カメルーンの菌類

“2007年10月文献案内で一度紹介”
Bibliotheca_Mycologcia_202.jpg
Douannla-Meli, Clovis (2007) 
「Fungi of Cameroon. Ecological diversity with emphasis on the taxonomy of Non-gilled Hymenomycetes from the Mbalmayo forest reserve」
(カメルーンの菌類、ムバルマヨ森林保護区のヒダナシタケ類の分類に重点を置いた生態的多様性)
 
Bibliotheca Mycologica Band 202  
価格 16,630円(税込み)、送料350円(レターパック350)、納期1週間以内((小部数在庫)
英語。14.3x22.5cm。9+410ページ。本文中に顕微鏡図多数。ペーパーバック。
 アフリカ中央部、カメルーンのまさに熱帯域位置するムバルバヨ森林保護区の主に材に発生するヒダナシタケ類を中心にした菌類フロラの研究報告書。 著者はカメルーン出身でドイツ、カッセル大学生物学研究所に席をおく研究者。
 現地住民のきのこの利用や、きのこの発生の季節変動などの報告もあるが、主要部はヒダナシタケ類に限っての種の解説部分で本書の約半分を占める。ヒダナシタケ目、腹菌類、異担子菌類に属する27科54属の140種を線画や走査電顕写真をつけ詳細に解説する。
 佐野の興味のある分類群では、Ramariaホウキタケ属3種、Trametesシロアミタケ属11種、Phellinusキコブタケ属10種、Cyathusチャダイゴケ属6種、Geastrumヒメツチグリ属4種、Caloceraニカワホウキタケ属4種、Tremellaシロキクラゲ属2種など。本書での新種記載は次の通り。Clavulina arcuatus Dounala-Meli, Lentariria acuminata Dounala-Meli, Pterula hyphoides Dounala-Meli, Phylloporia resupinatus Dounala-Meli & Ryvarden, Coriolopsis antleroides Dounala-Meli & Ryvarden, Nigroporus stipiatus Dounala-Meli & Ryvarden。
2013年10月8日からの訪問者数
プロフィール

佐野書店 佐野悦三

最近の記事
ブログ内検索
カテゴリー
月別アーカイブ
リンク
RSSフィード