FC2ブログ

小学館の図鑑NEO きのこ DVDつき

きれいな写真とわかりやすい解説、加えて700種もきのこが載る佐野書店おすすめの入門図鑑です。
 小学館図鑑NEOきのこ改訂版
図鑑ネオ2  図鑑ネオ3  図鑑ネオ4 
図鑑ネオ5  図鑑ネオ6  図鑑ネオ7
保坂健太郎(監修)、大作晃一(写真) (2017/12)
「小学館の図鑑NEO [改訂版] きのこ DVDつき」 

佐野書店価格(税込み)2,110円 (定価の3%引き)、送料サービス、納期1週間(在庫)
(定価2160円)
A4、160ページ、大作さんの美しい白バックのきのこ写真多数

おすすめの点;
きれいな写真とわかりやすい解説。
きのこ図鑑としては多い約700種を解説
最新のDNA分類を採用。
同一ページに同じ仲間のキノコを載せ、種を区別する特徴を矢印で説明。

残念な点:
顕微鏡図がないこと
(顕微鏡図は、ほとんどの方が顕微鏡を持っていないから無駄という意見がある。しかし「きのこは、外見だけでは分からない」のも事実だ。今回の「毒」・「食用」誤記騒動も、外見写真だけからきのこの種を同定したことが発端かも知れない)
学名がない(子供向けだから不要、という意見ある。でもきのこ好きの大人も見るんだから…)

基礎から学べる菌類生態学

本書受け取られたお客様から、
期待以上の内容でした。これまでに日本では出ていなかった良書ですね。
というメールをいただきました。

2018年3月新刊!
基礎から学べる菌類生態学
大園享司(2018)
「基礎から学べる菌類生態学」
、共立出版
8%税込2,570円 (定価2,700円の5%引き)、送料サービス
納期:すぐに発送
A5、272ページ、
日本語で読める初めての菌類生態学のテキスト。入門的,導入的な内容に絞り,初めて菌類の生態学に触れる読者が親しみながら学べる工夫がされている。

地上に出ているいわゆるきのこは、植物で言えば花に相当する部分です。
地下の菌糸も含め全体がきのこ(菌類)という生き物です。
「基礎から学べる菌類生態学」は、この菌類を、どんな生き物か、最新の分類ではどうなっているか?どんな生活をしているか?などについて、やさしく解説した入門書です。

採集したきのこの名前を図鑑で調べることももちろん大切ですが、そのきのこがどんな生き物かを知ることも大切かと思います。

目次:
第 1 部 基礎生物学編 1
第 1 章 菌類はどのような生物か 3
1-1 菌類にまつわる用語 ....................... 3
1-2 菌類とよばれる生物 ....................... 8
1-3 菌類の種数 . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . 11
さらに勉強したい人のために . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . 12
理解度チェッククイズ . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . 12
BOX1-1  生物学用語の補足説明 (1) . . . . . . . . . . . . . . . . . 13
BOX1-2  菌類の推定種数はどのように計算されているのか . . . . 16
BOX1-3  その名前,本当に菌類ですか? . . . . . . . . . . . . . . 18

第 2 章 菌類の系統と分類 21
2-1 生物界における菌類の位置づけ . . . . . . . . . . . . . . . . . 21
2-2 菌類の高次分類群:基部にくる菌類 . . . . . . . . . . . . . . . 27
2-3 菌類の高次分類群:ディカリア . . . . . . . . . . . . . . . . . 31
さらに勉強したい人のために . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . 35
理解度チェッククイズ . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . 36
BOX2-1  不完全菌類とは何か . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . 36
BOX2-2  菌類の命名規約に関する動向 . . . . . . . . . . . . . . . 37
[ 第3章以降は「続きを読む」をクリック願います ]

続きを読む

Boletes of Eastern North America (北アメリカ東部のイグチ類)

売れました
最新の系統分類にもとづく本書は、イグチの仲間に興味を持つ方には必携の1冊!
Boletes_of_Eastern_Noerth_America.jpg
Alan E. Bessette, William C. Roody &, Arlene R. Bessette (2017/1))
「Boletes of Eastern North America、(Hardcover)」
(北アメリカ東部のイグチ類、ハードカバー版)

Syracuse University Press
参考8%税込み14,560円、送料510円、売れました
英語、17.8x25.5㎝、13+469ページ、原色写真多数、ハードカバー
北米東部、合衆国からカナダにかけて分布するイグチの仲間40属193種と未記載種8種を、350を越える原色写真で詳細に解説する。
類似種との違いも丁寧に説明する。
野外での同定を容易にするマクロな形態をもとにした32ページに及ぶ検索表を備える。
分類は最新の系統分類に基づく。
同じ著者たちが2000年に出版した「North American Boletes. A color Guide to the Fleshy Pored Mushrooms」(北米のイグチ類 肉質管孔のあるきのこ原色ガイド)の同定誤りも本書で訂正する。

北アメリカ東部のヌメリガサ科

“再紹介” 2012年の出版時に、2冊の在庫しかありませんでしたが、一度紹介しました。
Waxcap_Mushrooms_of_East_N_America.jpg  Waxcap_Mushrooms2.jpg
Bessette, Alan E. , William C. Roody, Walter E. Sturgeon & Arleen R. Bessette (2012)
「Waxcap Mushrooms of Eastern North America」
(北アメリカ東部のヌメリガサ科のきのこ)

8%税込 8,970円、送料180円、納期1週間(在庫3冊
英語、18.5x16.1cm、10+179ページ、原色写真多数、ハードカバー、カバー付
米国のテキサス州からカナダのサスカチュワン州を結ぶ線より東側に産するヌメリガサ科ヌメリガサ属32種・9変種とアカヤマタケ属52種・14変種、合計84種・23変種(うち新組合せ18)を原色写真を付け詳細に解説する。顕微鏡写真・図はないが顕微鏡的特長を文章で記載する。
ヌメリガサ科のきのこに興味を持つ方には必携の図鑑。

きのこストラップ

新紹介: 「きのこストラップ」
ストラップ1

作家さんが一点一点手作りした「きのこストラップ」
きのこのヒダやツボ・ツバなど大変精巧にできています。
8%税込み@700円~@1,500円

5月26日(土)・27日(日)、信州大学農学部伊那キャンパスで開催の「日本菌学会第62回大会」で展示販売いたします。

きのこのシンブル(Thimble)

きのこのシンブル(Thimble)
8%税込み1,500円+送料
在庫:(1)2個、(2)1個、(3)1個
底辺の直系2.3cm、高さ4.8㎝、本体磁器製
本体に「Hondarribia」の文字とパラドールの紋章あり
シンブルアンズタケ  シンブルきのこ2 シンブルきのこ3
(1)               (2)        
(3)
シンブル(Thimble)とは、パッチワークやキルティングなど裁縫の時に指にかぶせて使う「西洋指ぬき」のことです。指ぬきそのものは、大変古くからあるものです。

磁器製のシンブルは、1709年ヨーロッパで初めて磁器の焼成に成功したドイツのマイセン窯が1720年頃に生産を始めたそうです。

以降、イギリスのウェッジウッドやデンマークのロイヤル・コペンハーゲンなど有名陶磁器メーカーにより美しい絵付けやデザインのシンブルが作られました。

たちまちヨーロッパ女性のコレクションアイテムになり、今では世界中に愛好家を持つ収集品になっています。

写真のシンブルは、スペイン北西部、バスク自治州オンダリビア(Hondarribia)にある古い城塞を改修したホテル「パラドール デ オンダリビア」で仕入れたものです。

パラドールとは、古城や貴族・領主の館、あるいは由緒ある修道院を宿泊施設に改修したスペインの半ば国営のホテル。グラナダのアルハンブラ宮殿内にある「パラドール デ グラナダ」が有名です。

新作きのこ絵皿、その1:手描ききのこ絵白磁プラチナ縁四角皿

新作のきのこ絵皿を順次ご案内します。

5月26日(土)・27日(日)、信州大学農学部伊那キャンパスで開催の「日本菌学会第62回大会」から展示販売いたします。

その1:手描ききのこ絵白磁プラチナ縁四角皿(大きさはすべて同じです)
8%税込1,700円+送料(ゆうパック60サイズ実費)
大きさ:11.5x11.5㎝、日本製
作家さんが一枚一枚手描きするため全く同じ図柄・色のものはありません。色は画像に比べ淡い場合があります。
一人の作家さんによる手描きのため製作枚数が限られています。売れ切れの場合はご容赦願います。
プラチナ縁四角皿ベニタケ1  プラチナ縁四角皿きのこミドリ11
(1)                       (2)
プラチナ縁四角皿きのこムラサキ11  プラチナ縁四角皿ツチグリ11
(3)                        (4)
プラチナ縁四角皿きのこミドリ11
(5)

The Fungi, Third Edition(菌類、第3版)

売れ切れです!
新紹介!
The_Fungi_Third_Edition.jpg
Watkinson, Sarah C. , Lynne Boddy & Nicholas Money (2016)
「The Fungi, Third Edition、 (Paperback)」(菌類、第3版、ペーパーバック)

参考8%税込み10,740円、送料510円(レターパック)、
売れ切れです!

英語、19x23.4㎝、15+本文449+カラー図版27ページ、ペーパーバック
出版時の最新の知見をもとに菌類を解説する総説書。
総説書では、著者・編者たちが菌類のどの分野に力を入れて解説するかで特徴がでる。
本書は、Chapter 6: Molecular Ecology(第6章:分子生態学)に多くを割く。

第6章には「The Application of DNA Technology in the Ecology of Fungi」(DNA技術の菌類生態学への応用)、「Fungal Diversity in the Environment」(環境中の菌類多様性)、「Linking Fungal Diversity and Ecosystem Processes」(菌類多様性と生態系との関連付け)、「Whole-Genome Sequencing and Comparative Genomics」(全ゲノムシーケンスと比較ゲノム解析)など、最新にしてしかも興味深いテーマの解説がならぶ。

図鑑と違い文字の多い本書だが、興味を魅かれる章を順に拾い読みしていくのも、菌類に関心を持つ者には必要ではなかろうか。

目次:
Preface
Acknowledgements
Note on Taxonomy
Chapter 1: Fungal Diversity
(第1章:菌類の多様性)

Evolutionary Origins of the Fungi and Their Relationships to Other Eukaryotes
The Classification of Fungi
Fungal Phyla
Microsporidia
Miscellaneous Microorganisms Studied by Mycologists
Chapter 2: Fungal Cell Biology and Development
(第2章:菌類細胞生物学と発生)

Organelles, Cells, Organs
Cell Structure
Growth and Cell Division
The Mycelium
Multicellular Organs

第3章からは[続きを読む]をクリック願います。

続きを読む

Die Myxomyceten

 いずれの巻も拡大写真の解像力がすばらしい。
 この超高解像度の写真は、佐野たち変形菌好きの間では、ライカのカメラにツアイスのマクロレンズをつけて撮ったに違いないとうわさしあっていた。撮影者がライカやツアイスを生んだドイツの人であること、日本製のカメラとレンズではこれほどの解像度の写真は難しいだろうという勝手な推測からであった。
 著者たちが来日した時、歓迎の一席を設け聞いたところ、これらの写真は日本のミノルタの一眼レフにやはりミノルタの広角レンズをリバース(逆向き)に取り付けて撮影したという返事であった。一同意外に思うと共に、日本のカメラとレンズの優秀さを再認識させられた。

変形菌に興味を持つ方には必携の一冊。著者たちよる自費出版のため入手は簡単ではない。
Die_Myxomyceten_3.jpg
Neubert, Hermann, Wolfgang Nowotny & Karlheinz Baumann (2001)
Die Myxomyceten Deutschlands und des angrenzenden Alpenraumes Band 3
(ドイツとアルプス周辺地域の変形菌図鑑、第3巻、ムラサキホコリ目)

Verlag Karlheinz Baumann, Germany
8%税込価格 19,770円(本体18,306円+税)、送料:510円、納期1週間(在庫3冊
ドイツ語。17x25cm。391ページ。ハードバック。原色写真、顕微鏡図、走査電顕写真など多数。
ムラサキホコリ目210種・変種を詳細記載する。本シリーズはこの第3巻にて完結した

 微細な変形菌の原色拡大写真の解像力は、日本で撮られた写真しか知らない我々にとって驚きに値する。コマトリカやランプロデルマの青みを帯びた金属光沢に光るペリディウムが見事に原色写真で捉えられている。これらのすばらしい写真だけでもこの図鑑を入手する価値がある。
 変形菌に興味を持つ方には必携の一冊。だが、著者たちよる自費出版のため入手は容易でない。

Die_Myxomyceten_2.jpg
Neubert, Hermann, Wolfgang Nowotny & Karlheinz Baumann (1995)
Die Myxomyceten Deutschlands und des angrenzenden Alpenraumes Band 2
(ドイツとアルプス周辺地域の変形菌図鑑、第2巻、モジホコリ目)

Verlag Karlheinz Baumann, Germany
8%税込価格 19,770円(本体18,306円+税)、送料:510円、納期1週間(在庫2冊
ドイツ語。17x25cm。368ページ。原色写真、顕微鏡図、走査電顕写真など多数。

Die_Myxomyceten_1.jpg
Neubert, Hermann, Wolfgang Nowotny & Karlheinz Baumann (1993)
Die Myxomyceten Deutschlands und des angrenzenden Alpenraumes Band 1
(ドイツとアルプス周辺地域の変形菌図鑑、第1巻、ツノホコリ目ほか)

Verlag Karlheinz Baumann, Germany
8%税込価格 19,770円(本体18,306円+税)、送料:510円、納期1週間(在庫2冊
ドイツ語。17x25cm。344ページ。ハードバック。原色写真、顕微鏡図、走査電顕写真など多数。

他のおすすめ変形菌文献:
・Poulain, Michel, Marianne Meyer & Jean Bozonnet (2011) 「Les Myxomycetes」(変形菌)
・川上新一(解説)、新井文彦・高野丈(写真)(2018/1)「観察から識別まですべてがわかる! 変形菌入門
・増井真那(2017/11)「世界は変形菌でいっぱいだ
・その他の変形菌文献:右欄のカテゴリー「変形菌・ 粘 菌」をクリックしてください。

テーマ : オススメの本の紹介
ジャンル : 本・雑誌

きのこ尽くしてぬぐい/粘菌尽くし手ぬぐい

ご注文は、右欄の「ご注文メールフォーム」からお願いします。

新作の「粘菌尽くし手ぬぐい」が加わりました。

 手ぬぐい粘菌尽くし01  和手ぬぐいベージュ01  和手ぬぐい黒01
新作「粘菌尽くし手ぬぐい」「きのこ尽くし手ぬぐい:ベージュ」「きのこ尽くし手ぬぐい:黒」  
  価格:各1本 8%税込み1,500円、送料(5本まで)180円
  「きのこ尽くしてぬぐい」のご注文に際しては色(ベージュ又は黒)をお書き願います。

サイズ:34cm×84cm、素材:綿100%
木綿地に江戸本染め「注染」と呼ばれる伝統の方法で染められた和手ぬぐいです。
つくばや京都で開かれたきのこ展、千葉や横浜のきのこ大祭で人気でした。

白産大型菌類(キノコ)調査報告

売れ切れました。

日本では数少ない高山帯のきのこの調査報告書。
高山帯に分布するきのこに関心のある方には外せない必須文献!

白山調査報告1
   (表紙)
白山調査報告12 白山調査報告3 白山調査報告4  白山調査報告15   白山調査報告16JPG
(調査範囲図)、   (高山帯キノコ)、  (亜高山帯キノコ)、 (ハイマツ帯注目種分布図)、(未解決種の解説追加)
ー日本で初の高山帯のきのこの調査報告書ー
白山産大型菌類調査報告書編集委員会編著(2016年1月)
「白山産大型菌類(キノコ)調査報告」
 ー石川県側1977~2010-

売れ切れました。
参考頒布価格 1,500円+送料180円

A4、原色図版29ページ、本文95ページ、ペーパーバック
本書は、1977年から34年余りにわたる白山の菌類調査の結果を、白山産大型菌類調査報告書編集委員会(代表:池田良幸氏)がまとめたもの。

古くから信仰の対象とされてきた白山は、石川県と岐阜県にまたがる標高2,702mの山で、自然豊かなその山域は、国立公園に指定されている。標高2,400m以上がハイマツを中心とする高山帯、それ以下標高1,600mあたりまでオオシラビソを中心とする亜高山帯をなしている。1,600m以下は、ブナ科を中心とする冷温帯落葉樹林が卓越する山地帯をなしている。

菌類調査は、これら高山帯、亜高山帯、および山地帯に発生する大型菌類、いわゆるきのこを対象に1977年から約34年の長きにわたり継続的に行われてきた。本書は、標本の同定・保管など調査の中心的役割を果たされた池田良幸先生を代表とし、多くの関係者からなる白山産大型菌類調査報告書編集委員会が2014年秋から足掛け2年をかけまとめ上げたもの。
特筆すべきは、20ページにおよぶきのこの原色生態写真だ。中でも3ぺージにわたる高山帯のきのこは、仮称・新産に満ちており、大変興味深い。ただ、鮮明さに欠けるのが残念。
また、「新版北陸のきのこ図鑑」および「追補北陸のきのこ図鑑」の未掲載の10種について、“未解決種の解説追加”の章を設け、記載文と顕微鏡図を載せる。
目次:
1白山の概要、2白山の気候、3白山の植生、4調査方法、5調査結果、6考察、7総括、8終わりに、学名索引・和名索引

Phyllachoraceae of Australia

Fungal_Diversity_Res_Ser_17.jpg
PEARCE, Ceridwen A. & Kevin D. HYDE (2006)
「Phyllachoraceae of Australia」

Fungal Biodivfersity Resarch Series 17
8%税込み価格12,120円、送料360円、納期1週間(在庫1冊
英語、18.4x26.1cm、8+308ページ、白黒顕微鏡写真多数、ハードカバー
The Phyllachoraceae are predominantly biotrophic plant parasites (e.g. Phyllachora spp.). In this treatise, the literature on the Phyllachoraceae is reviewed, with an emphasis on the history of the Phyllachoraceae in Australia. The phyllachoraceous genera of Australia are introduced, and the taxonomic characters used to delineate taxa are discussed. In total, more than 1100 specimens of phyllachoraceous taxa have been examined . The 84 acceptable phyllachoraceous taxa from 18 angiosperm families in Australia are described, and illustrated with photomicrographs and distribution maps(出版元の内容紹介文を引用)

Fungal Diversity Research Series 既刊:
Series 20、Novel Techniques and Ideas in Mycology> (菌類学における新手法とアイデア)
Series 19、Agaricales of New Zealand 1. Pluteaceae-Entolomataceae, The Fungi of New Zealand Vol. 5
Series 18、Genera of Freshwater Fungi(淡水の菌類の属)
Series 17、Phyllachoraceae of Australia
Series 16、Fungi on Trees and Shrubs in New Zealand、The Fungi of New Zealand Vol. 4
Series 15、Introduction to Fungi of New Zealnd. The Fungi of New Zealand Vol. 1
Series 14、Sporidesmium, Endophragmiella and related genera from China
Series 13、Revision of the Ascomycete genus Amphisphaeria
Series 11、Myxomycetes of New Zealand (ニュージーランドの変形菌) The Fungi of New Zealand Vol. 3
Series 10、Freshwater Mycology (淡水菌類学)
Series 9、The Genus Mycena in South-Eastern Australia、(南西オーストラリアのクヌギタケ属 )
2013年10月8日からの訪問者数
プロフィール

佐野書店 佐野悦三

最近の記事
ブログ内検索
カテゴリー
月別アーカイブ
リンク
RSSフィード