A Revision of the Genus Rhodocybe

“Rhodocybe ムツノウラベニタケ属に関心のある方には必携の重要文献”
A_Revision_of_the_Genus_Rhodocybe.jpg
Baroni, Timothy J. (Original 1981) (Repr. 2011)
「A Revision of the Genus Rhodocybe Maire(Agaricales)」
(ムツノウラベニタケ属の改正)

Nova Hedwigia, Beih. 67
8%税込10,280円、送料360円、納期1週間(在庫1冊
英語、16.6x23.4cm、194ページ、顕微鏡図・胞子や担子器のSEM 写真・白黒標本写真合計150図、ハードカバー
Rhodocybe ムツノウラベニタケ属は、1926年、R. Maireによって提案された属で、その後1975年のSinger (The Agaricales in modern taxonomy. 3rd ed.)まで、幾度も属の概念が修正され、新種が記載されてきた。著者Baroniは、本書で、属概念を明確にし、本属 Rhodocybe ムツノウラベニタケ属に7節49種を認め、属から節への検索表、さらに種への検索表を作成するとともに、個々の種を詳細に記載する。シスチジアの顕微鏡図、胞子の走査電顕写真、白黒の標本写真など合計150図をつける。
ムツノウラベニタケ属に関心のある方には、必携の重要文献。
2013年10月8日からの訪問者数
プロフィール

佐野書店 佐野悦三

最近の記事
ブログ内検索
カテゴリー
月別アーカイブ
リンク
RSSフィード