FC2ブログ

きのこスプーン・フォーク

きのこグッズ、新商品のご案内です。
ご注文は、右の「ご注文メールフォーム」からお願いします。

左から、きのこデザインのティースプーン、ヒメフォーク、デザートスプーン、デザートフォーク
フォークスプーン
共通材質:ステンレス・スティール
ティースプーン:全長13㎝、8%税込み1本200円、送料:6本まで180円
ヒメフォーク  :全長13㎝、8%税込み1本200円、送料:6本まで180円

デザートスプーン:全長17㎝、8%税込み1本250円、送料:6本まで180円
デザートフォーク全長:17.5㎝、8%税込み1本250円、送料:6本まで180円

Xerula/Oudemansiella Complex

在庫1冊です。
“世界中に産するツエタケ属/ビロードツエタケ属群の最新のモノグラフ”
“高価ですが内容は、それ以上に充実”

Nova_Hedw_Beihefte_137_The_Xerula.jpg
Petersen. Ronald H., Karen W. Hughes (2010)
「The Xerula/Oudemansiella Complex (Agaricales)」
(ツエタケ属/ビロードツエタケ属群)
Beihefte zur Nova Hedwigia, Vol. 137

8%税込 25,300円、送料510円、納期1週間(在庫1冊
英語。18x24cm。625ページ。31原色図版ページ。ハードカバー
世界中に産するツエタケ属、ビロードツエタケ属およびその近縁種を、分子遺伝学的、ならびに形態的に検討し、属を再定義し、4新属を提案すると共に、属ごとに種を詳細記載する。
もちろん水田ゆかり氏が新種記載した種・変種も網羅。
目次:
「*」は本書で提案された新属名を示す。
Preface 5
General introduction 9
Materials and methods 19
Molecular phylogenies of the Xerula/Oudemansiella Complex 22
Generic world surveys
Key to agaricoid genera of the complex 57
Dactylosporina 59
Hymenopellis* 80
Mucidula 255
Oudemansiella 270
Paraxerula* 299
Ponticulomyces* 311
Protoxerula* 318
Xerula 326
Color illustrations of basidiomata 353
Type specimen studies 389
Novelties 602
References 604
Subject Index 616
Taxonomic Index 617

Parasitic Flowering Plants (寄生顕花植物)

寄生植物に興味のある方にお勧めの世界レベルの本格的図鑑!
ParasiticFloweringPlantsA.jpg ParasiticFloweringPlantsCont1.jpg ParasiticFloweringPlantsCont2.jpg ParasiticFloweringPlantsCont3.jpg
                              [ 目次 ] 
ParasiticFloweringPlants2.jpg ParasiticFloweringPlants3.jpg ParasiticFloweringPlants4.jpg ParasiticFloweringPlants5.jpg ParasiticFloweringPlants6.jpg 
Henning S. Heide-Jørgensen (2008)
「Parasitic Flowering Plants」 (寄生顕花植物)
、Brill
8%税込19,980円、送料510円、納期1週間(在庫1冊
英語、21.6x26.6cm、438ページ、原色生態写真多数、電子顕微鏡写真・光学顕微鏡写真あり、分布図多数。ハードカバー
他の植物に栄養を依存する植物は寄生植物と呼ばれる。被子植物では19科、約4500種が記載されているそうだ。
本書は、世界じゅうに分布する他の植物に寄生する顕花植物をたくさんの原色生態写真や、光学顕微鏡図・写真、電子顕微鏡写真などを交え包括的に解説する専門図鑑。
寄生植物に興味のある方にお勧めの世界レベルの本格的図鑑だ!

新熱帯区の多孔菌類 第2部

在庫切れ、お取り寄せ。
Neotropical_Polypores_2.jpg
Lyvarden, L. (2015)
Neotropical Polypores Part 2 (新熱帯区の多孔菌類 第2部)
Ppolyporaceae, Abortiporus-Nigroporus (サルノコシカケ科、ニクウチワタケ属ーブドウタケ属)

Synopsis Fungorum 34
参考8%税込み5,640円、送料180円、納期4-6週間(在庫切れ、お取り寄せ
英語、15x21cm。212ページ(232-443ページ)白黒図多数、ペーパーバック

第1部はこちら:Lyvarden, L. (2004) Neotropical Polypores Part 1 (新熱帯区の多孔菌類 第1部)

Synopsis Fungorumの既刊分はこちら: 
http://sanoshoten.blog13.fc2.com/blog-entry-1460.html

Synopsis Fungorum 32 および 33

追加分入荷しました。ただし、ご注文があり、在庫が各1冊になりました。
Synopsis Fungorum 32, および 33 のご案内です。
いずれも Ryvarden先生の論文を中心とした論文集です。
どちらの巻も、新属、新種、新組合せなどの発表が多数あり、硬いきのこ研究には必携の文献です。

Synopis_Fungorum_33.jpg
Lyvarden, L. & others (2015)
Synopsis Fungorum 33、「Various studies of neotropical fungi」(新熱帯区の菌類研究論文集)

8%税込み4,700円、送料180円、納期:1週間(在庫1冊
英語、15x21㎝、53ページ、ペーパーバック
9論文所収。
本書で発表された新属1、新種4、新組合せ6。

Synopis_Fungorum_32.jpg
Lyvarden, L. & others (2014)
Synopsis Fungorum 32、「Collected Papers」(論文集)

8%税込み4,700円、送料180円、納期:1週間(在庫1冊
英語、15x21㎝、80ページ、原色写真・白黒図あり、ペーパーバック
14論文所収。
本書で発表された新属1、新種13、新変種5、新組合せ2。以前に有効に新種発表されたが、本書によってMycobankに登録された種・変種4。

Synopsis Fungorum の既刊分はこちら:
http://sanoshoten.blog13.fc2.com/blog-entry-1460.html

ニュージーランドのウラベニカサ・イッポンシメジ

在庫切れ中
Agaricales_of_NewZealand1.jpg
Horak, E. (2008) 
「Agaricales of New Zealand 1. Pluteaceae-Entolomataceae, The Fungi of New Zealand Vol. 5」 (ニュージーランドの菌類第5巻.ニュージーランドのハラタケ目その1.ウラベニカサ科・イッポンシメジ科)

Fungal Diversity Research Series 19、Fungal Diversity Press 
参考8%税込13,920円、送料510円、在庫切れ中
英語。18.9x26.1cm。22+305ページ、うち原色図版8ページ。ハードカバー。
 ニュージーランドの菌類を網羅しようという意欲的なThe Fungi of New Zealand(ニュージーランドの菌類)シリ-ズの5冊目。ニュージーランド産のウラベニガサ科2属と、イッポンシメジ科6属を、線画の外形図・顕微鏡図に加え、8ページにわたる原色写真を付け詳細に記載する。
“ウラベニガサ属10種、イッポンシメジ属28種、合計38種を新種記載!これら2属に興味ある方必携”
ウラベニガサ科では、ウラベニガサ属15種、フクロタケ属3種を詳細に記載する。そのうちウラベニガサ属10種が新種である。イッポンシメジ科では、6属90種を詳細に記載する。そのうち、ヒカゲウラベニタケ属Clitopilusの2種は未記載種(未命名)。イッポンシメジ属Entolomaの28種が新種。ムツノウラベニタケ属Rhodocybeの1種が新種。Rhichoniellaのひとつが新品種。

Fungal Diversity Research Series 既刊

Rhizoctonia-forming fungi, A taxonomic guide

以前にもご紹介
Rhizoctonia-forming_fungi.jpg
Roberts, Peter (1999)
「Rhizoctonia-forming fungi, A taxonomic guide」
(ライゾクトニア形成菌類:分類ガイド)

8%税込み9,320円、送料180円、納期1週間(在庫1冊
英語、15.5x24.5㎝、8+239ページ、顕微鏡図多数、ソフトカバー

前書きによると、広範な植物に病害をもたらす不完全菌類の Rhizoctonia形成菌類は、Rhizoctonia solani など、いくつかの重要な植物病原菌類を含むが、多くはラン科植物の根に共生する菌根菌類だそうだ。
本書執筆時点までに1万を数える論文が発表されたが、そのほとんどは植物病原菌類 R. solani についてのものであり、他のライゾクトニア形成菌類についての論文は少なく、ましてその完全世代についての論文はさらに少ないそうだ。
本書は、既知の全ライゾクトニア形成菌類の完全世代を、目への検索表、目から属への検索表および種の詳細な記載などにより分類学的に解説する。
なお、本書によれば、完全世代は異担子菌類で、Ceratobasidiales、 Exidiales、 Platygloeales、Tulasnellales の4目に属するそうだ。

糟谷研究室2018きのこカレンダー

販売終了しました。
菌類の若手研究者として知られる千葉科学大学の糟谷大河先生の研究室で2018の年きのこカレンダーをつくりました。
ご厚意で佐野書店で販売させていただきます。
2018糟谷研究室カレンダー
 2018糟谷研究室カレンダー2 2018糟谷研究室カレンダー3 2018糟谷研究室カレンダー4 2018糟谷研究室カレンダー5 2018糟谷研究室カレンダー6

千葉科学大学糟谷研究室作成
「きのこカレンダー2018」
販売終了しました。
寸法: 畳んだ状態 14.7x14.7cm、広げた状態14.7x29.4㎝
1月 ヒメカバイロタけ
2月 ヒラタケ
3月 アミガサタケ
4月 ベニヤマタケ
5月 サンコタケ
6月 ナギナタタケ
7月 タマゴタケ
8月 ヤコウタケ
9月 ドクツツタケ
10月 ホウキタケ属の一種
11月 イボテングタケ
12月 スナヤマチャワンタケ

中国団毛菌目粘菌 

在庫3冊。出版から時価が経ち追加入手出来ません。
Wang Qi & Li Yu (2006)
「中国団毛菌目粘菌 (Trichiales in China)」 (中国の変形菌トリキア目) 

科学出版社、北京。印刷部数500部。
8%税込み 2,600円、送料180円、納1週間(在庫3冊。出版から時間がたち追加入手は出来ません
中国語。19.5x26.4cm。5+134ページ+6原色図版ページ+53走査電顕写真ページ。ハードカバー。
中国に産する変形菌トリキア目、2科8属59種を走査電顕写真や、科・属・種への各検索表をつけ詳細に記載する。中国で新種記載された種が多い。可溶性たんぱくの電気泳動や、数値分類・分岐分類も検討する。53ページに及ぶ走査電顕写真は、やや不鮮明なものが多いが圧巻。世界や中国でのこの分類群の研究史も概観する。Perichaena poronema Y. Li & H. Z. Li を本書で新種記載する。

英国の腹菌類

“在庫切れ、お取り寄せ”
BritishPuffballsEarthstarss.jpg
Pegler, D.N. et al., (1995)
British Puffballs, Earthstars and Stinkhorns: an account of the British Gasteroid Fungi

参考8%税込み 6,640円、送料360円、“在庫切れ、お取り寄せ”(ご注文後:約8週間)
英国の地上性腹菌類図鑑。腹菌類だけをまとめた図鑑は、世界でも珍しく、腹菌類を知りたい方には必携。

Funghi alpini

ヨーロッパアルプスに産する高山きのこを解説。子のう菌や地下生菌もある。
Funghi_alpini.jpg
Jamoni, Pier Giovannni, (2008)
「Funghi alpini delle zone alpine superiori e inferiori. Alpine Fungi from the upper and lower Alpine zones」
(アルプス上部高山帯および下部高山帯の菌類) 

Associazione Micologica Bresadola 
8%税込み23,480円、送料510円、納期1週間(在庫2冊)。
イタリア語、英語の二ヶ国語完全併記。27.7x24.8cm。544ページ。原色図版・白黒図版本文中に多数。ハードカバー。
 高山植物図鑑は珍しくないが、“高山きのこ図鑑”は世界でも初めてではなかろうか(南極や北極の極地のきのこも加えた薄い図鑑はある)。
 本書は著者J.P.Giovanni氏の20年以上にわたるヨーロッパアルプス山脈高山帯のきのこ調査の成果を図鑑にして出版したものだ。雪線末端の上部高山帯、高山植物の咲き乱れる下部高山帯に発生する子のう菌・担子菌のきのこを美しい原色写真や顕微鏡図をつけ解説する。主な解説種は、Cortinarius フウセンタケ属C. alpicolaなど27種(含む変・品種)、Entolmaイッポンシメジ属E. alpicola など23種(含む変・品種)、Inocybeアセタケ属18種(含む変種)、Lactariusチチタケ属L. alpinusなど12種(含む変・品種)、Russulaベニタケ属R. alpignenseなど12種(含む変・品種)などが多い。一方、Amanitaテングタケ属はA. nivalisの1種のみ。子のう菌で多いのはPezziza8種、Helvella5種など。地下生菌Alpova1種、旧腹菌類Bovista3種も載る。

熱帯アフリカの菌類フロラ第3巻:Monograph of Crinipellis and Chaetocalathus

ベルギー国立植物園は、かつて植民地であった旧ベルギー領コンゴ=現コンゴ共和国を中心とする熱帯アフリカ地域に産するきのこ専門図鑑シリーズ、「Fungus Flora of Tropical Africa」(熱帯アフリカの菌類フロラ)を2007年から出版している。
近日再入荷予定!
FungusFloraTropAfrica3Crinipellis.jpg
Antonin, Vladimir (2013)
「Monograph of Crinipellis and Chaetocalathus」
(熱帯アフリカの菌類フロラ第3巻、ニセホウライタケ属と カエトカラスス属のモノグラフ)
Fungus Flora of Tropical Africa Vol. 3

National Botanic Garden of Belgium(ベルギー国立植物園)
8%税込価格4,380円、送料190円、納期:2月末入荷予定
英語、A4、 42ページ、原色写真・顕微鏡図多数、ペーパーバック
アフリカ大陸赤道直下に広がる旧ベルギー領コンゴ=現コンゴ共和国を中心とした熱帯アフリカに産する、ニセホウライタケ属と カエトカラスス属の専門図鑑。ニセホウライタケ属16種+4変種を、 カエトカラスス属3種を検索表・顕微鏡図、原色生態写真・図をつけ詳細に解説する。うちニセホウライタケ属7種+1変種は出版前年の2012年に著者らによって新種記載された種。

本シリーズの既刊:
(3) Fungus Flora of Tropical Africa Vol. 3
「Monograph of Crinipellis and Chaetocalathus」
(熱帯アフリカの菌類フロラ第3巻、ニセホウライタケ属とカエトカラスス属のモノグラフ)

(2) Fungus Flora of Tropical Africa Vol. 2,
「Monograph of Lactarius in Tropical Africa」
(熱帯アフリカの菌類フロラ第2巻、熱帯アフリカ産チチタケ属モノグラフ)

(1) Fungus Flora of Tropical Africa Vol. 1
「Monograph of Marasmius, Gloiocephala, Palaeocephala and Setulipes in Toropical Africa」
(熱帯アフリカの菌類フロラ第1巻、熱帯アフリカ産ホウライタケ属、グロイロケファーラ属、パラエオケファーラ属およびセテュリペス属) 

本シリーズ以前のシリーズ:
(2) 「Flore iconographique des Champignons du Congo」(コンゴのきのこフロラ図譜):お取寄せ
(1) 「Flore illustrée des Champignons d'Afrique centrale」(中央アフリカのきのこフロラ図譜):お取寄せ

The Genus Collybia

“絶版書、古書”
The_Genus_Collybia.jpg
“古書”
Halling, Roy E. (1983)
「The Genus Collybia (Agaricales) in the northeast United States and adjacent Canada」
(米国北東部、および隣接するカナダのヤグラタケモドキ属)
Mycologia Memoir No. 8

8%税込み 8,460円、送料180円
状態:新本同様
英語、14.823.3cm、148ページ、顕微鏡図91図、白黒標本写真22、ハードカバー
 本書は、米国北東部と近接のカナダに産するCollybia ヤグラタケモドキ属32種を詳細に記載する。そのうち新種記載は3、新組合せも3.

「ナガノきのこ大祭」に出店

「ナガノきのこ大祭2017」は盛況のうちに終了しました。
佐野書店にいらしたたくさんの方々に感謝いたします。

なお、佐野書店は、10月21日(土)・22日(日)の二日間、横浜、みなとみらい「MMテラス」で開かれる「ヨコハマきのこ大祭2017」にも出店の予定です。

2017年4月22日(土)と23日(日)の二日間、長野市のビッグハットを会場に「ナガノきのこ大祭2017」がひらかれます。

佐野書店も出展いたします。
きのこグッズを中心にきのこの本も販売します。
今回初めて販売するきのこグッズもいろいろあります。お近くの方は是非お立ち寄りください。

長野市に本社をおくホクト株式会社、エノキで知られたJA中野市、JA 全農長野、日本きのこマイスター協会ほか、手作りのきのこアート作家さんなどが出展します。また、きのこトークもあり、皆様のご来場をお待ちしています。

「ナガノきのこ大祭2017」
  日時:2017年4月22日(土)、10:00~17:00
     2017年4月23日(日)、10:00~16:00
  場所:長野市、ビッグハット
  HP:見る!食べる!愛でる!ナガノきのこ大祭
長野きのこ大祭2017

同時開催:「ほっとパルくらしと健康の博覧会」

Illustrated Dictionary of Mycology, 2nd Edition

何度目かの入荷でしたが、在庫切れになりました。
お取り寄せになります。

英語の文献を読む方には必携の用語辞典。
Illustrated_Dictionary_of__Mycology.jpg
Ulloa, Miguel & Richard T. Hanlin (2012)
「Illustrated Dictionary of Mycology, Second Edition」
(図解菌類学辞典第2版)

APS Press(米国植物病理学会出版部)
参考8%税込 29,470円、送料650円、ただし東北950円、北海道・沖縄1250円、
納期6週間(お取り寄せ
英語、21.3x25.0cm、784ページ、原色写真・原色図多数、ハードカバー
 2000年に出版された定評ある旧版、図解菌類学用語辞典の全改定新版。旧版出版以降の新しい知見を反映する約5千の菌類学用語を解説する。全改定の結果、ページ数は旧版の2倍近くになった。
さらにこの第2版では、身近でない菌類の理解を助けるため、菌類の学名2708にその菌の原色写真をつける。これとは別に用語の理解のため、672の原色の線画が付ける。
 旧版もベストセラーであった。

菌類・きのこの基本書中の基本書(分類関係・和書):
『国際藻類・菌類・植物命名規約(メルボルン規約)[日本語版]』
勝本謙著、勝本謙・安藤勝彦入力編集(2010)『日本産菌類集覧』
日本菌学会編(2014)『新菌学用語集』 
池田良幸(2013)『新版北陸のきのこ図鑑』
池田良幸(著)、橋屋誠・糟谷大河(校閲)(2014)『追補 北陸のきのこ図鑑 付石川県菌蕈集録』
菌類・きのこの基本書中の基本書(分類関係・洋書):
『Dictionary of the Fungi, 10th Edition, Hard cover』 (菌類辞典第10版)
『Illustrated Dictionary of Mycology, Second Edition』 (図解菌学辞典第2版)
『Fungal Families of the World』 (世界の菌類の諸科)
『Fungi of Switzerland』 (スイス菌類図鑑)

おいしいきのこ毒きのこハンディ図鑑

佐野書店が推薦するきのこ図鑑!
おいしいきのこ毒きのこハンディ図鑑
大作晃一・吹春俊光・吹春公子(2016)
「おいしいきのこ毒きのこハンディ図鑑」

主婦の友社
佐野書店価格(8%税込)1,890円(定価1,944円)、送料サービス、納期1週間(在庫)
A5 、287ページ、原色写真多数、ペーパバック、カバー付き
「北海道から沖縄各地まで、各地のきのこ365種*を紹介」と表紙にあるが、実質もっと多くのきのこが紹介されているようだ。
 *:1年が365日なので、365種種としたようだが、載っているきのこはもっと多い。
本書の特徴は、大作さんのすばらしい白バック写真を写真を使って、種を判別するきのこの特徴をわかりやすく示したことだ。
もちろん文字による解説も、見分け方のポイントとなる特徴の説明から、利用法までわかりやすくしかも丁寧にかかれている。
さらに強調したいのは、専門家が解説する17つのコラムだ。根田仁・村田仁先生の「日本のマツタケ、世界のマツタケ」、長谷川絵里先生の「世界に広がるナラタケ属の種分化」、遠藤直樹先生の「タマゴタケ属の現在の分類」、橋本貴美子先生の「ドクツルタケの毒」など最先端の研究成果をその道の専門家が分かりやすく解説する。
佐野書店一押しのきのこ書籍だ

姉妹図鑑(ただし絶版)
持ち歩き図鑑おいしいきのこ毒きのこ
大作晃一・吹春俊光・吹春公子(2013)
「持ち歩き図鑑、おいしいきのこ毒きのこ」

主婦の友社
参考8%税込み1,080円、絶版
8.4x16.6㎝、319ページ、原色写真多数、ペーパーバック、カバー付き
「おいしいきのこ毒きのこハンディ図鑑」のポケットサイズ版
本当にポケットに入る様な小さいサイズながら、275種類ものきのこを大作さんの素晴らしい写真で紹介する。
ぜひ「ハンディ図鑑」とセットでお持ちいただきたい。

光るキノコのマグネット

光るきのこが人気のようです。
2017年2月11日(土)に開かれた関西菌類談話会、講演会のテーマも「光るキノコと八丈島」(講師:大場由美子氏*)でした。  

2016年春発売。
光るキノコのマグネット
光るキノコのマグネット全8種、12個入りセット
販売終了しました。
1種づつ紙箱入りの光るキノコのマグネットが12個入ったセット。12個の内訳:全8種プラスダブり4種。
ガチャガチャを12回やっても8種全部をそろえることは大変難しい。この一箱を買えば必ず8種が揃う。
8種の内訳:
(1)ホシノヒカリタケ
(2)エナシラッシタケ
(3)シイノトモシビタケ
(4)コンルリキュウバンタケ
(5)シロヒカリタケ
(6)ヤコウタケ
(7)ツキヨタケ
(8)アリノトモシビタケ
製作が「株式会社奇譚クラブ」から「株式会社いきもん」に移っての最初の商品。

兵庫のキノコ

在庫切れ中
兵庫のキノコ
兵庫きのこ研究会編著 (2007) 「兵庫のキノコ」 、神戸新聞総合出版センター
8%税込 定価2,160円送料サービス在庫切れ中

日本語。15.0x21.0cm。191ページ。原色写真多数。ペーパーバック、カバーつき。
 神戸、六甲山を主なフィールドにして活躍中の兵庫きのこ研究会編のコンパクトだが内容盛りだくさんのきのこ図鑑。ほぼ全ページカラー印刷で合計245種を解説する。
 「キノコを見つける」・「キノコを楽しむ」の2部構成。最初に4ページにわたる用語解説がある。その後に続く「キノコを見つける」では、兵庫県内で普通に見られるきのこ212種を、原色生態写真に加え、発生時期・環境・基質・大きさ・食/毒などをあらわす絵記号を付し解説する。
 次は「キノコを楽しむ」の章であるが、これが文字通り楽しい。「初心者向け四季のキノコ狩り入門」で、普通に採れしかも毒きのこと間違いにくいきのこ8種を、夏のチチタケ、秋のアミタケ・コウタケなどのように四季別に、その特徴や発生場所などを含め親切に解説する。
 さらに「食べて楽しむ」のきのこ料理レシピがたいそう充実している。“アカヤマドリと貝柱のソテー”や、“ヤマドリタケモドキと食用ヘチマのスープ”など、おいしそうな料理が原色写真を添えてたくさん並ぶ。マツタケのレシピは“マツタケご飯”と“焼きマツタケ”という定番だが、解説に「(マツタケは)時には公園の遊歩道の脇にさえ生えていて、考えられているほど珍しいキノコではない」と書けるほど普通にあるのがうらやましい。遊歩道脇のマツタケ、ぜひとも採ってみたいものだ。
 「キノコ中毒を防ぐために」の章では、文章表現に独創性がありこれまた楽しい。「死んでもいいと思わせるほど美味しいキノコはおそらくないので、“疑わしくは食べない!”」この鉄則を守りたい。
 最後の10ページは「図鑑にあまり載っていないキノコ」で、ウラベニヤマイグチやオオオニテングタケなど他のきのこ図鑑に載っていない稀産のきのこ16種を解説する。

タラマンカ山脈のきのこ

申し訳ありません。在庫切れです。
Common_Mushrooms_of_the_Talamannca_Mountains.jpg
Halling, R.E.. & G.M. Mueller (2005)
Common Mushrooms of the Talamanca Mountains, Costa Rica.
(コスタリカ、タラマンカ山脈の一般的なきのこ)

Memoirs of the New York Botanical Garden Vol. 90
参考8%税込み4,620円、送料180円、在庫切れ
(テングタケ属やイグチの仲間に興味を持つ方には必携)
英語。27x23.5cm。195ページ。原色図多数。スパイラルバウンド。
タラマンカ山脈は中米、コスタリカ中部にある長さ300kmにわたる山脈である。3千メートル級の山々があり、標高2000メートルまでは熱帯雨林、2000メートルから3000メートルはコナラ属が優先する冷涼多湿な熱帯山地林になっている。
本書は、この熱帯山地林に産する菌根菌を中心に10科101種を美麗な原色写真とともに詳細に解説する。掲載種数は少ないが、検索表もあり、本格的な図鑑の体裁になっている。
菌根菌は67種に及び、イグチの仲間(26種)やテングタケ属(8種)、キツネタケ属(6種)が多い。common (一般的・普通の)と題されているが、Amanita conara, A. costaricensis, A. talamancae, Leccinum monticola, L. neotropicalis, L. talamancaeなど、多くは特産種である。一方、Xerula hispidaなど、特産種として発表されたが、後に東アジアにも分布することがわかった種も載っている。

アンデス山脈のテングタケ属

売れました
Studies_on_Amanita.jpg
Tullos,R.E., Ovrebo, C.L. & Hallimg, R.E. (1992)
「Studies on Amanita (Amanitaceae) from Andean Colombia 」
(コロンビア、アンデス山脈のテングタケ属研究)

Memoirs of The New York Botanical Garden Vol. 66.
参考8%税込み4,620円、送料180円、在庫切れ
英語。17x25.5cm。46ページ、そのうち白黒写真4ページ。本文中線画多数。 ペーパーバック。
 中米コロンビアのアンデス山脈地域に産するテングタケ属11種・2変種を詳細記載する。そのうち9種・2変種は本書により新種記載された。テングタケ属研究には必携。

深澤 遊「キノコとカビの生態学」

取り扱い終了しました。
キノコとカビの生態学
深澤 遊(2017/7)
「キノコとカビの生態学、枯れ木の中は戦国時代」

8%税込み1944円(1800円+税)、送料サービス
取り扱い終了しました。
B6、口絵8ページ、8+158ページ、ペーパーバック、カバー付き
森の中に落ちている枯れ木の中でも菌類による「領地獲得合戦」が繰り広げられている。その様子はさながら戦国時代のようだそうな。本書は、最新の研究成果をもとに、枯れ木に生息する菌類の生態についてわかりやすく解説する。
きのこや菌類に興味を持つ方すべてにお勧め

シロキクラゲ属分類学的研究

Biblio_Mycol_174_Morphological.jpg
Chen, Chee-Jen (1998)
Morphological and molecular studies in the genus Tremella
(シロキクラゲ属の形態学的・分子分類学的研究)

Bibliotheca Mycologica band 174
8%税込み9,710円(旧5%税込み 9,440円)、送料180円、納期1週間(在庫4冊
英語。14.5x22.5cm。225ページ。ソフトバック。本文中に白黒の生態写真・透過電顕写真・顕微鏡図・系統樹など合計174図。
 特徴ある担子器を持つ異担子菌に属するシロキクラゲ属と、それに関連するSirobasidiumジュズタケキン属のモノグラフ。 タイプ標本も検討し、台湾産シロキクラゲ属25種(うち新種11種) およびジュズタケキン属1種を生態写真・透過電顕写真・顕微鏡図を使い詳細解説する。著者はシロキクラゲ属を5つのグループに分ける。形態形質にもとづく系統樹や、rDNAのLSU領域やITS領域の遺伝子分析に基づく類縁関係の検討でもそれを支持する結果が出ており、形態だけでは難しい本属の分類に確かな裏付けを与えている。異担子菌を知るには必携の1冊。

川上新一著「変形菌」

変形菌
川上新一著、佐藤岳彦(写真)(2017/8)
「変形菌 Graphic voyage」

8%税込み3,218円、送料サービス、納期1週間
B5、207ページ、全ページカラー写真、ハードカバー、ブックカバー付き
素晴らしい写真集だ!カバーのジクホコリの写真はどうだ!子嚢壁の輝く虹色から破れ目からのぞく細網体までこれほど明瞭にとらえた写真は初めてだ。本文にも超接写・超拡大の写真でいっぱいだ。佐藤岳彦氏の技量と撮影機材のたまものだ。
解説は、永く変形菌を研究してきた川上新一博士が担当。最新の知見をもとに変形菌の分類学的位置から生活環、子実体形成のプロセスなど基本的事項も解説する。掲載種は107種とけっして多くはないが、ほとんどの属をカバーしており、変形菌を概観するには大変参考になる。

Hebeloma (ワカフサタケ属), Fungi Europaei 14

時代の要求に答える理想の専門図鑑!
ヨーロッパのワカフサタケ属研究者の総力を結集し、作り上げた理想の専門図鑑!
遺伝子分析に裏付けられた種分類、すべての種の記載にはMycobakの登録番号がつく。

fungi-europaei-hebeloma11.jpg fungi-europaei-hebeloma22.jpg fungi-europaei-hebeloma23.jpg
表紙、Clepsydroida亜節とCrustuliformia亜節の系統樹がつく亜節の解説、 Crustuliformia亜節に属する15種の形質比較表
fungi-europaei-hebeloma21.jpg fungi-europaei-hebeloma3.jpg fungi-europaei-hebeloma4.jpg fungi-europaei-hebeloma5.jpg
Hebeloma radicosum (ナガエノスギタケ)原記載時の図・著者らの生態写真、多数の顕微鏡写真、記載文1、記載文2
Beker, Henry J., Ursula Eberhardt & Jan Vesterholt (2016)
「 Hebeloma (Fr.) P. Kumm 」  Fungi Europaei Vol. 14
( 「ワカフサタケ属」 ヨーロッパの菌類第14巻

8%税込み価格16,100円、プラス送料650円(ただし東北950円、北海道・沖縄1,250円)、
納期1週間(在庫1冊

英語、17.5x24.5㎝、1218ページ、原色写真・顕微鏡写真・線画多数。ハードカバー
2,654もの生態写真・顕微鏡写真と200の線画をつけ、ヨーロッパに産するHebeloma (ワカフサタケ属)すべて84種を、分子系統樹を含めこれ以上ないほど詳細に解説する。
本書で新しく提案された分類群は新種8、新節4、新組合せの節1。本書で指定されたlectotype、epitype、neotypeなど タイプ指定は37種に達する。
ワカフサタケ属に興味のない方も、時代の要求に応える理想の図鑑とは何か、を知っていただきたいと思う。

他のHebeloma (ワカフサタケ属)文献:
Fungi of Nothern Europe Vol. 3, Vesterholt, Jan (2005)
「The genus Hebeloma」(北欧の菌類第3巻 ワカフサタケ属)

Fungi Europaei (ヨーロッパの菌類)既刊:
http://sanoshoten.blog13.fc2.com/blog-category-22.html

スイス菌類図鑑編者、 Kränzlin氏亡くなる

訃報です。

先日、スイスから2月2日付の手紙が届きました。
開けてみると、スイス菌類図鑑の編者、Fridolin (通称Fred) Kränzlin氏が1月5日に亡くなったという知らせでした。

スイス菌類図鑑は、ルツエルン菌学会が1968年にワーキンググループを設置して以降、最終巻となる2005年の第6巻の出版に至るまで、 J. Breitenbach氏と F. Kränzlin氏の二人が編者になり、38年の長きにわたり出版活動が続けられてきた世界最大の図鑑です。

生態写真に加え、顕微鏡図も付けられ、さらに記載対象となった標本が番号をつけられて、いつでも検証できるように、博物館に保管されているという本格的な図鑑です。
途中、編者のお一人、 Breitenbach氏が亡くなり、残ったKränzlin氏が編者になり、第6巻の出版にこぎつけました。

謹んでKränzlin氏のご冥福をお祈りいたします。

なお、佐野書店では引き続き、この世界最大のスイス菌類図鑑の販売を続けますので、皆様よろしくお願いいたします。
スイス菌類図鑑: http://sanoshoten.blog13.fc2.com/blog-entry-26.html

フウセンタケ属アトラス第19集

Atlas_des_Cortinaires_19
Bidaud, A., P. Moenne-Loccoz, P. Reumaux & X. Carteret (2010)
Atlas des Cortinaires- Pars XIX
(フウセンタケ属アトラス第19集)

SARL Editions FMDS
8%税込み 19,170円、送料650円(ゆうメール)、納期1週間(小部数在庫
仏語。25x25cm。冊子136ページ(pp1405-1540)+種の記載と胞子顕微鏡図125枚(Fiche1026-1150)+原色図版55枚(Planche756-810)。ペーパーバックの小冊子とバラの記載と図版の組合せ。
 フランスの菌類研究団体F.M.D.S.が19年以上出版を続けているフウセンタケ属の専門図鑑。出版のつど大量の新種、新変種、新品種の記載や上位分類群名の提案が行われており、フウセンタケに興味のある方には目が離せない。第19集は、Phlegmacium亜属のClaricolores節、Hydrocybe亜属のPlumbosi節およびFraterini節を扱い、新種記載だけでも33種にのぼる。
 なお、第20集は来年2月出版3月頃入荷予定です。ご予約受付中です。 第20集のご予約はご注文メールフォームで備考欄に“予約”とお書き願います。

 なお、「Cortinarius Flora Photographica」(フウセンンタケ属写真図鑑) の第5巻は、まだ出版されておりません。何年も前からすぐにでも出版するようなアナウンスがされていますが、ずるずると延びています。

佐野書店は、「イタリアのフウセンタケ属図鑑」をお薦めします。後から出版されたので、「フウセンタケ属アトラス」や、「フウセンンタケ属写真図鑑」の良いところを取り入れています。
また、「イベリア半島のフウセンタケ属」もお薦めです。

「Atlas des Cortinaires」の既刊と佐野書店在庫は次のとおり。
Atlas_des_Cortinaires_18a.jpg Atlas_des_Cortinaires_18b.jpg
Bidaud, A., P. Moenne-Loccoz, P. Reumaux & X. Carteret (2009)
「Atlas des Cortinaires Pars XVIII」
(フウセンタケ属アトラス18集)

S.A.R.L. Editions Federation Mycologique Dauphine-Savoie  
価格23,580円(税込み、送料別) 納期 1週間以内(小部数在庫)
仏語。23.1x24.5cm。冊子1:64ページ(pp1265-1328)、冊子2:76ページ(pp1329-1404)、原色図版56枚(PLACHE700-755)+原色図版解説紙91枚(FICHE 935-1025)。
第18集は、Telamonia亜属のBovini節およびBrunnei節、Hydrocybe亜属のFulvescentes節、Phlegmacium亜属のScauri節、Infracti節、およびSubpurpurascentes節の合計125分類群(変種・品種含む)を原色図、顕微鏡図、検索表を付け解説する。新種記載19、新品種記載3、新変種記載9など、この第18集の新分類群の記載は合計31に及ぶ。他に新組合せや新上位分類群名の提案などもある。

佐野書店在庫:
第1集から第5集は絶版。第6集13,660円。第7集18,770円。第8集18,770円。第9集21,070円。第10集22,260円。 第11集22,260円。第12集 23,150円。 第13集27,010円。第14集27,010円。第15集27,010円。第16集27,010円。第17集27,010円。いずれの集も納期1週間以内(ただし在庫は小部数)

Fungi of the Hebrides

在庫1冊
Fungi_of_Hebrides.jpg
Dennis, R.W.G. (1986)
「Fungi of the Hebrides」 (ヘブリデス諸島の菌類)

Kew Publishing
8%税込み 6,560円、送料180円、納期1週間(在庫1冊)
英語、15.5x24.4cm、383ページ。ペパーバック。
著者の30年以上にわたるヘブリデス諸島の菌類調査の成果をまとめた同諸島産菌類リスト。担子菌、子のう菌、卵菌、変形菌、不完全菌など合計2905種におよぶ。そのうち507種は不完全菌。

くろぼ菌類(Smut Fungi)文献

くろぼ菌文献!
IllusratedGeneraRustFungi_4th.jpg
Vánky, Kálmán (2013)
「 Illustrated Genera of Smut Fungi, Third Edition 」
( くろぼ菌属図譜、第3版 )

APS Press(米国植物病理学会出版部)
参考8%税込み23,930円*、送料360円、在庫切れ、お取り寄せ(6-8週間)
*出版元が使用する日本までの国際宅急便の価格が高く、その結果上記価格になりす。

英語、21.5x28.0cm、288ページ、光学顕微鏡写真・走査電顕写真・線画合計118、ソフトカバー
最新の系統分類に基づく104属(うち102属は担子菌、2属は子嚢菌)を検索表、豊富な図版、記載文で解説する。
くろぼ菌類に関心のある方に必携の最新文献。

こちらはお取り寄せ。
21世紀の菌学発展に大きな貢献をしたと賞されるくろぼ菌研究の重要文献。
Smut_Fugi_of_The_World.jpg
Vánky, Kálmán (2012)
「Smut Fungi of the World」 (世界のくろぼ菌類)

APS Press(米国植物病理学会出版部)
8%税込み概算82,900円*+送料650円(ただし東北、北海道・沖縄は別途)
納期6-8週間
*入荷時のUS$レートにより変わることがあります。
英語、21.3x27.5㎝、480ページ、線画650、顕微鏡写真2800、ハードカバー 、重さ4.5㎏もある重くて大きい本。
「Vánky (2012)はくろぼ菌類を2亜門4綱8目26科(もち病菌類は除く)に再編し、「Smut Fungi of the World」(本書) として世界的モノグラフを完成させた。その後、科や属の取り扱いについて若干の変更はあったものの、このモノグラフには、多くの図版とともに93属1650種の詳細な記載があり、種の同定はもとより、宿主や分布などを知る上で欠かせないものである。また、このモノグラフでは、系統解析などの結果を基に、多くの種でその分類学的位置が変更になったことに伴い、属名や種名の変更が行われている。なお、このモノグラフは、彼自身が世界各地から収集した多数の標本を用いた研究成果がその基になっていて、彼の地道な努力には敬意を表する。」 (柿嶌眞(2016) くろぼ菌類の分類の現状ー特に日本産くろぼ菌類の分類学的取扱いについて。日本菌学会会報第57巻第2号2016年11月99-119から引用)

宮崎のきのこ

宮崎のきのこ表紙 宮崎のきのこ2 宮崎のきのこ3 宮崎のきのこ4
黒木秀一(2015)「宮崎のきのこ」 鉱脈社
8%税込定価2,160円送料サービス在庫切れ中
B6、247ページ、原色写真多数、ペーパーバック、カバー付
著者黒木秀一氏は、1997年宮崎県総合博物館の植物担当の学芸員に就任されたことをきっかけに菌類の調査・研究を始められ、米国テキサス州と日本に分布するキリノミタケの調査を続けられている。
本書は、18年にわたる氏の調査・研究の成果だ。生態環境別に「人里」、「照葉樹林(里山)」、「照葉樹林(山地)」、「針葉樹林」、「ブナ林」、「海岸部」の6章、さらの氏の得意とする「宮崎のきのこ民俗誌」の1章を設ける。宮崎県産きのこ合計136種を著者の実体験をもとにやさしい語り口で解説する。
特に、幻のきのこと称されるキリノミタケには宮崎県産に5ページ、テキサスの原産地調査に5ページ、合計10ページをあてる。日本と米国、はるか離れた隔離分布種だが、DNA分析結果は同一種を示す。
著者の調査によれば、宮崎の照葉樹林には熱帯性の様々なきのこが発生する。きのこ好きの皆様方には、本書を手に取りそのことをぜひ実感していただきたい。20ページを費やす「宮崎のきのこ民俗誌」も大変興味深い。

「きのこの森の収穫祭」おかげさまで無事終了

おかげさまで無事終了しました。
9月7日(木)から10日(日)まで、世界遺産、姫路城で知られる姫路市で、きのこや動物・植物がテーマの雑貨市「きのこの森の収穫祭」が開かれました。
ご来場の皆さまありがとうございました。

佐野書店も出店し、今年初めて紹介する新商品の「手描き “白磁きのこ皿” 」、 「手描き “白磁きのこマグカップ”」」、「きのこ38種トートバッグ」、「きのこ38種Tシャツ」、「その他いろいろな輸入きのこグッズ」などを販売いたします。

きのこグッズコレクターの方には見逃せないイベントです。姫路観光を兼ねぜひお越しください。
2017きのこの森の収穫祭1  2017きのこの森の収穫祭2
期間:9月7日(木)-10日(日)
会場:めくめくギャラリー
   (姫路市呉服町48番地、ハトヤ第1ビル4階)
開店時間:11時ー18時(最終日は17時30分まで)
アクセス:JR姫路駅、山陽電鉄姫路駅から、大手前通り東側を姫路城に向かって徒歩約5分。
  1階が老舗のかまぼこ屋さん「ハトヤ大手前店があるビルの4階です。
  (上記ポスターの地図参照)

お土産には、1階のハトヤ大手前店の姫路名産「ハトヤのかまぼこ・てんぷら(関東でいうさつま揚げ)」はいかがでしょう。 

今後の佐野書店出店予定:
 9月22日(金)~9月24日(日)日本菌学会銚子フォーレ
 9月30日(土)~10月9日(月・祝)筑波実験植物園、きのこ展
 10月7日(土)・8日(日)千葉県立中央博物館、千葉きのこ大祭
 10月21日(土)・22日(日)横浜きのこ大祭
 10月28日(土)・29日(日)京都府立植物園、きのこ展
 11月18日(土)・19日(日)大阪自然史博物館、大阪自然史フェスティバル 
2013年10月8日からの訪問者数
プロフィール

佐野書店 佐野悦三

最近の記事
ブログ内検索
カテゴリー
月別アーカイブ
リンク
RSSフィード