公開シンポジウム 「きのこの未来」

11月23日(金・祝日)、国立科学博物館上野本館で公開シンポジウム「きのこの未来」が下記のとおり開催されます。



公開シンポジウム 「きのこの未来」
主催:鳥取大学グローバルCOEプログラム「持続性社会構築に向けた菌類きのこ資源活用」
共催:国立科学博物館、鳥取大学農学部附属菌類きのこ遺伝資源研究センター、日本菌学会
日時:2012年11月23日(金・祝日)13:00~16:00
場所:国立科学博物館上野本館 講堂
参加料:博物館常設展入館料のみ必要 (一般・大学生 600円,高校生(高等専門学校生含む)以下 無料)
申込不要(先着順)

プログラム
13:00 開会
13:10-13:40 「世界中できのこを調査する意義と面白さ」保坂健太郎先生
13:40-14:10 「医療分野への菌類資源の活用:菌類きのこを使った高尿酸血症・痛風の予防」久留一郎先生
14:10-14:40 「きのこに潜む酵素の可能性」有馬二朗先生
14:40-15:00 休 憩
15:00-15:30 「きのこの発酵能を活用したバイオエタノール生産」岡本賢治先生
15:30-16:00 「エルサルバドルのきのこ類調査の成果と今後の展望」前川二太郎先生
詳細:
http://rendai.muses.tottori-u.ac.jp/Japanese_data/gcoe/files/kahaku.pdf
を参照願います。
2013年10月8日からの訪問者数
プロフィール

佐野書店 佐野悦三

最近の記事
ブログ内検索
カテゴリー
月別アーカイブ
リンク
RSSフィード