星野保「菌世界紀行」

本書のお求めは、ご近所の本屋さんにご注文ください。佐野書店では扱っていません。
(リアル書店を応援してあげてください)

[2016年2月21日追記]
“あなたも雪腐病菌のファンに” という見出しで、2016年2月21日(日)朝日新聞読書欄に本書が、高い評価で紹介されました。
ー以下朝日新聞読書欄から引用ー
「なじみのない菌類の世界と、研究者たちの奮闘ぶりを、楽しくわかりやすく紹介する好著。著者の菌類への愛が、読者の好奇心を刺激し、未知への扉を開けてくれる。著者自身が描いたイラストもいい味だし、隅々まで笑いと工夫に満ちている。」(評 三浦しおん、作家)
ー引用終わりー

菌世界紀行
星野保(2015年12月)
「菌世界紀行、誰も知らないきのこを追って」

岩波科学ライブラリー245、岩波書店
本体1,300円+税
本書のお求めは、ご近所の本屋さんにご注文ください。佐野書店では扱っていません。
(リアル書店を応援してあげてください)
B6、132+3ページ、ペーパーバック、カバー付

「とにかく面白い!」この一言に尽きる本だ。
 “雪腐病菌”をご存じだろうか?雪の下に生きて、植物を枯らす植物病原菌の総称だ。分類学的には子のう菌や担子菌などの菌類のほか、卵菌類など菌類に含まれない生物群に属するものもある。著者は、世界でも数少ないこの雪腐病菌の研究者だ。しかも学位を水産系大学院でとったという異色の経歴の持ち主。

 本書は、この異色の研究者が“雪腐病菌”を求めて北極圏や南極に出かけた時のエピソードを中心に書かれた本だ。言葉づかいも異色で、楽しく面白く読み進めていくうちに、雪腐病菌とは何か、雪の下で生きてゆくために進化の過程でどんな仕掛けを獲得していったか、なども知らず知らずに学んでしまえる。

 どこを読んでも面白いが、変形菌好きの小生が特にひかれたのは、南極、昭和基地の汚水処理棟、沈殿分離装置に発生したアメーバ状の変形菌の変形体を、生きたまま日本に持ち帰るところだ。臭いにおいに同室の方から苦情が出たり、えさに困り、同行記者からふすま入りのシリアルを分けてもらったりなどの苦労を重ねてやっと日本に持ち帰った変形体が、世にもまれな珍種か新種かと思いきや、世界中どこにでも分布しているクダマキフクロホコリFurigo gyrosaだったのだ。ああ、やっぱり “変形菌はコスモポリタン!”。

ヨーロッパの地下生菌

“在庫2冊”
Funghi_Ipogei_dEuropas.jpg
Montecchi,Amer & Mario Sarasini (2000)
「Funghi Ipogei d’Europa」(ヨーロッパの地下生菌)

8%税込18,600円、送料:650円(ただし東北950円、北海道・沖縄1,250円)
納期1週間(在庫2冊
イタリア語/英語完全併記。17x24cm。714ページ。原色写真多数。ハードカバー。
ヨーロッパ産子のう菌から担子菌、さらには接合菌までの全地下生菌、合計179種を原色写真(外形・断面・胞子・菌糸構造)付きで詳細解説。検索表も充実。世界中の地下生菌研究者が待ち望んでいた好著と言っても過言でない。Bibliographyがやや物足りないが、それを補ってあまりある高水準のモノグラフ。

他の地下生菌文献:
(1)「Les truffes: Manuel pratique 」(トリュフ:実践的種の見分け方マニュアル)

新刊のご案内

近刊のご案内
1 寺嶋芳江・高橋春樹・種山裕一編著、寺嶋芳江監修
  「西南日本菌類誌」(2016年2月20日出版予定)

  定価11,000円+税
沖縄を中心とする南西日本で新たに発見された軟質きのこ35種を詳細な形態学的データと豊富な写真と図を用いて紹介。
・本書で発表される新種は23種、うち発光性きのこ9種。
佐野書店取扱い予定。実物入手後、表紙・内容写真掲載し、解説補充予定)

2 David Moore ・Geoffrey D. Robson ・Anthony P. J. Trinci(2011)
  堀越孝雄・清水公徳・白坂憲章・鈴木彰・ 田中千尋・服部力・山中高史(訳)
  「現代菌類学大鑑」(2016年2月25日出版予定)

  定価20,000円+税
  「原著:21st Century Guidebook to Fungi」(21世紀菌類ガイドブック)
  なお、原著についていたCD-ROMはこの翻訳版には付かない。  

送料のお知らせ

送料についてお知らせします。

(1)発送は、日本郵便を使用します。
(2)ご負担いただく送料を抑えるため、2016年1月27日から新しくクリックポストの使用をはじめました。
(3)送料サービスの場合は、番号2の中の最も安価な方法でお送りします。配達時間の指定はできません。
(4)送料をお客様にご負担いただく場合は、番号2の方法を安価な順に使用します。
(5)配達時間を指定される場合は、書籍の大きさや重さににかかわらずゆうパックを使用し、その費用をいただきます。

送料が有料の場合、次の方法・費用によります。
(送料サービスの場合は、佐野書店にお任せ願います)
使用する方法は費用の安い順です。
2016年1月27日から個別に記載された送料にかかわらず適用させていただきます。
(1)クリックポスト(配達時間の指定はできません)
 長辺34cm以下、短辺25cm以下、厚さ3cm以下、重さ1kg以内、日本全国一律170円(税込)
(2)レターパックライト(配達時間の指定はできません)
 A4,厚さ3㎝、重さ4kgまで、日本全国一律360円(税込)
(3)レターパックプラス(配達時間の指定はできません)
 A4,厚さ制限なし、重さ4kgまで、日本全国一律510円(税込)
(4)ゆうパック(配達時間の指定が可能です)
 配達時間:午前中、12時~14時、14時~16時、16時~18時、18時~20時、20時~21時、希望しない
 80サイズまで:650円(ただし東北950円、北海道・沖縄1,250円)
 100サイズ:750円(ただし東北950円、北海道・沖縄1,700円)
なお、送料が安くなる場合に限り、ゆうメール(旧;冊子小包)を使用することもあります。  
2013年10月8日からの訪問者数
プロフィール

佐野書店 佐野悦三

最近の記事
ブログ内検索
カテゴリー
月別アーカイブ
リンク
RSSフィード