きのこ行事予定

きのこ行事予定:
○2016年2月13日(土)13時00分~16時30分、於龍谷大学大宮学舎(京都市)
    関西菌類懇話会2016年度総会・講演会
○2016年3月27日(日)11時00分~16時30分、於大阪市立自然史自然史博物館(長居公園内)
    日本変形菌研究会大会2016
    ・13時半からの研究発表会は一般の方々の聴講歓迎
    ・18時からJR大阪駅近辺で懇親会を予定しています。
○(未決)2016年7月22日(金)~24日(日)?、於いわなの郷(福島県川内村)
   菌類懇話会合宿
○2016年9月17日(土)・18日(日)、於京都大学
   日本菌学会大会(引続き、19日(月・祝)大津でフォーレ)
   店主から:学会は宿泊のあっせんはしないと聞いています。
         京都・大阪・神戸方面の宿泊施設不足は深刻です。早い確保をお奨めします。
         京都では、ゲストハウスやお寺の宿坊などが安く泊まれるようです。
○(未決)2016年10月1日(土)~10日(月・祝)、於筑波実験植物園(茨城県つくば市)
   「きのこ展」

(イベントの掲載希望、漏れや誤りなどございましたら、右欄外「お問合せメールフォーム」でご連絡願います)

国際藻類・菌類・植物命名規約(メルボルン規約)[日本語版]

在庫切れ、3月14日ごろ入荷
2014年の出版時、多くの方からご注文をいただき感謝いたします。二重の入手ご注意願います。
2016年1月23日大阪市立自然史博物館で開かれた“菌類講座”で菌類にとって本書が大変重要であることが強調されました。
菌類の分類に関心がある方すべてにお勧め!
メルボルン規約
日本植物分類学会国際命名規約邦訳委員会(2014)
『国際藻類・菌類・植物命名規約(メルボルン規約)[日本語版]』

8%税込価格2,800円、送料サービス、
納期:在庫切れ、3月14日ごろ入荷
B5 判、、30+223ページ、上製(ハードカバー)、ブックカバー付

新種発表される専門家の方々だけではなく、きのこや植物の学名に関心をお持ちの一般の方々にも大変参考になります。

国際藻類・菌類・植物命名規約の最新版、「International Code of Nomenclature for Algae, Fungi, and Plants (Melbourne Code) : adopted by the Eighteenth International Botanical Congress, Melbourne, Australia, July 2011」の日本語版。

今回の改訂では特に大きな変更があり, 規約の全体構成も見直された。
翻訳は日本植物分類学会国際命名規約邦訳委員会(委員長: 大橋 広好 東北大学名誉教授) が担当し, 国際植物分類学会から日本語版として承認されている。

英語のオリジナル版をご希望の方は、「お問合せメールフォーム」で佐野書店までお問い合わせください。

菌類・きのこの基本書中の基本書(分類関係・和書):
『国際藻類・菌類・植物命名規約(メルボルン規約)[日本語版]』
勝本謙著、勝本謙・安藤勝彦入力編集(2010)『日本産菌類集覧』
日本菌学会編(2014)『新菌学用語集』 
「図解きのこ鑑別法 ―マクロとミクロによる属の見分け方―」
池田良幸(2013)『新版北陸のきのこ図鑑』
池田良幸(著)、橋屋誠・糟谷大河(校閲)(2014)『追補 北陸のきのこ図鑑 付石川県菌蕈集録』
菌類・きのこの基本書中の基本書(分類関係・洋書):
『Fungi of Switzerland』 (スイス菌類図鑑)
『Dictionary of the Fungi, 10th Edition, Hard cover』 (菌類辞典第10版)
『Illustrated Dictionary of Mycology, Second Edition』 (図解菌学辞典第2版)
『Fungal Families of the World』 (世界の菌類の諸科)

Biodiversity of the Heterobasidiomycetes and Non - Gilled Hymenomycetes of Israel

在庫切れ申し訳ありません。ご注文ご予約が2冊以上になりましたら取寄せます。納期約5週間
新紹介
Biodiversity_of_The_Heterobasidiomycetes1.jpg
Wasser, Solomon P. (Ed.) (2011)
「Biodiversity of the Heterobasidiomycetes and Non- Gilled Hymenomycetes (Former Aphyllophorales) of Israel」
(イスラエルの異担子菌綱とヒダのない菌じん綱(前のヒダナシタケ目)の生物多様性)

A.R.G Gantner Verlag Kommandit Gesellschaft
参考8%税込価格16,090円、送料650円(ただし東北950円、北海道・沖縄1,250円)
在庫切れ、ご注文ご予約が2冊以上になりましたら取寄せます。納期約5週間
英語、17.0x24.5cm、566ページ、本文中に白黒標本写真、顕微鏡図多数、ハードカバー
イスラエルに産するキクラゲの仲間の異担子菌類と以前にヒダナシタケ目と呼ばれた菌類(多孔菌ともよばれたいわゆる硬質菌)合計118属238種を白黒標本写真と顕微鏡図をつけ詳細に解説する。属への検索表と種への検索表をつける。2品種は本書で提案された新品種、17種はアジア新産種。
キクラゲの仲間や多孔菌の仲間に関心のある方には必携の文献。

The Magical World of Fungi

新紹介!
オーストラリア産きのこの図譜!
The_Magical_World_of_Fungi1.jpg  
The_Magical_World_of_Fungi112.jpg The_Magical_World_of_Fungi211.jpg The_Magical_World_of_Fungi311.jpg The_Magical_World_of_Fungi511.jpg
Negus, Patricia (2014)
「The Magical World of Fungi, Enlarged and updated 2nd Edition」
(きのこのふしぎな世界、増補第2版)

Cape To Cape Publishing、North Fremantle、オーストラリア
8%税込価格 3,430円、送料164円、納期1週間(在庫4冊
A4、英語、全ページ原色図版、80ページ、ペーパーバック
2016年オーストラリアのきのこ図鑑紹介の第1弾。
Patricia Negusさんの美しい水彩画がA4の大判ページいっぱいにに描かれている。 解説は、Richard RobinsonさんとJane Scottさん。
オーストラリア南西部に産するのきのこが描かれている。北半球との共通種もある一方、Cortinarius archeri(上図2段目、左から2番目)やAmanita ananiceps(上図2段目、一番右)のようにオーストラリア・ニュージーランドの特産種も多く描かれている。
オーストラリアのきのこにご興味のある方、また美しいきのこ図譜に関心のある方にお勧めの一冊だ。

碓氷峠・霧積温泉

松井田方面から国道18号を碓氷バイパス方面に走ると旧道との分かれ道がある。旧道の方へ行くと、霧積温泉へ向かう山道がある。この狭い山道を行くと、明治時代に隆盛を極めたという霧積温泉がある。
盛時には旅館、別荘合わせて42軒もあったというが、今は、霧積館と金湯館という互いに離れた2軒の宿があるだけだ。特に奥にある金湯館は秘湯ムードたっぷりだ。

ずいぶん前のことになるが、佐倉に住んでいるとき県博のF先生や今はプロの写真家になったOさんほか何名かで、この霧積温泉へきのこ採集に立ち寄ったことがある。金湯館へ歩いて行く途中、大きなトガリアミガサタケが何本も出ていた。さらに山道を歩くと、なにやら野糞の匂いがする。踏んでは大変とあたりを見渡すとキイロスッポンタケがいくつも生えていた。当時うら若き乙女であったT女史が採集し、プラスチックの入れ物に入れて持ち歩いていると、その香しいかほりにひかれて何匹もの金蠅がずっと彼女にまとわりついていた。

機会があれば、この湯に浸かりたいなあと思ってきたが、とうとう浸からずじまいになった。
霧積温泉、金湯館:URL http://www.kirizumikintokan.com/page-list.html

軽井沢バス事故、ブレーキ

軽井沢で発生したスキーバス事故で、国土交通省の監視カメラ2台に事故を起こしたバスが写っていた。
事故現場から1km手前の監視カメラには正常に走行するバスが写っている。しかし、そこからわずか750m走行した事故現場250m手前の監視カメラにはブレーキランプを点灯させながら、車線をはみ出し車体を傾け異常な高速でカーブを曲がってゆくバスが写っている。

運転手は、ブレーキを踏んでも全く利かず、下り坂で一層加速してゆくバスを必死でコントロールしていたに違いない。いったいこの750mの間で何があったのだろうか?

そこで思い出したことがあった。
わたしは、今の車の前にマスターエースというトヨタのワンボックスカーに乗っていた。
ディーラーの整備工場にお願いした車検を終えて2・3日たったときのことだ。妻が下り坂を渋滞でノロノロ運転中、それまで利いていたブレーキが突然利かなくなり、前の車に追突するという事故を起こした。幸いスピードも出ておらず、人は無傷で相手車も軽く傷ついただけだった。

わたしは、「車検整備後数日しかたたない車のブレーキが利かなくなるのは、整備不良だ!」と、車検整備を行ったディーラーの整備工場に車を持ち込み文句を言った。整備工場からは、「持ち込まれた車を検査したがブレーキに異常はなく、奥さんの運転に原因があるのでは」という返事が返ってきた。
妻は、「間違いなく突然ブレーキが利かなくなった」という。

そこでわたしは、再現実験を試みた。同じ坂道を、渋滞に見立ててのろのろ下りながらブレーキを踏むことを繰り返す。6・7回繰り返したろうか、突然ブレーキが利かなくなった。慌てて力いっぱいブレーキを踏む。サイドブレーキも必死で引っ張る。なんとか止まった。どっと冷や汗が出た。

今度は危なくないよう平地で確認実験をした。車をゆっくり走らせブレーキを踏む。止まったら発進しブレーキを踏む。やはり、6・7回繰り返したら、突然ブレーキが利かなくなった。妻の言うことが確認された。再度、整備工場に持ち込み、整備士を同乗させ現象を確認させた。

整備工場の再検査結果は、「ブレーキの真空倍力装置のホースが劣化し、空気が漏れていたのが原因。ホースを取り換えた」という。今回のバス事故の画像を見て、このことを思い出した。

大型バスの運転経験がないに等しいといっても、運転手は、あの急カーブの連続する碓氷バイパスを無事のぼってきたのだ。技量不足というよりも、他に原因があるのではないか?といっても、はたしてメーカーの工場で公正な検査ができるのだろうか?

ドイツのホウキタケ属

在庫切れ、当分の間入荷の予定はありません
“ホウキタケ属に関心を持つすべての方にお勧め“
Die_Gattung_Ramaria_in_Deutschland.jpg
Christian, Josef (2008)
「Die Gattung Ramaria in Deutschland」 (ドイツのホウキタケ属)

IHW-Verlag
参考8%税込価格15,790円(本体15038円+税)、送料360円、
在庫切れ、当分の間入荷の予定はありません
ドイツ語、検索表は同一内容の英語版あり。種の記載にも英語の要約あり。17.5x24.5cm。352ページ。原色写真、走査電顕写真、線画など合計354図版。ハードカバー。
  タイトルはドイツだがヨーロッパ産のホウキタケ属全種をカバーする。前半の総論部分で、まずホウキタケとして発表された全学名のリストを載せ、次に「ホウキタケ図譜の歴史」で1763年のSchafefer, J.C.の図譜から1932年のBresadola G.「Iconographica Mycologica」までの各図譜の図と記載文の復刻を載せ解説する。さらに本属のマクロ・ミクロの形質を原色写真、線画、顕微鏡図・写真を使い詳述する。「ホウキタケ属の系統分類」では、RamariaとGomphusとの関係、Gomphalaes・Phallales・ Geastrales, などとの関係を最近の研究成果を元に概説する。
 「属内の分類」で著者は(1)subgen. Ramaria, (2)subgen. Lentoramaria, (3)subgen. Asteroramariaの3亜属を提唱する。「種への検索表」は、いきなり種まで行きつく初心者向け検索表と、亜属、節への検索表を経由して種へ行きつく検索表の二つを準備する。これら二つの検索表には同一内容の英語版もつく。
 種の解説は、鮮明な原色生態写真2枚と走査電顕写真を元にしたと思われる細部まで鮮明な胞子図を付け詳述する。記載文には英語の短い要約もつく。種の相違の補強資料として胞子の大きさの分散表がある。44枚の胞子の走査電顕写真や12枚の菌糸束部分にあるミネラルの結晶写真もある。検討した膨大な標本リストをみると“よくもこれだけの標本を調べた”と感心する。なお、本書で2新種、1新変種が発表された。

ホウキタケ属文献:
『Les Ramaria Europeennes』 (ヨーロッパのホウキタケ属)
『Intoroduzione allo studio del genera Ramaria in Europa』 Fungi Non Delineati Pars 16 、(ヨーロッパ産ホウキタケ属研究序説, Fungi Non Delineati 第16巻)
『Die Gattung Ramaria in Deutschland』 (ドイツのホウキタケ属)
『Ramaria of the Pacific Northwestern United States』(米国北西部太平洋側のホウキタケ属)
『A Monograph of Clavaria and Allied Genera』 (シロソウメンタケ属およびその関連属モノグラフ)
『Supplement to “A Monograph of Clavaria and Allied Genera”』 (シロソウメンタケ属およびその関連属モノグラフ 続編)

La truffe, la terre, la vie

“在庫切れ。追加入手はありません。”
La_truffe_la_terre_la_vie.gif
Callot, Gabriel (1999)
La truffe, la terre, la vie (トリュフ、土壌、生態)

INRA, France
“在庫切れ。追加入手はありません。”
仏語。21x21cm。210ページ。ソフトバック。本文内図版多数。
子実体形成のプロセスや子実体の形態学など、トリュフの分類に不可欠の生態について解説。

「世界のかわいいきのこデザイン」

新刊!
本書のお求めは、ご近所の本屋さんにご注文ください。佐野書店では扱っていません。
リアル書店を応援してあげてください。
世界のかわいいきのこデザイン
飯沢耕太郎・北川公子(2015年2月)
注:まだ2月になっていませんが、本の奥書には2016年2月1日発行とあります。
「世界のかわいいきのこデザイン」 DU BOOKS、本体1,800円+税
本書のお求めは、ご近所の本屋さんにご注文ください。佐野書店では扱っていません。
リアル書店を応援してあげてください。
A6、109ページ、ペーパーバック、カバー付
「よくもこれだけきのこ関連グッズを集めたね!」とういうのが第一印象だ。
本書は、きのこグッズの中でも切手、絵葉書、レコードやCDのジャケット、ポチ袋などきのこが描かれた紙製品のコレクションを集めたものだ。

なかでも驚いたのは、駅弁として売られていたのであろう「松茸めし」、「椎茸めし」、「南部栗茸べんとう」などと書かれた弁当の包み紙だ。「松茸めし」の包み紙をよく見ると、「広島駅弁当株式会社、¥100」と書かれている。松茸めしが100円で売られていたのか!もうひとつの「松茸めし」は、価格書かれていないが、中央線塩尻駅の株式会社カワカミ弁当部とある。「飛騨路名物松茸の釜飯」は、住所が読めないが向龍館というところの製造で価格は200円だ。今はめったに食べられないマツタケもごく普通の食材だったのだ。

さらには、たくさんの「松茸狩り」のポースターがある。京阪電車、阪急電鉄、今はJRの国鉄鉄道局、今は近畿日本鉄道の路線になってしまった大阪鉄道など関西のものが多く、秋の松茸狩りが関西では秋の一大イベントだったことがうかがえる。
他にも興味深い紙製品が多くあり、きのこ好きにはお勧めの1冊だ。

追補 北陸のきのこ図鑑、付石川県菌蕈集録

「新版北陸のきのこ図鑑」に載っていない448種を解説!
新版とこの追補と合わせ合計1971種を解説する日本最大のきのこ図鑑!
きのこに関心のある方すべてに必携!

追補北陸のきのこ図鑑1  追補北陸のきのこ図鑑2  新版北陸のきのこ図鑑3

池田良幸(著)、橋屋誠・糟谷大河(校閲) (2014)
『追補 北陸のきのこ図鑑 石川県菌蕈集録』
、橋本確文堂
8%税込定価9,180円 (本体定価8,500円+税)、送料サービス、納期1週間(在庫)

追補北陸のきのこ図鑑4  追補北陸のきのこ図鑑5 追補北陸のきのこ図鑑6
B5、原色図版36ページ、解説約100ページ、石川県菌蕈収録・索引他約270ページ
池田良幸先生の60余年に及ぶきのこ研究の集大成となる「北陸のきのこ図鑑」シリーズがこの「追補」で完結した。2013年出版の「新版」で1524種を解説し、この「追補」では新版にはない447種を解説する。2冊合計1971種を解説する日本最大のきのこ図鑑となった。
後半の「石川県菌蕈集録」は、池田先生が保管している乾燥標本のうち国立科学博物館収納した6676点の標本を国立科学博物館の標本番号であるTNS-Fをつけて分類順にリスト化したもの。和名・学名・TNS番号のほか、産地、発生環境、採集年月日、採集者名などが書かれている。
「北陸のきのこ」と銘打っているが、発生地が北陸に限られるきのこはなく、分布は全国的である。日本のきのこを調べたい方にとって、第一番に揃えたい本格図鑑が出来上がった。
『新版北陸のきのこ図鑑』はこちら

菌類・きのこの基本書中の基本書(分類関係・和書):
『国際藻類・菌類・植物命名規約(メルボルン規約)[日本語版]』
勝本謙著、勝本謙・安藤勝彦入力編集(2010)『日本産菌類集覧』
日本菌学会編(2014)『新菌学用語集』 
池田良幸(2013)『新版北陸のきのこ図鑑』
池田良幸(著)、橋屋誠・糟谷大河(校閲)(2014)『追補 北陸のきのこ図鑑 付石川県菌蕈集録』
菌類・きのこの基本書中の基本書(分類関係・洋書):
『Dictionary of the Fungi, 10th Edition, Hard cover』 (菌類辞典第10版)
『Illustrated Dictionary of Mycology, Second Edition』 (図解菌学辞典第2版)
『Fungal Families of the World』 (世界の菌類の諸科)
『Fungi of Switzerland』 (スイス菌類図鑑)

石狩砂丘と砂浜のきのこ

とうとう在庫がなくなりました。もう入荷はありません。
石狩砂丘と砂浜のきのこ
本書は部数限定の自費出版物です。
竹橋誠司・星野保・糟谷大河(2012)
「石狩砂丘と砂浜のきのこ」

NPO法人北方菌類フォーラム
参考8%税込7,160円(本体6630円+税)、送料360円(レターパック)、
絶版、入手不可
(18.4x25.7cm、14+216ページ、原色写真・図、顕微鏡図多数、ソフトカバー
北海道石狩砂丘に分布するきのこ(主にハラタケ類)を多くの生態写真・標本写真・顕微鏡図・顕微鏡写真をつけ詳細に記載・解説する。随所にあるコラム・エピソード・資料も読んで楽しく、また参考になる。
掲載種全てに生態写真・顕微鏡図を備え、記載文も詳しい理想のきのこ図鑑。全国規模のこんなきのこ図鑑が欲しい!

あけましておめでとうございます。

皆様、あけましておめでとうございます。
昨年はお世話になりました。感謝申し上げます。
佐野書店は、今年は昨年にもまして菌類・きのこ図書の紹介に努めます。よろしくお願いいたします。
2013年10月8日からの訪問者数
プロフィール

佐野書店 佐野悦三

最近の記事
ブログ内検索
カテゴリー
月別アーカイブ
リンク
RSSフィード