FC2ブログ

2月3日(土)は、菌類懇話会の講座、於:かわさき宙と緑の科学館

2月3日(土)、菌類懇話会の講座が、神奈川県川崎市の「かわさき宙と緑の科学館」でひらかれます。

佐野は演者の一人として「(仮)外国の素晴らしいきのこ図鑑」と題し、19世紀末から20世紀初頭にかけて出版された、図が大変美しく、しかも学術的にも重要なきのこ図鑑について、実物を持参してお話しします。

めったに目にすることない図鑑を間近に見ることが出来る貴重な機会です。ぜひご参加ください。



菌類懇話会講座:「きのこ図鑑ができるまで」
日時:2月3日(土)13時~16時半
場所: 「かわさき宙と緑の科学館」 2F 学習室、(神奈川県川崎市、生田緑地内)
アクセス:小田急線「向ヶ丘遊園」駅南口から徒歩約15分。 
費用:入場無料、ただしプラネタリウムは有料。
演者:
 1 井澤健輔 (山と渓谷社、編集者)
 2 境野圭吾 (文一総合出版、編集者)
 3 中島淳史(「しっかり見わけ観察を楽しむきのこ図鑑」著者
 4 大作晃一(きのこ写真家)
 5 佐野悦三

会場では、1月末出版の 「観察から識別まですべてがわかる! 変形菌入門」 このは No. 13、川上新一(解説)、新井文彦・高野丈(写真)の出版記念特価販売も行われます。

トリュフの栽培、歴史、伝承、および科学

在庫がなくなりました。
“トリュフや地下性菌に興味のある方、また菌根性きのこ栽培に関心のある方にお勧め!”
Taming_the_Truffle.jpg
Hall, I.R., G. T. Brown & A.Zambonelli (2007)
「Taming The Truffle、 The History, Lore, and Science of the Ultimate Mushroom」
(トリュフの栽培、歴史、伝承、および科学) 
 
参考8%税込4,890円、送料180円、在庫切れ
英語。15.8x23.53cm。304ページ。本文中に原色写真。ハードカバー、カバー付。
 ヨーロッパではトリュフは食用きのこの中でも特に珍重される。ペリゴ-ド黒トリュフ(Perigord black truffle: Tuber melanosporum)やイタリア白トリュフ(Italian white truffle: T. magnatum)と呼ばれるブランドのトリュフは、日本人にとってのマツタケよりもはるかに貴重で高価なようだ。イタリア白トリュフが、赤ん坊の頭ほどある巨大なものであったが、「たった1個が高級乗用車1台の価格で取引された」とテレビ放映されたのを見たことがある。
 このように高価なトリュフであるから栽培の試みが熱心に続けられ、今ではフランス、イタリア、スペインなどのほか、ニュージーランド、オーストラリア、米国などでも、根に菌根を作らせた樹木を植栽する方法で行われている。しかし、菌根菌であるトリュフ菌に子実体を作らせることは大変難しく、本書によれば、フランスでは20年以上にわたり毎年40万本以上のトリュフ菌付き樹木が植栽されたにもかかわらず、多くのトリュフ園は栽培に成功せず、トリュフの生産量は顕著には増えていないそうだ。
 日本でもバイオ会社がマツタケの子実体原基の形成に成功し、きのこへの成長にあと一歩だと報道されたことがあった。本書にはマツタケやトリュフのような菌根性きのこのホスト植物なしの栽培研究について皮肉混じりに書かれた項目がある。世界最初にそれに成功したというカリフォルニアトリュフ会社は1991年倒産したそうだ。マツタケについての2001年の日本の研究発表にも皮肉交じりにコメントされており、読んでみると面白い。  
 本書には栽培以外にも、トリュフの人とのかかわりの歴史、生態、種の同定法などが解説され興味深い。特に“現地写真付き自生環境の解説”は日本の野生トリュフ採集に熱心な方々にも大変参考になるに違いない。  

Inocybe alpine e subalpine.

Fungi_Non_Delineati_34-35-36.jpg
FERRARI, Erminio (2006)
「Inocybe alpine e subalpine. Il Genere Inocybe (Fr.) Fr. Nel Nord Italia e Paesi Limitrofi」 
(高山帯と亜高帯のアセタケ属。北イタリアと近隣国のアセタケ属)
 
Fungi Non Delineati Pars 34-35-36 
8%税込価格 12,710円、送料510円、納期1週間(在庫2冊)
イタリア語。17.1x14.0cm。319ページ+原色写真138ページ。顕微鏡図多数。ペーパーバック。
 本書の最大の特徴は138ページにも及ぶ原色写真である。定評のある小林孝人(2002)*は白黒図だけであったが、本書は大判で鮮明な多数の原色写真が種の判別を大いに助けてくれる。もちろん本文中に胞子や各種シスチジアの顕微鏡図を載せ、種の同定には万全を期す。本書は北イタリアからアルプス山脈にかけての高山帯と亜高山帯に分布するアセタケ属を詳細に解説する。記載文に続くOsservazioni(検討)の項目が、イタリア語ではあるが、詳細で大変充実している。本書で新変種1、新品種3が記載された。アセタケ属を知るためには必携の1冊。
*小林孝人(2002)「The taxonomic studies of the genus Inocybe」(アセタケ属の分類学的研究) Nova Hedwigia Beihefte, Beiheft 124 価格 15,730円(税込み、送料別) 納期 1週間以内(在庫)

高山に発生するきのこ文献:
「Funghi alpini delle zone alpine superiori e inferiori. Alpine Fungi from the upper and lower Alpine zones」
(アルプス上部高山帯および下部高山帯の菌類) 

その他アセタケ属文献

日本菌学会第58回大会講演要旨集

日本菌学会第58回大会講演要旨集
古書
「日本菌学会第58回大会講演要旨集」
8%税込540円、送料180円、納期1週間(在庫1冊
状態:並

日本菌学会第57回大会講演要旨集


日本菌学会第57回大会講演要旨集
古書
「日本菌学会第57回大会講演要旨集」
8%税込540円、送料180円、納期1週間(在庫1冊)
書込みあり、状態:並

日本菌学会第55回大会講演要旨集

日本菌学会第55回大会講演要旨集
古書
「日本菌学会第55回大会講演要旨集」
8%税込540円、送料180円、納期1週間(在庫1冊
状態:良

日本菌学会第48回大会講演要旨集

日本菌学会第48回大会講演要旨集
古書
「日本菌学会第48回大会講演要旨集」
8%税込540円、送料180円、納期1週間(在庫1冊
書込みあり、状態:並

愛媛県産菌類確認リスト(2012)

愛媛県産菌類確認リスト
古書
愛媛きのこ観察会 沖野登美雄(2012)
「愛媛県産菌類確認リスト」

売れました
参考8%税込1080円、送料650円、ただし東北950円、北海道・沖縄1250円、
表紙右上角に折跡あり、その他の状態:並
A4、678ページ、ペーパーバック

European Journal of PROTISTOLOGY Vol. 2 No. 2, 2010

European_Journal_of_Protistology_vol_46_No_2_2010.jpg
European Journal of PROTISTOLOGY Vol. 2 No. 2, 2010
8%税込み1080円、送料180円、納期1週間(在庫1冊

「世界は変形菌でいっぱいだ」

2018年1月25日(木)付け日本経済新聞夕刊の「目利きが選ぶ3冊」に、増井真那さんの「世界は変形菌でいっぱいだ」が、最高評価の星五つ(傑作)として紹介されました。

ご注文は、右欄の「ご注文メールフォーム」からお願いいたします。

佐野書店推薦!
これを読めばどんな人でも変形菌が好きになってしまう!!
幼いころから変形菌が大好きで、世界の誰もなしえなかった多くの種類の変形体の培養に成功し、その生態の研究が高く評価され内閣総理大臣賞などいろんな賞を受賞している、若き変形菌研究家、増井真那さんの本が出版されました。
世界は変形菌でいっぱいだ1
増井真那(2017/11)
「世界は変形菌でいっぱいだ」

佐野書店価格(税込み)1,890円 (定価1944円の3%引き)、送料サービス、納期1週間(在庫)
A6 、151ページ、全ページにカラー写真真あり、ペーパーバック、カバー付き

変形菌歴10年、今は高校生になった増井真那さんが、自分の言葉で変形菌の魅力をわかりやすく語りかける珠玉の1冊
真那さんの言葉です。
「どこにでもいます!」 ぼくは誰かに「変形菌ってどこにいるの?」と聞かれたら、いつもそう答えています。

真那さんは「都会の真ん中、街中で吸っている空気の中、家や学校の教室や駅のホームにも変形菌はいるかもしれません。今まさに、あなたの目の前にも浮かんでいるかもしれないなおです。」と書きます。

梅雨のちょっとした晴れ間や梅雨明けのころに公園の落ち葉や、道路わきの溝にたまった落ち葉をひっくり返すと、簡単に見つかる変形菌!春や秋なら倒木や枯れ枝の下側、やや湿ったところを探せば見つかる変形菌!
本当に身近なところにいる変形菌!それでいて知られていない変形菌!
みなさん!本書を読んで変形菌を好きになって探してみよう!

Dictionary of the Fungi, 10th Edition

入荷!但し2冊。
基本書中の基本書
Dictionary_of_the_Fungi_10th_ed.gif
Kirk, P.M, P.F. Cannon,D.W. Mimter & J.A. Stalpers (2008)
「Dictionary of the Fungi, 10th Edition, Hard cover」
(ディクショナリ オブ ザ ファンジャイ第10版、ハードカバー版)

CABI、第10版2008年出版。
8%税込 16,430円、送料650円、ただし東北950円、北海道・沖縄1250円、
納期1週間(在庫2冊
 基本書中の基本書、Dictionary of the Fungi, 10th Edition。出版時の分類体系にもとづき全面的に書き改められました。本書なしで菌類の分類を語ることはできない。

姉妹辞典、全ページ原色図版の菌類の科レベルの図入り辞典:
「Fungal Families of the World」(世界の菌類の諸科)

菌類・きのこの基本書中の基本書(分類関係・和書):
『国際藻類・菌類・植物命名規約(メルボルン規約)[日本語版]』
勝本謙著、勝本謙・安藤勝彦入力編集(2010)『日本産菌類集覧』
日本菌学会編(2014)『新菌学用語集』 
池田良幸(2013)『新版北陸のきのこ図鑑』
池田良幸(著)、橋屋誠・糟谷大河(校閲)(2014)『追補 北陸のきのこ図鑑 付石川県菌蕈集録』
菌類・きのこの基本書中の基本書(分類関係・洋書):
『Dictionary of the Fungi, 10th Edition, Hard cover』 (菌類辞典第10版)
『Illustrated Dictionary of Mycology, Second Edition』 (図解菌学辞典第2版)
「Fungal Families of the World」(世界の菌類の諸科)
『Fungi of Switzerland』 (スイス菌類図鑑)

検証 キノコ新図鑑

きのこに関心のある方々に必携の図鑑!
検証キノコ新図鑑 
検証キノコ新図鑑2  検証キノコ新図鑑3  検証キノコ新図鑑4  
検証キノコ新図鑑5  検証キノコ新図鑑6  検証キノコ新図鑑7
城川四郎(著) ・神奈川キノコの会(編) (2017年5月28日)
「検証 キノコ新図鑑」

佐野書店価格(8%税込)3880円定価の3%引)、送料サービス、納期1週間(在庫4冊
(8%税込定価 3,996円)
18.2x25.8㎝、10+250ページ、原色写真・顕微鏡写真・図多数、ペーパーバック、カバー付き
 本書は、神奈川キノコの会前会長の城川四郎氏が会報「くさびら」に連載した「今シーズン印象に残ったキノコたち」から221種を選び作成された。内訳は担子菌類198種、子嚢菌類23種。一般のきのこ図鑑には紹介されていない種や、問題があると著者が考えた種が中心。そのため和名には仮称や新称が多数。また学名がspで終わっているものも多い。
 解説文は、「肉眼形質」、「顕微鏡形質」、「分布・生態」、それに類似種との違いや著者の意見、参考にした文献番号を記した「メモ」などからなる。
 図版は、きのこ全体をとらえた標本写真、特徴とらえた部分写真、さらに著者手書きの各シスチジア・担子器・胞子・傘表皮などの顕微鏡図からなり、同定に非常に役立つ。
 多数の外国文献を含む参考文献は、番号を振られ巻末にリスト化されるとともに、種の解説のメモ欄にその番号が書かれ、参照が容易なるよう工夫されている。
 資料となった標本の多くは、「平塚市博物館」と「神奈川県立生命の星・地球博物館」に収蔵されており、検証が担保されている。
 現行のきのこ図鑑には載っていない種や、日本での未記載種が多く含まれており、きのこに関心のある方々には必携の図鑑 

冬虫夏草生態図鑑

冬虫夏草生態図鑑
日本冬虫夏草の会 (2014)
「冬虫夏草生態図鑑」、誠文堂新光社

佐野書店価格(税込み)4,720円(定価の3%引き)、送料サービス、納期1週間(在庫3冊
(税込み定価4,860円)
304ページ、原色写真多数、並装
採集・観察・分類・同定、効能から歴史まで約 240種類を日本冬虫夏草の会の会員たちの渾身の原色写真で解説。

他の冬虫夏草文献
「Phylogenetic classification of Cordyceps and the clavicipitaceous fungi」 (冬虫夏草属およびバッカクキン様菌類の系統分類)、Studies in Mycology 57
    遺伝子分析に基づく最新の分類を提示する冬虫夏草属に関心を持つ方には必携の文献。

・日本冬虫夏草の会編(2000) 「清水大典冬虫夏草原図複製」
    日本冬虫夏草の会発足20周年記念。600部限定。清水大典氏の超細密でしかも美しい冬虫夏草図
   の複製画310枚を桐箱に収める。

「菌類の知られざる世界」

日本菌学会創立60周年を記念して出版!
菌類の知られざる世界
日本菌学会編(2017年)
「驚きの菌ワールド、菌類の知られざる世界」

東海大学出版部
佐野書店価格8%税込み2100円定価の3%引き)、送料サービス、納期:1週間(在庫)
(定価8%税込み2,160円)
18x23.5㎝、90ページ、原色写真多数、ペーパーバック
日本菌学会会員の多数の執筆陣。
図版中心。見開き2ページで多様な菌類からなる“驚きの世界”を興味深く解説!

記事執筆者とテーマは次の通り(ただし抜粋):
・「水と戯れる菌類:水生不完全菌類」(安藤勝彦)
・「黒い壁で陣地を守れ:偽菌核プレートの話」(大沢奈津子)
・「ワムシの捕食菌と寄生菌」(佐藤大樹)
・「ある時は線虫捕食菌、そしてまたある時は…」(中桐昭)
・「クワガタの便乗ダニ「クワガタナカセ」を泣かせる?菌」(升谷勇人・岡部貴美子)
・「糞に生える芸達者なカビ・ヒゲカビ」(宮嵜厚)
・「ウシグソヒトヨタケ柄細胞伸長時のセプチン繊維」(村口元)
・「植物と寄生するアーバスキュラー菌根菌」(坂本一憲)
・「大豆さび病菌の3食付きマンション」(佐藤豊三)
・「スエヒロタケが起こす病気」(芝原友幸・花房泰子)
・「きのこを食べて、きのこのマネをする植物」(末次健司)
・「モグラ類の便所から発生するきのこ」(吹春俊光)

続きを読む

きのこレターブック

ご注文は、右欄の「ご注文メールフォーム」からお願いします。

2017年秋に発売された人気の1冊!
この年開催のつくばや京都のきのこ展で大人気!
きのこレターブック1  
きのこレターブック2  きのこレターブック3  きのこレターブック4  きのこレターブック5

「きのこレターブック」
佐野書店価格税込み1760円(定価の3%引き)、送料サービス、納期1週間(在庫)
(8%税込み定価1,814円、(1680円+税))
A5サイズのヨーロッパや日本のアンティークなきのこ絵100枚!
1枚ずつ切り離せますので、額に入れて飾ったり、贈り物に添えるなど、自由に使えます。

ホウライタケ形とモリノカレバタケ形きのこ

入荷!
“この分類群に興味を持つ方には必携の専門図鑑!
A_Monograph_marasmioidcollybioidfungi.jpg
Antonín, Vladimír & Machiel E.. Noordeloos (2010)
「A monograph of marasmioid and collybioid fungi in Europe」
(ヨーロッパ産ホウライタケ形とモリノカレバタケ形きのこのモノグラフ)

IHW-Verlag
8%税込 26,120円、送料510円、納期1週間(在庫3冊
英語。17x24cm。480ページ。129原色図版+131図。CD-ROM付。ハードカバー。
 著者たちの二つの前書、「A monograph of Masmius, ,Collybia and related generain Europe .Part 1」1993、LIBRI BOTANICI 8 および「A monograph of Masmius, ,Collybia and related generain Europe .Part 2」1997、LIBRI BOTANICI 17 の全改定新版として出版された。
 新種、新産種の記載に加え、著者たちが今回採用した分類群概念の変更も詳述する。フリースの分類概念からから現代の遺伝子分析に基づく科や属の概念の変遷、ならびに著者たちの採用した分類概念を概説し、科・属・種の詳細記載を行う。もちろん種への検索表付。参考文献リストも充実。付属するCD-ROMは原色写真ではなく、除外種リストなど文字データが収まる。これによりページ数の増加を抑えたようだ。

IHW-Verlagの他の出版物(すぐに出版元絶版になります):
●Clémençon, H. (2009) 「 Methods for Working with Macrofungi」
●Antonin, V. & M.E. Noordeloos (2004) 「A monograph of the genera Hemimycena, Delicatula, Fayodia, Gamundia, Myxomphalia, Resinomycena, Rickenella, and Xeromphalina (Tribus Mycenae sensu Singer, Mycena excluded) in Europe」 (絶版)
●Uwe Braun (1995,1998)「A Monograph of Cercosporella, Ramularia and allied genera (Phytopathogenic Hyphomycetes) Vol. 1 & Vol.2」  
●Jiri, Moravec (2005) 「A World Monograph of the genus Cheilymenia (Discomycetes, Pezizales, Pyronemataceae)」 LIBRI BOTANICI 21 
●van Brummelen, J (1995)  「A World-Monograph of the genus Pseudombrophila (Pezizales, Ascomycotina)」 Libri Botanici 14  
●Domasch, Gams & Anderson Revised.by W. Gams(2007) 「Compendium of Soil Fungi Second edition revised by W. Gams」  
●Christan, Josef (2008) 「Die Gattung Ramaria in Deutschland」(ドイツのラマリア属) 
●R. Agerer, M. Piepenbring, P. Blanz (eds) (2004) 「Frontiers in Basidiomycote Mycology 」
●Ludwig, Erhard (2000) 「Pilzkompendium. Band 1 Abbilidungen」 (菌類概説第1巻 図版の部)
●Ludwig, Erhard (2001) 「Pilzkompendium. Band 1Text」 (菌類概説第1巻 解説の部) 
●Wasser, S (1993) 「Tribes Cystodermateae Sing. And Leuco-coprineae Sing. Of CIS and Baltic State」 Libri Botanici 9

明けましておめでとうございます。

明けましておめでとうございます。
昨年はお世話になりました。
今年も佐野書店をよろしくお願いいたします。

2013年10月8日からの訪問者数
プロフィール

佐野書店 佐野悦三

最近の記事
ブログ内検索
カテゴリー
月別アーカイブ
リンク
RSSフィード