タマゴタケ複合種

“在庫切れ”(2012年5月10日)
The_Amanita_caesaria-complex.jpg
Guzman, Gaston & Florencia Ramirez-Guillen (2001)
The Amanita caesarea-complex  (タマゴタケ複合種)

参考価格 5,870円(税込み、送料別)、納期約8週間(在庫切れ、お取寄せ)
英語。15x19cm。66ページ。ペーパーバック。原色写真16、線画など合計107図。
 本書によりタマゴタケ類似種の全貌が明らかになった。
 メキシコ、米国東部、カナダ、ヨーロッパ、アフリカ、アジア産のタマゴタケとその類似種と考えられる240以上の標本を詳細検討し、その内容を明らかにした。タマゴタケ複合種は、少なくとも13種に分けられることが分かり、A. basiiなど合計5種が新種記載された。日本産のA. hemibaphaといわれるタマゴタケはロシアに産するA. caesareoidesではないかとの疑問も出された。
 池田良幸(2005)北陸のきのこ図鑑には、セイヨウタマゴタケ(A. caesarea)とタマゴタケ(A. hemibapha;本文のママ)の2種を載せる。A. hemibaphaはA. caesareoidesではないかという本書の考えは備考で触れている。

テーマ : オススメの本の紹介
ジャンル : 本・雑誌

2013年10月8日からの訪問者数
プロフィール

佐野書店 佐野悦三

最近の記事
ブログ内検索
カテゴリー
月別アーカイブ
リンク
RSSフィード