「きのこミュージアム」朝日新聞に紹介

「きのこミュージアム、森と菌との関係から文化史・食毒まで」が2014年12月月28日(日)付朝日新聞、“時代を読むこの3冊”の1冊に選ばれました。

ー以下引用ー
評者:池田清彦(早稲田大学教授、生物学)
単にきのこの種類の解説にとどまらず、きのこにまつわる様々な話題を網羅した、きのこエンサイクロペディア(百科事典)とでも呼べそうな本である。オニフスベや冬虫夏草といった珍しいきのこの話から、森ときのこの共生関係、野生のきのこの食毒は実は複雑で、素人はむやみに食べない方がよいといった生死にかかわる話まで、これ1冊読めばいっぱしのきのこ通になれる。特に面白かったのはきのこの名前の話で、きのこに情熱を傾けた先人たちの研究史とも読める。
ー引用終わり-

きのこミュージアム
根田仁(2014)
「きのこミュージアム、森と菌との関係から文化史・食毒まで」
 八坂書房
定価本体1,800円+税、(8%税込1,944円)、送料サービス、納期1週間(在庫)
13x18.8cm、295ページ、本文中に原色写真、白黒写真、図、ペーパーバック、カバー付
2013年10月8日からの訪問者数
プロフィール

佐野書店 佐野悦三

最近の記事
ブログ内検索
カテゴリー
月別アーカイブ
リンク
RSSフィード