古書:聖なるきのこの探求者

古書
The_Sacred_Mushroom_Seeker.jpg
Riedlinger, Thomas J. (Edit.) (1997)
The Sacred Mushroom Seeker Tribute to R. Gordon Wasson 
(聖なるきのこの探求者、ゴードン・ワッソンにささげる)

Park Street Press
価格 4,970円(税込み)、送料350円(レターパック350)
状態:良
英語、17.9x26.6cm、283ページ、ペーパーバック
本書は、世界で最初に幻覚きのこを民俗学的に研究したGordon Wasson (1898-1986)の偉業について26人もの学者や関係者が文章を寄せたワッソンの全てを知ることの出来る文献。ワッソンの業績や人となりをいろんな角度からレポートする。
なお、ワッソンの本業は銀行家で、金融の中心地、ニューヨーク、ウオール街に本店を置く有力銀行J.P.モルガン銀行の副頭取であった。銀行家にしてきのこ民俗学者、まさに異色の学者であった。

「アメリカのWasson氏がメキシコで1000年以上も昔から伝えられている幻覚性菌の民俗学的研究を進め、この資料を根底とし、Heim博士がこの菌の分類学的研究を受け持ち、その数種について純粋培養に成功し、これを材料としてスイスの Hofmann 博士が化学分析し、幻覚剤として PsilocybineとPsilocineを取り出した。そして病理研究まで進んだ。民俗学者、分類学者、化学者の3名で研究は成功したのである」(小林義雄(1989)「菌学・地衣学の偉人50名の肖像と略伝」から)
2013年10月8日からの訪問者数
プロフィール

佐野書店 佐野悦三

最近の記事
ブログ内検索
カテゴリー
月別アーカイブ
リンク
RSSフィード