Parasitic Flowering Plants (寄生性顕花植物)

ParasiticFloweringPlantsA.jpg ParasiticFloweringPlantsCont1.jpg ParasiticFloweringPlantsCont2.jpg ParasiticFloweringPlantsCont3.jpg
                              [ 目次 ] 
ParasiticFloweringPlants2.jpg ParasiticFloweringPlants3.jpg ParasiticFloweringPlants4.jpg ParasiticFloweringPlants5.jpg ParasiticFloweringPlants6.jpg 
Henning S. Heide-Jørgensen (2008)
「Parasitic Flowering Plants」 (寄生性顕花植物)
、Brill
8%税込19,980円、送料510円、納期1週間(在庫1冊
英語、21.6x26.6cm、438ページ、原色生態写真多数、必要に応じ顕微鏡図・写真あり、、ハードカバー
菌類が植物に寄生するのは一般的だが、植物(顕花植物)にもラフレシアやヤッコソウ、ヤドリギの仲間、ハマウツボなどのように他の植物に寄生するものがある。
本書は、題名のように他の植物に寄生する顕花植物をたくさんの原色生態写真や、光学顕微鏡図・写真、電子顕微鏡写真などを交え包括的に解説する。

新熱帯区の多孔菌類 第2部

在庫切れ、お取り寄せ。
すでにご注文済の方々には、すぐにお送りいたします。

Neotropical_Polypores_2.jpg
Lyvarden, L. (2015)
Neotropical Polypores Part 2 (新熱帯区の多孔菌類 第2部)
Ppolyporaceae, Abortiporus-Nigroporus (サルノコシカケ科、ニクウチワタケ属ーブドウタケ属)

Synopsis Fungorum 34
参考8%税込み5,640円、送料180円、納期4-6週間(在庫切れ、お取り寄せ
英語、15x21cm。212ページ(232-443ページ)白黒図多数、ペーパーバック

第1部はこちら:Lyvarden, L. (2004) Neotropical Polypores Part 1 (新熱帯区の多孔菌類 第1部)

Synopsis Fungorumの既刊分はこちら: 
http://sanoshoten.blog13.fc2.com/blog-entry-1460.html

Synopsis Fungorum 32 および 33

追加分入荷しました。ただし、ご注文があり、在庫が各1冊になりました。
Synopsis Fungorum 32, および 33 のご案内です。
いずれも Ryvarden先生の論文を中心とした論文集です。
どちらの巻も、新属、新種、新組合せなどの発表が多数あり、硬いきのこ研究には必携の文献です。

Synopis_Fungorum_33.jpg
Lyvarden, L. & others (2015)
Synopsis Fungorum 33、「Various studies of neotropical fungi」(新熱帯区の菌類研究論文集)

8%税込み4,700円、送料180円、納期:1週間(在庫1冊
英語、15x21㎝、53ページ、ペーパーバック
9論文所収。
本書で発表された新属1、新種4、新組合せ6。

Synopis_Fungorum_32.jpg
Lyvarden, L. & others (2014)
Synopsis Fungorum 32、「Collected Papers」(論文集)

8%税込み4,700円、送料180円、納期:1週間(在庫1冊
英語、15x21㎝、80ページ、原色写真・白黒図あり、ペーパーバック
14論文所収。
本書で発表された新属1、新種13、新変種5、新組合せ2。以前に有効に新種発表されたが、本書によってMycobankに登録された種・変種4。

Synopsis Fungorum の既刊分はこちら:
http://sanoshoten.blog13.fc2.com/blog-entry-1460.html

イタリアのフウセンタケ属

ご注文は右欄の「ご注文メールフォーム」 からお願いいたします。

“全6巻で300種を詳細に解説!
フウセンタケ属に興味を持つ方には必携のイタリアのフウセンタケ属大図鑑!


送料は本シリーズを何点ご注文いただいても650円(ただし東北950円、北海道・沖縄1250円)です。
Il_Genera_Cortinarius_in_Italia6.jpg
Consiglio, G. (2012)
「 Il Genere Cortinarius in Italia 6 」
(イタリアのフウセンタケ属第6集)

8%税込み15,760円、送料650円(ただし東北950円、北海道・沖縄1250円)、納期1週間以内(在庫4冊)
Il_Genera_Cortinarius_in_Italia5.jpg
Consiglio, Giovanni, Daniele Antonini & Massimo Antonini (2007)
「Il Genere Cortinarius in Italia parte 5」 
(イタリアのフウセンタケ属第5集)

8%税込み14,020円、送料650円(ただし東北950円、北海道・沖縄1250円)
納期週間(在庫1冊)
イタリア語。16.7x24.0cm。53+200ページ。原色生態写真、胞子の走査電顕写真・光学顕微鏡図など多数。専用バインダーに綴じるルーズリーフ形式。43枚の亜属・節の中仕切り紙、およびバインダー1個付。
 2003年から始まった本書のシリーズも5年目を迎え第5集が出版された。これでイタリア産フウセンタケ属250種が解説されたことになる。年1回、年末に確実に出版されている。
 前半の53ページは、第1集からこの第5集までをカバーする種名索引、11ページ及ぶ参考文献リスト、亜属・節・亜節別の種のリスト、および節・亜節・種への検索表からなる。後半の200ページはCoritinarius argutusほか合計50種の種の解説で、1種につき4ページを使い、ラテン語の原記載、胞子の走査電顕写真、同光学顕微鏡図、子実体の鮮明な原色生態写真、傘の表面の構造の顕微鏡写真などをつけ、詳細に解説する。今回は、これらを綴じるバインダー1個に加え、厚紙で作った43枚の亜属・節の仕切り紙がつく。
Il_Genera_Cortinarius_in_Italia4.jpg
Consiglio, G., D. Antonini & M. Antonini (2006)
「Il Genere Cortinarius in Italia Parte quarta」
(イタリアのフウセンタケ属 第4集)

8%税込み14,900円、 送料650円(ただし東北950円、北海道・沖縄1250円)、納期1週間(在庫2冊)
イタリア語。16.7x24.0cm。44+200ページ(ルーズリーフ式)。原色生態写真、胞子の走査電顕写真・光学顕微鏡図など多数。バインダー1個付き。
前半の44ページは、第1集からこの第4集までをカバーする索引や参考文献リスト、節・亜節の原記載とその解説からなる。後半の200ページはCoritinarius aleuriosmusほか合計50種の種の解説で、1種につき4ページを使い、ラテン語の原記載、胞子の走査電顕写真、同光学顕微鏡図、子実体の鮮明な原色生態写真などをつけ、詳細に解説する。
Il_Genere_Cortinarius_in_Italia3s.jpg
Consiglio, G., D. Antonini & M. Antonini (2005)
Il Generre Cortinarius in Italia Parte terza 
(イタリアのフウセンタケ属 第3集)

8%税込み13,900円、送料650円(ただし東北950円、北海道・沖縄1250円)、 納期1週間(在庫2冊) 
イタリア語。16.7x24.0cm。44+200ページ(ルーズリーフ式)。原色生態写真、胞子の走査電顕写真・光学顕微鏡図など多数。バインダー1個付き。
この第3集は2部に分かれる。第1部は総論部分で、第1集から今回の第3集までの掲載種全部を網羅する索引、スウエーデンで刊行中のCortinarius Flora Photographicaおよびフランスで刊行中のAtlas des Cortinariusの二つのシリーズとの分類対比表、 参考文献リスト、さらに胞子の計測に必要な統計的処理方法の説明などからなる。第2部は各論部分で、合計50種がラテン語の原記載もつけ、1種に付き4ページを使い詳細に解説されている。文字による詳細な解説のほかに、1種に付き胞子の走査電顕写真1と光学顕微鏡図1、原色生態写真2がつく。
スウエーデンとフランスで先行中の二つのシリーズは正直なところ読んでも理解が難しいが、このシリーズは痒いところに手が届くように親切に書かれている。フウセンタケ属に興味を持たれている方には、まず本書をお勧めする。
Il_Genere_Cortinarius_in_Italia2s.jpg
Consiglio, G., D. Antonini & M. Antonini (2004)
Il Generre Cortinarius in Italia Parte second
(イタリアのフウセンタケ属 第2集)

8%税込み12,860円、送料650円(ただし東北950円、北海道・沖縄1250円)、納期1週間(在庫2冊
イタリア語。17x24cm。96+200ページ(合計296ページ)(4ページ1組のバインダー綴じ込み用穴付きシート74組)。掲載種すべての原色生態写真、胞子の走査電顕写真・手書き顕微鏡図、および分布図付き。
第2部は50種を、第1部と同じように胞子の電子顕微鏡写真・顕微鏡図、原色生態写真ならびに分布図をつけ詳細解説する。必ずラテン語の原記載の引用があるのもうれしい。その種が、先行のフウセンタケ属3大モノグラフ:Die Gattung Phlegmacium、Cortinarius Flora Photographica、Atlas des Cortinariresではどう扱われているか、の解説があることも、フウセンタケ好きにとっては大変ありがたい。
Il_Genere_Cortinarius_in_Italia1s.jpg
Consiglio, G., D. Antonini & M. Antonini (2003)
Il genere Cortinarius in Italia Parte primo
(イタリアのフウセンタケ属 第1集)

A.M.B. Fondazione Centro Studi Micologici
8%税込み14,400円、送料650円(ただし東北950円、北海道・沖縄1250円)、納期1週間(在庫4冊
イタリア語。17x24cm。バインダー綴じ(第1巻はバインダー付き)。64+200ページ。図版多数。
ヨーロッパのフウセンタケ属モノグラフは、すでに北欧から「Cortinarius Fora Photographica(フウセンタケ属フローラ写真図鑑)」が、フランスからは「Atlas des Cortinaires(フウセンタケ属アトラス)」が刊行中である。本シリーズは、後発だが前2書を越える素晴らしい内容になっている。
本シリーズの最大の特徴は解説が詳細なことである。1種に4ページを使い、マクロ原色写真2葉、胞子の走査電顕写真・白黒図、およびイタリア国内分布図など豊富な図版と共に詳細に解説する。新種記載時のラテン語の原記載もある。走査電顕写真やラテン語原記載は前2書にはなかったもので大変参考になる。Sistematica(分類)の章では前2書の上位分類概念の違いを比較表にしてあるのも親切。さらに二次代謝物について章を設け、重篤な腎障害を起こすフウセンタケ類特有の猛毒物質オレラニンやコルティナリン、その他化合物について36ページにわたり、含有種・中毒症状ほかを詳細に解説する。
既刊の二つのフウセンタケ属モノグラフをお持ちの方にも本シリーズを大いにお勧めする。

Mycosphaerella and its anamorphs

ご注文は左下欄の「ご注文メールフォーム」 からお願いいたします。
Mycoshaerella_and_its_anamorphss.jpg
Pedro W. Crous (2003)
Mycosphaerella and its anamorphs: 1. Names published in Cercospora and Passalora
CBS Biodiversity Series 1

Centraalbureau voor Schimmelcultures(CBS)
8%税込み 14,310円、送料510円、納期 1週間(在庫1冊
英語。18.0x24.6cm。569ページ。ハードバック。

第2巻はこちら:http://sanoshoten.blog13.fc2.com/blog-entry-369.html

中国団毛菌目粘菌 

在庫3冊。出版から時価が経ち追加入手出来ません。
Wang Qi & Li Yu (2006)
「中国団毛菌目粘菌 (Trichiales in China)」 (中国の変形菌トリキア目) 

科学出版社、北京。印刷部数500部。
8%税込み 2,600円、送料180円、納1週間(在庫3冊。出版から時間がたち追加入手は出来ません
中国語。19.5x26.4cm。5+134ページ+6原色図版ページ+53走査電顕写真ページ。ハードカバー。
中国に産する変形菌トリキア目、2科8属59種を走査電顕写真や、科・属・種への各検索表をつけ詳細に記載する。中国で新種記載された種が多い。可溶性たんぱくの電気泳動や、数値分類・分岐分類も検討する。53ページに及ぶ走査電顕写真は、やや不鮮明なものが多いが圧巻。世界や中国でのこの分類群の研究史も概観する。Perichaena poronema Y. Li & H. Z. Li を本書で新種記載する。

英国の腹菌類

“在庫切れ、お取り寄せ”
BritishPuffballsEarthstarss.jpg
Pegler, D.N. et al., (1995)
British Puffballs, Earthstars and Stinkhorns: an account of the British Gasteroid Fungi

参考8%税込み 6,640円、送料360円、“在庫切れ、お取り寄せ”(ご注文後:約8週間)
英国の地上性腹菌類図鑑。腹菌類だけをまとめた図鑑は、世界でも珍しく、腹菌類を知りたい方には必携。

Funghi alpini

ヨーロッパアルプスに産する高山きのこを解説。子のう菌や地下生菌もある。
Funghi_alpini.jpg
Jamoni, Pier Giovannni, (2008)
「Funghi alpini delle zone alpine superiori e inferiori. Alpine Fungi from the upper and lower Alpine zones」
(アルプス上部高山帯および下部高山帯の菌類) 

Associazione Micologica Bresadola 
8%税込み23,480円、送料510円、納期1週間(在庫2冊)。
イタリア語、英語の二ヶ国語完全併記。27.7x24.8cm。544ページ。原色図版・白黒図版本文中に多数。ハードカバー。
 高山植物図鑑は珍しくないが、“高山きのこ図鑑”は世界でも初めてではなかろうか(南極や北極の極地のきのこも加えた薄い図鑑はある)。
 本書は著者J.P.Giovanni氏の20年以上にわたるヨーロッパアルプス山脈高山帯のきのこ調査の成果を図鑑にして出版したものだ。雪線末端の上部高山帯、高山植物の咲き乱れる下部高山帯に発生する子のう菌・担子菌のきのこを美しい原色写真や顕微鏡図をつけ解説する。主な解説種は、Cortinarius フウセンタケ属C. alpicolaなど27種(含む変・品種)、Entolmaイッポンシメジ属E. alpicola など23種(含む変・品種)、Inocybeアセタケ属18種(含む変種)、Lactariusチチタケ属L. alpinusなど12種(含む変・品種)、Russulaベニタケ属R. alpignenseなど12種(含む変・品種)などが多い。一方、Amanitaテングタケ属はA. nivalisの1種のみ。子のう菌で多いのはPezziza8種、Helvella5種など。地下生菌Alpova1種、旧腹菌類Bovista3種も載る。

光るキノコのマグネット

光るきのこが人気のようです。
2017年2月11日(土)に開かれた関西菌類談話会、講演会のテーマも「光るキノコと八丈島」(講師:大場由美子氏*)でした。  *NPO法人八丈島観光レクリエーション研究会

2016年春発売。
光るキノコシリーズ8種全部をそろえたい方には絶対お勧め。
光るキノコのマグネット
光るキノコのマグネット全8種、12個入りセット
12個入りセット1組 8%税込み3,600円 (1個当たりガチャガチャと同じ300円)、
送料650円(ただし東北950円、北海道・沖縄1,250円)
納期:1週間
1種づつ紙箱入りの光るキノコのマグネットが12個入ったセット。12個の内訳:全8種プラスダブり4種。
1回300円のガチャガチャを12回やっても8種全部をそろえることは大変難しい。この一箱を買えば必ず8種が揃う。
8種の内訳:
(1)ホシノヒカリタケ
(2)エナシラッシタケ
(3)シイノトモシビタケ
(4)コンルリキュウバンタケ
(5)シロヒカリタケ
(6)ヤコウタケ
(7)ツキヨタケ
(8)アリノトモシビタケ
製作が「株式会社奇譚クラブ」から「株式会社いきもん」に移っての最初の商品。

Collins Fungi Guide(コリンズ菌類ガイド)

最後の1冊が売れました。次回入荷未定。
“イギリスの自然史専門書店でベストセラーのようです”
Collins_Fungi_Guide1.jpg Collins_Fungi_Guide2.jpg Collins_Fungi_Guide3.jpg Collins_Fungi_Guide4.jpg Collins_Fungi_Guide5.jpg Collins_Fungi_Guide7.jpg Collins_Fungi_Guide8.jpg Collins_Fungi_Guide9.jpg 
Buczacki, Stefan (著), Chris Shields・ Denys W Ovenden(絵)(2012)
「Collins Fungi Guide: The Most Complete Field Guide to the Mushrooms and Toadstools of Britain & Ireland, Hardcover」
(コリンズ菌類ガイド:英国とアイルランドのもっとも完璧なきのこフィールドガイド、ハードカバー版)

Harper Collins
参考8%税込価格 8,480円、送料510円、
最後の1冊が売れました。次回入荷未定。
英語、640ページ、原色図・白黒図2000、ハードカバー
6点あるコリンズガイドシリーズの中でもベストセラーの1点。
イギリスだけでなく、ヨーロッパ全域、さらには広く温帯域にも産するきのこ2400種以上を、原色図をつけ解説する。
著者は、英国菌学会長もつとめた英国の著名な菌類研究者、園芸学者、自然史分野の研究者。またBBC放送ラジオ4の番組「Gardeners' Question Time」(園芸家の質問時間)の回答メンバー永くを続けている。

 コメント:入荷した本を見て、このコンパクトな図鑑に2400種を越えるきのこをよく詰め込んだと感心することしきり。原色図は、柄の描き方が単調なものがある。種ごとの描き分けを、もう少ししっかりしたらよかったのにとも思う。もっとも、2400種ものきのこを描き分けろという方が無理かとも思う。

東アジアの多孔菌類 第1巻・第2巻

入荷!
East_Asian_Polypores1.jpg East_Asina_Polypores2.jpg
Nunez, M. & L. Ryvarden (2000, 2001)
East Asian Polypores Vol. 1 & Vol. 2
(東アジアの多孔菌類 第1巻・第2巻)

価格 第1巻と第2巻の2冊で8%税込10,340円、送料510円、納期1週間(在庫2組
英語。ペーパーバック。Vol. 1とVol. 2 合計522ペ-ジ。
 東アジアの多孔菌類を初めて包括的に記載した文献。第1巻と第2巻合計で約473種の多孔菌類を詳細解説する。第1巻はマンネンタケ科とタバコウロコタケ科、第2巻はそれ以外の科を扱う。図は豊富だが、顕微鏡図のみ。
 第一著者のMaria Nunez(マリア・ヌエス)さんはスペイン出身の女性研究者。大学院から多孔菌類の世界的な権威であるオスロ大学のリバルデン教授のもとで研究を続けた。
 彼女は、90年代始め、つくばの森林総合研究所に客員研究員として来日し、保管標本を研究すると共に、国内各地で採集を行った。沖縄の石垣島・西表島への調査旅行に店主の佐野が同行したことがある。6月下旬、梅雨明け後の強烈な暑さと湿度にもかかわらず、ヌエスさんは急な斜面を上ったり下りたり元気に採集を行っていた。一方、佐野は持参した何本ものペットボトルの水を飲みつくすほどの高温と多湿で熱中症気味になり、もうふらふらであった。ヌエスさんのタフさを懐かしく思い出す。

Synopsis Fungorumシリーズを含むFungiFlora社出版物(佐野書店原則在庫):
http://sanoshoten.blog13.fc2.com/blog-entry-1460.html

シロキクラゲ属分類学的研究

Biblio_Mycol_174_Morphological.jpg
Chen, Chee-Jen (1998)
Morphological and molecular studies in the genus Tremella
(シロキクラゲ属の形態学的・分子分類学的研究)

Bibliotheca Mycologica band 174
8%税込み9,710円(旧5%税込み 9,440円)、送料180円、納期1週間(在庫4冊
英語。14.5x22.5cm。225ページ。ソフトバック。本文中に白黒の生態写真・透過電顕写真・顕微鏡図・系統樹など合計174図。
 特徴ある担子器を持つ異担子菌に属するシロキクラゲ属と、それに関連するSirobasidiumジュズタケキン属のモノグラフ。 タイプ標本も検討し、台湾産シロキクラゲ属25種(うち新種11種) およびジュズタケキン属1種を生態写真・透過電顕写真・顕微鏡図を使い詳細解説する。著者はシロキクラゲ属を5つのグループに分ける。形態形質にもとづく系統樹や、rDNAのLSU領域やITS領域の遺伝子分析に基づく類縁関係の検討でもそれを支持する結果が出ており、形態だけでは難しい本属の分類に確かな裏付けを与えている。異担子菌を知るには必携の1冊。

Hebeloma (ワカフサタケ属), Fungi Europaei 14

時代の要求に答える理想の専門図鑑!
ヨーロッパのワカフサタケ属研究者の総力を結集し、作り上げた理想の専門図鑑!
遺伝子分析に裏付けられた種分類、すべての種の記載にはMycobakの登録番号がつく。

fungi-europaei-hebeloma11.jpg fungi-europaei-hebeloma22.jpg fungi-europaei-hebeloma23.jpg
表紙、Clepsydroida亜節とCrustuliformia亜節の系統樹がつく亜節の解説、 Crustuliformia亜節に属する15種の形質比較表
fungi-europaei-hebeloma21.jpg fungi-europaei-hebeloma3.jpg fungi-europaei-hebeloma4.jpg fungi-europaei-hebeloma5.jpg
Hebeloma radicosum (ナガエノスギタケ)原記載時の図・著者らの生態写真、多数の顕微鏡写真、記載文1、記載文2
Beker, Henry J., Ursula Eberhardt & Jan Vesterholt (2016)
「 Hebeloma (Fr.) P. Kumm 」  Fungi Europaei Vol. 14
( 「ワカフサタケ属」 ヨーロッパの菌類第14巻

8%税込み価格16,100円、プラス送料650円(ただし東北950円、北海道・沖縄1,250円)、
納期1週間(在庫3冊

英語、17.5x24.5㎝、1218ページ、原色写真・顕微鏡写真・線画多数。ハードカバー
2,654もの生態写真・顕微鏡写真と200の線画をつけ、ヨーロッパに産するHebeloma (ワカフサタケ属)すべて84種を、分子系統樹を含めこれ以上ないほど詳細に解説する。
本書で新しく提案された分類群は新種8、新節4、新組合せの節1。本書で指定されたlectotype、epitype、neotypeなど タイプ指定は37種に達する。
ワカフサタケ属に興味のない方も、時代の要求に応える理想の図鑑とは何か、を知っていただきたいと思う。

他のHebeloma (ワカフサタケ属)文献:
Fungi of Nothern Europe Vol. 3, Vesterholt, Jan (2005)
「The genus Hebeloma」(北欧の菌類第3巻 ワカフサタケ属)

Fungi Europaei (ヨーロッパの菌類)既刊:
http://sanoshoten.blog13.fc2.com/blog-category-22.html

スイス菌類図鑑編者、 Kränzlin氏亡くなる

訃報です。

先日、スイスから2月2日付の手紙が届きました。
開けてみると、スイス菌類図鑑の編者、Fridolin (通称Fred) Kränzlin氏が1月5日に亡くなったという知らせでした。

スイス菌類図鑑は、ルツエルン菌学会が1968年にワーキンググループを設置して以降、最終巻となる2005年の第6巻の出版に至るまで、 J. Breitenbach氏と F. Kränzlin氏の二人が編者になり、38年の長きにわたり出版活動が続けられてきた世界最大の図鑑です。

生態写真に加え、顕微鏡図も付けられ、さらに記載対象となった標本が番号をつけられて、いつでも検証できるように、博物館に保管されているという本格的な図鑑です。
途中、編者のお一人、 Breitenbach氏が亡くなり、残ったKränzlin氏が編者になり、第6巻の出版にこぎつけました。

謹んでKränzlin氏のご冥福をお祈りいたします。

なお、佐野書店では引き続き、この世界最大のスイス菌類図鑑の販売を続けますので、皆様よろしくお願いいたします。
スイス菌類図鑑: http://sanoshoten.blog13.fc2.com/blog-entry-26.html

くろぼ菌類(Smut Fungi)文献

くろぼ菌最新文献!
IllusratedGeneraRustFungi_4th.jpg
Vánky, Kálmán (2013)
「 Illustrated Genera of Smut Fungi, Third Edition 」
( くろぼ菌属図譜、第3版 )

APS Press(米国植物病理学会出版部)
参考8%税込み23,930円*、送料360円、在庫切れ、お取り寄せ(6-8週間)
*出版元が使用する日本までの国際宅急便の価格が高く、その結果上記価格になりす。

英語、21.5x28.0cm、288ページ、光学顕微鏡写真・走査電顕写真・線画合計118、ソフトカバー
最新の系統分類に基づく104属(うち102属は担子菌、2属は子嚢菌)を検索表、豊富な図版、記載文で解説する。
くろぼ菌類に関心のある方に必携の最新文献。

こちらはお取り寄せ。
21世紀の菌学発展に大きな貢献をしたと賞されるくろぼ菌研究の重要文献。
Smut_Fugi_of_The_World.jpg
Vánky, Kálmán (2012)
「Smut Fungi of the World」 (世界のくろぼ菌類)

APS Press(米国植物病理学会出版部)
8%税込み概算82,900円*+送料650円(ただし東北、北海道・沖縄は別途)
納期6-8週間
*入荷時のUS$レートにより変わることがあります。
英語、21.3x27.5㎝、480ページ、線画650、顕微鏡写真2800、ハードカバー 、重さ4.5㎏もある重くて大きい本。
「Vánky (2012)はくろぼ菌類を2亜門4綱8目26科(もち病菌類は除く)に再編し、「Smut Fungi of the World」(本書) として世界的モノグラフを完成させた。その後、科や属の取り扱いについて若干の変更はあったものの、このモノグラフには、多くの図版とともに93属1650種の詳細な記載があり、種の同定はもとより、宿主や分布などを知る上で欠かせないものである。また、このモノグラフでは、系統解析などの結果を基に、多くの種でその分類学的位置が変更になったことに伴い、属名や種名の変更が行われている。なお、このモノグラフは、彼自身が世界各地から収集した多数の標本を用いた研究成果がその基になっていて、彼の地道な努力には敬意を表する。」 (柿嶌眞(2016) くろぼ菌類の分類の現状ー特に日本産くろぼ菌類の分類学的取扱いについて。日本菌学会会報第57巻第2号2016年11月99-119から引用)

The Genera of Hyphomycetes

在庫が1冊になりました。
“不完全菌分類の基本文献”
CBS_Biodiversity_Series_9.jpg
Seifert, Keith, Gareth Morgan-Jones, Walter Gams & Bryce Kendrick (2011)
「The Genera of Hyphomycetes」 (不完全菌の属)
CBS Biodiversity Series 9

CBS Fungal Biodiversity Center
8%税込価格18,750円、納期1週間(在庫1冊
送料650円(ただし東北950円、北海道・沖縄1250円)
英語。997ページ。ハードカバー。
 本書の主体となる420ページに及ぶ“Dictionary of Hyphomycete Genera”(不完全菌の属の辞典)の部では、認められた1480属をアルファベット順に解説する。次に380ページにわたる線画を配置。付録は不完全菌の分子にもとづく系統分類表、テレオモルフとアナモルフの対照表、用語辞典など。

不完全菌文献:
Seifert, Keith, Gareth Morgan-Jones, Walter Gams & Bryce Kendrick (2011) 「0The Genera of Hyphomycetes」(不完全菌の属)
Domasch, Gams & Anderson. Revised by W. Gams (2007)「Compendium of Soil Fungi Second edition」 (土壌菌類コンペンディウム、第2版)
Barnett, H.L. & Barry B. Hunter (1998)「Illustrated Genera of Imperfect Fungi, 4th edition」(不完全菌の属図譜、第4版)
M.B. Ellis & J.P. Ellis (1998) 「Microfungi on Miscellaneous substrates , An Idenrification Handbook. New Enlarged Edition」
M.B. Ellis & J.P. Ellis (1997)「Microfungi on Land Plants, An Idenrification Handbook, New Enlarged Edition」
Ellis, M.B. (初版1971)「Dematiaceous Hyphomycetes」 & Ellis, M.B. (初版1976) More Dematiaceous Hyphomycetes
Seifert, K., B. Kendrick & G. Murase (1983)「A Key to Hyphomycetes on Dung」(糞生の不完全菌の検索)

佐野書店扱いCBSの出版物一覧は、こちら
カテゴリー:「オランダCBS の出版物」からは詳細がご覧いただけます。

北米の子嚢菌きのこ

在庫が1冊になりました。

この2月5日(日)、姫路科学館で兵庫きのこグループのスライド会が開かれました。
このスライド会で平山吉澄さんが、本書やスイス菌類図鑑第1巻を参考にされ、たくさんの子嚢菌の発表されました。
佐野書店からお求めいただいた書籍を大いに役立たせていただき、ありがたく思います。

北米産子嚢菌きのこの初めての専門図鑑
Ascomycete_Fungi_of_Noert_America.jpg Ascomycete_Fungi_of_Noert_America2.jpg Ascomycete_Fungi_of_Noert_America4.jpg Ascomycete_Fungi_of_Noert_America5.jpg
(左から、表紙、Gyromitra melaleucoides/G. montana, Tuber shearii,T. canaliculatum/T. gibbosum )
Beug, Michael W., Alan E. Bessette, Arleen R. Bessette (2014)
「Ascomycete Fungi of North America」 (北米の子嚢菌きのこ)

University of Texas Press
8%税込価格 11,410円、送料510円、納期1週間(在庫1冊
英語、488ページ、原色写真多数、ハードカバー
 北米産子嚢菌きのこの初めての専門図鑑。米国およびカナダに産する子嚢菌きのこ600種以上を843枚の原色写真を使って詳細に解説する。その大部分は本書により原色写真で初めて紹介されるきのこだ。種の同定に便利な検索表も付く。
 Chorioactis geaster(キリノミタケ)にも1ページを割く。冬虫夏草の仲間(Akathomyces, Elaphocordyceps, Ophiocordyceps)は10種を原色写真付きで解説。
地下生菌も充実しており、地下生菌好きの方にも大いにおすすめ
目次:
1 Introduction: Ascomycota
2 Key to Included Ascomycetes
3 Hypogenous Ascomycetes*(地下生子嚢菌)
4 Pezizomycetes
5 Sordariomycetes
6 Leotiomycetes
7 Eurotiomycetes
8 Geoglossaceae
9 Neolectomycetes
10 Orbiliomycetes
11 Dothideomycetes
12 Taphrinomycotina
Gloosary
References
Photo credit
Index to common names
Index to scientific names
 *地下生菌は、Balsamia 2種、Choiromyces 1種、Elaphmyces 3種、Genabea 1種、Genea3種、Geopora 2種、Gilkeya 1種、Hydnobolites 1種、Hydnotrya 3種、Imaia 1種、 Leucangium 1種、Pachyphloeus2種、Tuber5種、合計13属26種を原色写真をつけ詳細に解説。

ヨーロッパの管孔をもつ菌類

本書はヨーロッパの硬質菌を、原色生態写真つきで包括的に解説する初の専門的図鑑として大変人気が高く、出版元でも売れ切れ状態です。2017年5月に増刷される予定ですのでお待ち願います。6月佐野書店へ入荷予定。
Poroid_fungi_of_Europe1.jpg
Lyvarden, L. & L. Melo (2014)
「Poroid fungi of Europe」(ヨーロッパの管孔をもつ菌類)

Synopsis Fungorum 31
佐野書店、出版元とも在庫切れ。2017年5月増刷、佐野書店へ6月入荷予定。
Poroid_fungi_of_Europe2.jpg  Poroid_fungi_of_Europe3.jpg  Poroid_fungi_of_Europe4.jpg
英語、A4、455ページ、原色写真・顕微鏡図多数、ハードカバー
ヨーロッパ産既知種394種を検索表をつけ解説する。うち210種について原色生態写真をつける。代表種120種については、顕微鏡図がつく。全種にわたる丁寧な検索表は、同定に大いに役立ちそう。
菌糸型で分類をされていたRyvarden先生の多孔菌のモノグラフは、顕微鏡図しかありませんでしたが、今回、原色生態写真がついた菌類図鑑を出版されました。検索表も実用的。
硬いきのこに関心のある方には必携の図鑑だと思います。
なお、本書で6つの新組合せが提案された。

既刊分はこちら(佐野書店原則在庫)
http://sanoshoten.blog13.fc2.com/blog-entry-1460.html

Synopsis Fungorum 既刊分のご案内

硬いきのこの世界的な第一人者Leif Ryvarden先生の研究室が出版する専門誌「Synopsis Fungorum」の案内です。

既刊(佐野書店原則在庫):
Synopsis Fungorum 34, 2015, 「Neotropical polypores Part 2 」 (新熱帯区の多孔菌類 第2部)
Synopsis Fungorum 33, 2015, 「Collected Papers」(論文集)
Synopsis Fungorum 32, 2014, 「Collected Papers」(論文集)
Synopsis Fungorum 31「Poroid fungi of Europe」(ヨーロッパの管孔をもつ菌類)
Synopsis Fungorum 30 「Collected Papers」(論文集)
Synopsis Fungorum 29 「Collected Papers」(論文集)
Synopsis Fungorum 28, Stereoid fungi of America(アメリカのウロコタケ型の菌類)
Synopsis Fungorum 27, Collected papers
Synopsis Fungorum 26, Collected papers
Synopsis Fungorum 25, Collected papers
Synopsis Fungorum 24, A manual and Source book on the Boletes and their allies.
Synopsis Fungorum 23, Collected papers
Synopsis Fungorum 22, Collected papers.
Synopsis Fungorum 21, The genus Inonotus a synopsis.
Synopsis Fungorum 20, Collected papers
Synopsis Fungorum 19. Neotropical Polypores. Vol. 1: Introduction, Ganodermataceae and Hymenochaetaceae.
Synopsis Fungorum 18, 12 papers on wood-inhabiting from tropical America and Africa.
Synopsis Fungorum 17, A critical checklist of corticoid and poroid fungi of Norway
Synopsis Fungorum 16, Katalog over makro- og mikrosopp angitt for Norgeog Svalbard. 絶版
Synopsis Fungorum 15, Some neotropical wood-inhabiting fungi
Synopsis Fungorum 13/14, East Asian Polypores Vol. 1 & Vol. 2
Synopsis Fungorum 12, The genus Aleurodiscus
Synopsis Fungorum 11, A nomenclatural study of the Ganodermataceae Donk
Synopsis Fungorum 10. 絶版
Synopsis Fungorum 9, Tomentella (Basidiomycota) and related genera in temperate Eurasia
Synopsis Fungorum 8, A Nomenclatural Study of Armillaria and Armillariella Species
Synopsis Fungorum 6/7, European polypores Part 1 & 2. 絶版
Synopsis Fungorum 5, Genera of polypores Nomenclature and Taxonomy
Synopsis Fungorum 4: 絶版
Synopsis Fungorum 3, Phellinus (Hymenochaetaceae) a survey of the world taxa.佐野書店在庫1冊、出版元絶版
Synopsis Fungorum 1, 2: 絶版

その他既刊
Ryvarden, L. (1980) A preliminary polypores flora of East Africa. 絶版
2013年10月8日からの訪問者数
プロフィール

佐野書店 佐野悦三

最近の記事
ブログ内検索
カテゴリー
月別アーカイブ
リンク
RSSフィード