研究

二度目の紹介
アセタケ属を知るための基礎文献で、詳細な記載と美しい原色図版でも名高い、Stangl J. 1989 「Die Gattung INOCYBE in Bayern」(バイエルン地方のアセタケ属研究)の英訳版。イギリス菌学会が開催した2009年アセタケ属ワークショップでこの英訳版の刊行が決まった。

アセタケ属にご興味がある方、またドイツ語のオリジナル版だけお持ちの方には必携の文献。
(ドイツ語のオリジナル版はもちろんのこと、英訳本も2011年の初版/今回の再版本ともすでに絶版で今後の入手ありません)
The_Genus_Inocybe_in_Bavaria.jpg
Stangl,J (Original 1989, English edition 2011, reprint 2017)
「The Genus Inocybe in Barvaria」(バイエルン地方のアセタケ属)(英語訳版)

8%税込9,360円、送料190円(クリックポスト)、
納期:1週間(在庫4冊、在庫限り、絶版のため今後の入手はできません

英語、17.6x25.0cm、本文344ページ+カラー図版38ページ、ペーパーバック
本書は、1911年出版の英語版を2017年に再版したもの。1989年出版のドイツ語オリジナル版はとっくに絶版。
アセタケ属138種を検索表、顕微鏡図・原色図をつけ詳細に記載する。オリジナルの記載に加え、今回の英語版編集者の最新の見解を種の記載のNoteに記す。また英国での分布状況も追記。索引にはオリジナル出版以降の学名の変更等をリスト化。

ドイツ語の内容を出来るだけ忠実に英語に訳す。また、原色図は、Stangl先生所有の原画を忠実に再現している。

他の主なInocybeアセタケ属文献:
(4)Horak, Egon(2018)「Fungi of New Zealand Vol. 6 Agaricales (Basidiomycota) of New Zealand. 2. Brown spored genera p.p.」(ニュージーランドの菌類第6巻、ニュージーランドのハラタケ目2、茶色の胞子の属)
(3)Matheny, P. Brandon & Neale L Bougher (2017)「Fungi of Australia, Inocybaceae」 (オーストラリアの菌類、アセタケ科)
(2)FERRARI, Erminio (2006) 「Inocybe alpine e subalpine. Il Genere Inocybe (Fr.) Fr. Nel Nord Italia e Paesi Limitrofi」(高山帯と亜高帯のアセタケ属。北イタリアと近隣国のアセタケ属)
(1)小林孝人 (2002)「The taxonomic studies of the genus Inocybe」(アセタケ属の分類学的研究)
2013年10月8日からの訪問者数
プロフィール

佐野書店 佐野悦三

最近の記事
ブログ内検索
カテゴリー
月別アーカイブ
リンク
RSSフィード