国際生物学賞記念シンポジウム

ー転載ー
12月2日(火)と3日(水)、第30回国際生物学賞記念シンポジウムが「生物分類学と進化学の新展開」と題して、日本学士院(2日)、国立科学博物館((3日)(いずれも東京、上野公園内)を会場に開かれます。
両方とも参加申し込みが必要です。
詳細と申し込みはこちらから: https://www.kahaku.go.jp/event/2014/12sympoBio30/
(店主の佐野は、生物分類学の最新の知識を吸収したいと思い、両日参加予定です)

2日(火)のシンポジウム(研究者向けですべて英語で行われます)
日時:2014年12月2日(火) 10:00―17:30、会場:日本学士院 議場
プログラム:
9:00―10:00 Registration
10:00―10:10 Opening program
Session I. Zoology
10:10―10:45 Reconstructing the animal tree of life in the era of genomics, Gonzalo Giribet (Harvard University)
10:45―11:20 The tree of life in the light of the discoveries of the three new phyla, Loricifera, Cycliophora and Micr ognathozoa, Reinhardt M. Kristensen (University of Copenhagen)
Session II. Mycology
11:20―11:55 Phylogenomics of wood decay fungi and the "End of the Carboniferous", David S. Hibbett (Clark University)
11:55―13:00 Lunch
13:00―13:35 A parasitic root on the fungal tree of life inferred using phylogenomics, Timothy Y. James (University of Michigan)
Session III. Botany
13:40―14:15 Genome duplication and angiosperm diversification, Pamela S. Soltis (University of Florida)
14:15―14:50 Ancestral traits and specializations in the flowers of the basal grade of extant angiosperms
Peter K. Endress (University of Zurich)
14:50―15:00 Coffee Break
Session IV. Paleobotany
15:00―15:35 Late Mesozoic pre-angiosperm vegetation, Patrick S. Herendeen (Chicago Botanic Garden)
15:35―16:15 Fossil flowers: New insights in angiosperm evolution, Kaj R. Pedersen (University of Aarhus) and Else Marie Friis (Swedish Museum of Natural History)
16:15―16:30 Coffee Break
Special Lecture by the prize winner
16:30―17:30 Paleobotanical data and the origin of flowering plants 「古植物学的データと被子植物の起源」, Peter Crane (イェール大学) (この講演のみ日本語の同時通訳付き)

3日(水)のシンポジウム(一般対象で日本語で行われます)
日時:2014年 12月3日(水)、10:00~15:30、会場:国立科学博物館 日本館2階講堂
参加費: 無料。ただし、別途入館料が必要(一般・大学生:620円、高校生以下・65歳以上:無料)
プログラム:
9:00~  受付
Session I. 生物の分類の体系化~生物の世界の秩序を探って~
10:00~10:05 開会あいさつ
10:05~10:40 「第30回 国際生物学賞 受賞者ピーター クレイン博士 ~花の起源と初期進化への挑戦者~」、高橋正道 (新潟大学)
10:40~11:15 化石から読み解く進化:恐竜から鳥類へ、真鍋真 (国立科学博物館)
11:15~11:50 世界一大きい「花」ショクダイオオコンニャク、遊川知久 (国立科学博物館)
11:50~13:00 昼食・休憩
Session II. 生物多様性研究の最先端~驚異の生物を探って~
13:00~13:35 生きる化石「接合菌」から探る菌類の陸上進出、出川洋介 (筑波大学)
13:35~14:10 珍渦虫とは何なのか、中野裕昭 (筑波大学)
14:20~14:55 昆虫の高次系統推定の進展とゲノム時代の昆虫形態学、吉澤和徳 (北海道大学)
14:55~15:30 深海に棲む大型イカ類、窪寺 恒己 (国立科学博物館)
2013年10月8日からの訪問者数
プロフィール

佐野書店 佐野悦三

最近の記事
ブログ内検索
カテゴリー
月別アーカイブ
リンク
RSSフィード